あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

資本主義下の農業はがんばると損

 先日の農家民宿の経営者は、兵庫県の会社を定年2年前の57才で退職し、その後中国5県で、民宿に適した物件を探されたらしい。グラフ岡山という小冊子を見て、この民宿を知った。


 スタート年齢が遅いのに、よく思い切った投資をされたと思うが、多分、息子さん夫婦が反対せず、自分たちができなくなっても、息子さん夫婦が後をするのでは・・・と考えられたのではなかろうか。息子さん夫婦もこちらに来られて、現在は、ある料理店の厨房に勤められているらしい。


 営業はしていなくて、お客様の口コミかリピーター客がほとんどと言われる。
 農業でも同じであるが、新しいことを始めて、すぐに形になり、顧客もそこそこできて、民宿の形が次第にできあがっていくという、まさに理想的な展開であるが、このように、ごく短期間で「形にできる」のが、能力であり、適性であるように思う。

(1)トイレはもちろん水洗便所。
(2)1日、1グループ(1家族)だけ受け入れられているので、他のグループや家族と一緒にならず、自分はそれがよかった。
(3)他の民宿をあまり経験していないので比較できないが、料理がおいしかった。
(4)一昔前の隠居部屋に泊まったが、中はハイカラだった。40年ほど大都会で暮らされていたのだから、当然といえば当然である。
 立地は深い山中で、中の調度品は都会風というのが、いいと思う。深い山中、築140年ほどの母屋に、中の調度品も田舎田舎していたら、それはちょっと、という気がする。しかし、「囲炉裏」や「クド」は残されていた。
 
 
 
「ドラムカン方式の炭焼き」など見ていると、1~2回、焼いているのを見せてもらったり、窯作りを手伝ってもらってできあがると、後はすいすいと自分で焼く人を何人も見てきた。それが、自分の場合はどうしてもできず、2年経過しても、うまく焼くことができなかった。3年目が経過する頃、いつのまにか止めてしまっていた。
 
 つまり、得意でないことや、あまり適性がないことは、なかなか軌道にのらない。


 自分の場合、農業をスタートする前に、唯一できそうに思えたのがワンパック宅配だった。やはりこれは簡単だった。

(1)家庭菜園の延長のようなものである
(2)市場や農協に出荷しないのだから、長さや重さや外観は問われない
(3)旬のものを旬にだけ作ればよい
(4)外観を問われないのだから、たいていの野菜は農薬なしでもできるだろう
(5)肥料は堆肥を作ったり、牛糞や鶏糞を買えば、化学肥料はほとんどいらないだろう
(6)多種類作るのは楽しい
(7)不得意な作物はあっても、たくさん作る必要がないから作れる
(8)30~40軒ほどの顧客なら、引き売りしながら顧客を探せばすぐに見つかるだろう
(9)スタートした当時は父が健在で、自給野菜は作っていたので、たいていの野菜の作り方は知っていた。それで十分だった。

 
 ワンパック宅配は、顧客が不安定であり、仮に顧客が安定していても、多種類作って多種類収穫することは煩雑さも多く、8年~12年目の頃、他の農業形態をしばしば模索した。
 
 しかし、

数種類を広い面積で・・・機械もいるし、農薬も必要になる。売り先をどうするか
ハウス・・・・・・・・・自分で建てれそうにないし、カネもない

稲作・・・・・・・・・・機械を使うのが極端に下手

果樹・・・・・・・・・・棚が必要だったり誘引作業があると無理

結局、他にできそうな農業形態がなかった。

できるかも知れないと思っても、

(1)100万ほどの投資が必要になる場合・・・借金してまでできない
(2)果樹のように、成り始めるまでに2~3年かかる場合・・・待てない
(3)年齢的な問題・・・65才まで残り何年か、頭の中によく出てくる
(4)できるかどうか半信半疑になった時・・・たいていうまくいかない
(5)全て時間が解決してくれる・・・農業の場合、1年もしくは2年で「形にならなければ」、カネが続かなくなるので、現実問題としてそれ以上続けれない。

 
 
農業形態を変えていく人は、並行してすすめながら、2年ほどの内に切り替えている。変更に時間がかかっていない。

 
 
自分の場合、農業の適性はあったが、農業の能力が少なかったと思う。能力があれば、もっとカネになる農業形態に切り替えていたはずである。変更できていたら、あめんぼ通信(その月のお届け日と、その月にお届けできる野菜だけは最小限伝える必要があった)は必要でなくなるので、続いていなかったかも知れない。

 
 野菜だけ、稲作だけ、果樹だけ・・・ではネタ不足になるかも知れない。野菜、ハーブ、ニワトリと有畜小農複合自給でやっていると、ネタには事欠かない。

 
 理屈をこねくりまわしてみても、心をもてはからってみても、結果こそ、厳しい(悲しい)現実である。

 
 資本主義下での農業は、がんばれば、がんばるだけ損をする職業であり、規模を拡大すればするほど忙しさが増え、負債も増大する。そして機械に投資すればするほど機械貧乏になり、止めるに止めれない自転車操業となり、最後は事故か病気でダウンする。

 
 何かそんな筋書きが見えて、無理してもたいした収入になるわけでなし、病気にでもなったら、その何倍もカネがかかると思ったら、いい加減でとどめておこうと思う。

病気をしないように

農業はほどほどにして

しかし最低限の自分のノルマ(ライフラインと社会保険料の支払い)だけは稼いで

そのためにはジリ貧でなく平行線をたどるように営業も少しはして

農業を楽しみながら

ブログには多大な時間を費やせるように

これらをバランスよくやっていく必要がある




20071202194119.jpg

(今日の夕飯)
お好み焼き
レタス


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

農業で稼げない人たち

20071030213941.jpg

 昨日の記事に書いたニームをさっそく買いに行った。1メートル50センチほどの高さのが1580円だった。冬季は室内で管理するように言われたが、そんな面倒なことはできない。今年、田んぼで越冬できなかったら、ニーム(インドセンダン)は当地の気候には適さない。


 自分の周囲には、農業で稼げていない農業者が多い。そんな農業者とばかり付き合っている。稼げていないことが共感を呼ぶのかも知れない。自分がそうだから、稼げない理由もわかるような気がする。

 農閑期には毎年アルバイトに行っている人

 親が裕福らしく、大きな出費は親に援助してもらっている人

 すでに農業をリタイアして、出身地の都会へ帰った人

 農業形態を変えようと試みている人

 すでに森林組合等へ勤め始め、農業はサブになっている人

 大きな投資をしているので、やめることができず、自転車をこぎ続けている人

 徹底して自給自足をめざし、ほとんどカネを使わないようにしている人

 配偶者に定期的な収入のある人

 半農半漁みたいに、半日働いて、半日農業をしている人

 それぞれいろんなパターンがある。もう都会へ逆戻りすることもできないし、都会へ戻っても、正社員での働き口はほとんどないだろう。そして、一度農的暮らしを始めた人は、なかなか農的暮らしから足を洗えなくなるのではなかろうか。それは農的暮らしが自分自身を癒してくれるからである。何とか日々の暮らしがまわっていくなら、細々とでも、田舎で住み続けようとしている。

 
 元々の農家の人は農業をしなくなったので、自分が付き合っている人はほとんど県外から、縁があって、岡山に来られた人たちである。
 30代なら居場所を転々とできても、40代になってからの居場所の変更はかなりしんどいように思う。その場所がいい場所であっても、あまり気に入らない場所であっても、ある程度年齢がいくと、妥協して、あるいは運命と悟って、その場所に住み続けるしかないように思う。
 田舎に踏みとどまって、年を重ねていこうとしている名もなき人たちと、たまに会って、田んぼを見せてもらったり、風景を眺めたりしながら、語らうのが農閑期の楽しみである。一人一人
の農業人生には、大きなドラマがある。

 

 業務用の顧客の場合、1週間に1度、もしくは2週間に1度、電話をして注文がないかどうか聞いている。IP電話にしているので、電話代はそんなにかからないし、時間もあまりかからない。電話を入れるとたいてい注文がもらえる。こんな顧客を40軒ほど持ちたいものである。ワンパックで送れる量は知れているので、野菜ぞろえやハーブぞろえがある程度できていれば、一つ一つの野菜やハーブは大量に作る必要はない。

 
 顧客を獲得するための電話営業は、農業者に熱意があるかないかだと思う。顧客を見つけることはそんなに難しくない。
(1)電話をする。
(2)2~3割の店が興味を示してくれる。
(3)その店にサンプルを送る。
(4)ブログやホームページがあるならそれも提示する。
(5)気に入られたらまた注文がもらえるが、待つよりも、こちらから定期的に電話を入れるようにするとよい。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

家庭菜園塾

親が生きているうちに、家庭菜園の野菜作りくらいは、教えてもらっておけばいいが、たいていの現役世代は仕事が忙しく、いざ定年近くなって家庭菜園でも始めようと思っても、すでに親はなくなっている場合が多い。近所にも教えてくれそうな人が誰もいない。田舎でも今はそんな時代である。


 野菜作りは慣れると、とても簡単であるが、ほとんどの作物は1年に1回もしくは2回しか作れないので、覚えるのに年数がかかってしまう。

(1)その作物の旬の時期に種を蒔き

(2)水をやり

(3)肥料をやれば、

(4)人間の手をあまり加えなくても、野菜だけの力で大きくなる。

しかし、

(1)周囲にその地域の種蒔きの適期を教えてくれる人がいなければ、自分で経験して、最適期を覚えていくしかない。

(2)雨水だけでは野菜は育たない。水をどこから持ってくるか考える必要がある。

(3)肥料も何をやっていいのかわからない。肥料に関しては農業者それぞれ千差万別である。

 こんなことが、実際はごく簡単な農業を、やたら難しいものにしている。自分で経験して、データを蓄積するには、どうしても3~4年(3~4回)かかる。こんな時に、10年、20年と経験している先達がいて、ちょっと教えてもらうと、10年分の経験が必要なことが、1年でマスターできることもある。



 岡山ニューファーマーズ制度は、

都会の非農家出身者に

特定の専門作物を選んでもらい

実際に自分がやりたい農業の農家に住み込みで1ヶ月の体験研修を受け

その後、2年間の実務研修を受けて独立する。2年間の実務研修期間中は、1ヶ月15万円の労働報酬が出る。

設備投資が必要な専門作物であれば、自己資金もしくは借入金ですることになるが、

最近はこの設備投資もなく、まるごとその設備を受け継いで、賃借料を払うという就農方法もあるようである。

岡山ニューファーマーズの場合、農協や行政、その施設の前任者、もしくは、その農業団地(産地)の先輩等の指導も受けれるので、本人に適性があり、やってのけれる能力があれば、かなりの短期間でビジネスラインに到達する人もいるようである。


 
 ワンパック宅配型(ほとんど有機農業)の場合は、その農業形態をとっている人のもとで、半年~1年ほどの研修を受けてスタートするか、自分で独自にスタートするかどちらかである。


 
 このように、一口に農業と言っても、

(1)ニューファーマーズ型(専門作物)・・・非農家出身

(2)農業後継者型(専門作物)・・・2代目、3代目

(3)ワンパック宅配型(少量多種類の作物)

(4)環境問題や農法(不耕起栽培、無肥料栽培など)、生き方や暮らし方にこだわる自給自足型(時々アルバイトもする)

(5)農業を主体としない田舎暮らし型・・・(3)や(4)から移った人

(6)家庭菜園が主体の定年帰農型

のように、いろんな形態がある。

 

(1)の場合、この制度ができてもう10年以上になるのだから、

(イ)このうち何人がリタイアして、何人が現在も続けているか
(ロ)リタイアせざるをえなかった人には、そのリタイアの主な理由を
(ハ)現在も続けている人には、今後この制度を利用する人に助言を

 これらのことがオープンにされる必要があると思う。

 

(4)の場合、これで生活がまわっていくなら、とてもすばらしいことだと思う。その場合、蓄積した自給自足術のノウハウをブログなどで公開してもらいたい。


(5)は、農業以外のもので食べていける「手に職」みたいなものが必要と思う。


(3)(4)(5)(6)の人には「家庭菜園塾」のようなものが、小さな町村に一つあると助かる。1世代前までは、ごく普通に次の世代に引き継がれた農業であったが、現代では分断されている。引き継がれれば、たった1~2年で10年分ほどの経験が引き継がれるのに、分断されたために、この国の農業は大きな時間的、経済的ロスを生じている。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

小さな生活圏、小さな行動範囲

 小さな生活圏で生きている。行動範囲も狭い。それでも、農業をしている友人や知人を訪ねて、日帰りで帰れる範囲は足を伸ばしているので、サラリーマンの人より、案外、生活圏は広いかも知れない。

 ただ、もうそんなに若くないし、農業の合い間の自由時間もそんなにたっぷりあるわけではない。

 自分で自分を保つことができるのも、70才頃までの残り15年ほどだろうから、可能なら、1年でも早く現役からリタイアして、だらだらしたり、ぼう~っとしたり、好きなことをしたいが、現時点では経済的に不可能である。

 それでも残りの人生の時間を考えると、仕事量は徐々に減らして、自分らしい時間を多く持ちたい。

 そんなに稼がないと困る状況ではなく、カネを使わずに自分の楽しみを見つける工夫をしてきた。そして、現在の収入と10年後に多分もらえるだろう年金収入がさほど変わらないと思えることは、気分的にはちょっと楽である。

 小さな生活圏、少ない収入、少ない出費→内向きな人生

ではなく、

 小さな生活圏、少ない収入、少ない出費→それでも攻撃的な人生にしていきたい。



20071012212711.jpg

 ここはいつも軽四を止めている場所である。行き止まりの場所なので誰にも迷惑はかからない。
 
 今日は出荷日。収穫した物は、物置と竹やぶの間のこの日陰に置く。




20071012212808.jpg     

 スイートバジルは、大きい箱で、その他は、小さな箱で量る。バジルは小さな箱でははみ出るので、大きい発泡スチロールの箱を使っている。箱と新聞紙を合わせた風袋がちょうど150グラムであり、小さい方は、箱と新聞紙を合わせた風袋がちょうど50グラムになり、便利なのでこの2種類の箱を使っている。



 20071012213027.jpg 20071012213056.jpg

 左はイタリアンパセリ。茎の根元をきちんと合わせたりせず、ばらばらで目方を量り、そのまま新聞紙で包む。

 右はスペアミント。軽すぎるものは量りづらいので目分量であるが、慣れると、ほとんど同じくらいの量になる。



20071012212853.jpg

 新聞紙は定期的に新聞店で新品を無料でもらっている。




20071012212934.jpg

 軽四の隣にコンテナを二つ重ねて、三つめのコンテナに量った物を入れると、そのままの姿勢でできる。



20071012213002.jpg

 量り終えたものは、軽四の荷台に重ねていく。なお、二つ並んだコンテナの手前にはこれから量る物を、その後ろに新聞紙を置いている。


20071012213143.jpg

 もうじき完了。散らかった新聞紙を片付ける。なお、野菜もハーブも、収穫後にジョロで打ち水をする。こうすると、包んだ新聞紙も適度に湿り、顧客に届いた時の保存状況がよい。
 朝露でぬれている真夏も
 朝霜でぬれている真冬も
どちらの場合も、さっとジョロで打ち水をしている。

 雨の日は、収穫すると同時に物置に入れ、持ち帰って家の車庫で仕分をする。



20071012213225.jpg

 完了。物置と竹やぶの間がちょうど日陰になり、絶好の仕分場になっている。それと、山のおかげで、夏に太陽があたりだすのが遅い。これも大いに助かっている。朝30分寝過ごしても、まだ半分の田んぼは日陰である。
 
 逆に冬は太陽の昇る位置が違ってくるので、比較的朝早くから、太陽の光が田んぼにあたり、朝霜を溶かしてくれるので、ダブルでありがたい。



20071012214242.jpg   20071012214304.jpg   20071012214456.jpg

 左のスイートバジルは収穫期間が連続で5ヶ月余り。真ん中のイタリアンパセリは連続で9ヶ月。右のインゲンは3週間。収穫に多少手間取っても、収穫期間が長い作物の方がよい。
 
 


 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

顔の見える関係

  一世代前、三種の神器といえば、

(1)テレビ
(2)掃除機
(3)洗濯機

 現在は

(1)電話
(2)パソコン
(3)デジカメ

と思う。

 
 一昔前の三種の神器は、誰でも簡単に使いこなせたが、現在の三種の神器は、なかなか使いこなせない。使える人の方が少ないのではないかと思う。

 
 電話・・・最近の電話は何でこんなに複雑なんだろう。年齢の高い人は、電話をしたり、受けたりの機能以外は使えないと思う。自分も使えない。携帯は必要に迫られていないので持っていない。

 
 パソコン・・・不定期でパソコン教室へ通いながら、ブログをしている。一度教えてもらっても、使わなかったらすぐに忘れる。差し迫って使わない機能をいくら覚えても無意味。つまり、体系的な学習をしたり、基礎的な勉強をしたり、周辺を固めてから目的のことをし始めても、ほとんど役に立たないと思う。必要な時に必要なことだけ教えてもらう方法がよい。電話で聞けたり、わからない操作方法だけをマンツーマンで教えてもらえるような先生を一人見つけておく必要がある。

 
 デジカメ・・・完全に食わず嫌いだった。今はちょっと「はまって」いる。言葉で書くとわかりづらいが、画像を見ると一目瞭然のようなことも多い。農業を伝える伝達手段としては特に優れている。現像代もかからず、本体のメカの代金だけである。パソコンに取り込んでスライドショーを見るのが楽しみである。今年の農閑期には、デジカメの使い方をマスターしたい。

 

 エンジンポンプのかかりが悪かったので、力任せに始動グリップの紐を何回も引っ張っていたら、指に怪我をした。機械や道具は超不得意なので、できるだけ持たないようにしている。しかし、野菜作りにはどうしても必要な機械が4種類だけある。

(1)草刈機・・・・・・・・・ほとんど故障しない。

(2)管理機(ミニトラクタ)・・ほとんど故障しない。

(3)エンジンポンプ・・・・・ほとんど故障しない。

(4)乗用トラクタ・・・・・・ほとんど故障しない。

 だから使うことができている。乗りっぱなし、使いっぱなしの4種類である。恥ずかしながら、管理機、エンジンポンプ、乗用トラクタの「オイル交換」も人任せ・・・。エンジンポンプのオイル交換を忘れて、一度、パーにしたことがある。
 今日のエンジンポンプのかかりが悪かった原因はプラグとキャブレターにあったようだ。かかりつけの農機具店の人にそう言われた。

 
 しかし自分の農業形態では、器用、不器用は、さほど大きなウエートを占めない。そんなことより、独自の販路を開拓したり、顧客に続けてもらう能力の方がはるかに大きなウエートを占める。

 
 父は稲刈りの後、毎年、コンバインを定期的に修理に出していた。確か修理代は3~4万円ほどかかっていたように思う。当時の我が家の米代の半年分くらいは買える金額だった。毎年修理に出す必要があるのなら、米など作らなければよいのにと思った。父が作れなくなると即、稲作は委託した。

 

 37才直前から農業を始めたが、始める前に、ワンパック宅配という農業形態だけは決めていた。顧客に直接届けるワンパック宅配では、有機農業が必要であると思ったが、完全無農薬とか、完全無化学肥料にはこだわらなかった。あまり完全にしようとすると、かえって安全でなくなると思った。必要最低限は使わざるをえないだろうと思った。

 
 ただ、顧客に直接届ける場合は、外観やサイズはあまり問題にされないだろうから、農薬は使わなくても、ある程度のものはできるだろうと感じていた。

 
 完全無農薬とか完全無化学肥料にはこだわらなかったが、「顔の見える関係」以外は、出荷することはないだろうと感じた。だから、農協出荷は一度もなく、市場出荷も一度もなく、道の駅や朝市にも一度も出荷していない。厳密にいえば朝市には何度か出したが、それは対面販売の朝市だったので、自分で手渡した野菜であり、「顔の見える関係」である。

 
 自分はこの「顔の見える関係」ということに特にこだわった。顔が見える関係なら、必要最低限の農薬は理解してもらえるだろうと思った。使用理由は「あめんぼ通信」に具体的に書いて渡した。

 
 農薬はアブラナ科野菜だけしか使ったことはない。そのアブラナ科野菜も、完全無農薬でできた年も多い。
外観やサイズが問題にされないなら、作る上ではとても楽である。
 出荷にワンクッションおくと、有機野菜でも必ず、外観やサイズが要求される。

 
 ワンパック宅配の大きな欠点は、顧客が続いてくれないということである。通算すれば、地元の顧客は100軒を越えているが、現在は地元の顧客はたった1軒である。「1%の率」という現実を、これからワンパックを始めようとする人は覚えておいてください。これは自分のワンパック野菜のレベルの低さではなく、顧客の事情によるものと思う。
それは、ワンパック宅配をしている人がほとんど「顧客が続いてくれない」という現実に遭遇しているからである。
 3年以上、5年も10年も続けて欲しいと願うのは生産者の身勝手であり、普通は3年も続けてもらえれば、大いに感謝する立場にある。ただこうなると、常時、営業の臨戦体勢が必要であり、たった一人の顧客を獲得するのも至難であると気付くだろう。
 業務用の顧客の方が見つけやすく、総じて長続きしてくれる。

 
 無農薬、無化学肥料にはこだわらなかったが、「顔の見える関係」にはずっとこだわっている。自分の丹精込めて作った野菜は、知らない第三者に食べて欲しくない。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。