あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

11月は農閑期が始まる月

20071101223300.jpg   20071101223451.jpg   20071101224345.jpg

 左からエンサイ、ツルムラサキ、ハヤトウリ。
 レタスが出荷できるようになってからは、春夏野菜のエンサイ、ツルムラサキは出荷していない。
 
 ハヤトウリはまだ成り始めたばかりだが、上記3種類は初霜の日にフィナーレとなる。



20071101223347.jpg   20071101223324.jpg   20071101223535.jpg

 左からレモンバーム、レモンバーベナ、レモングラス。これら3種類も初霜とともに終わる。春夏系のハーブティ用ハーブである。
 
 レモンバーベナは状態が悪く今年はすでに終わった。レモングラスは冬越しが難しく、カブの周りにもみがらを置いて保温し、上部はポリで覆う。それでも冬が寒い年は越冬できない。



20071101223940.jpg   20071101230046.jpg

 左からタイム、セイジ、ミント。この3種類の、料理・ハーブティ兼用ハーブは霜に比較的強い。特にタイムは常緑草である。


 


20071101223510.jpg   20071101223919.jpg

 ナスビとオクラ。植物であるが、すでに木質化しているので、株元から鋸で切り倒し、その株間に11月10日頃、エンドウ、スナップエンドウ、グリンピースの3種類の種を落とす。




20071101223411.jpg   20071101224048.jpg

 左がロケット、右がイタリアンパセリ。
 ロケットはハーブの中では数少ない「アブラナ科」に属するが、アブラナ科四天王(ハクサイ、キャベツ、ダイコン、カブ)に比べて、ダイコンサルハムシの被害は少ない。強いゴマ風味のせいかも知れない。



   20071101224137.jpg   20071101224208.jpg   20071101230116.jpg

 左からダイコン、チマサンチュ(レタス)、シュンギク。
 ダイコンは11月頭から出荷予定。20センチ間隔ほどで3粒ずつ種を落としているが、今年は1本だけ間引いて2本立ちにしたのが多い。



20071101223842.jpg   20071101224003.jpg

 当地の紅葉は勤労感謝の日が過ぎた頃である。農閑期が始まる11月という月が大好きである。



20071101224230.jpg

 久しぶりにハーブティを飲んだ。レモンバーム、レモンバーベナ、レモングラスはもうじき終わるので、タイム類、ミント類、セイジの組み合わせになる。
 
 アップルミントとセイジのハーブティはおいしい。しかし、コーヒーやユズ茶ほど刺激がない。
 やかん一杯の水を沸騰させて火を止め、上記2種類を適量入れ10分ほど蒸らすと出来上がり。ポットに入れておくと、いつでも暑いのが飲める。




あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

12種類のハーブの現在

 リンクさせてもらっている「38歳からの百姓志願」の藤田さんも、藤田さんがリンクしている「くらぶち日記」の方も、どちらの方も就農2年目であるが、二人とも技術力がすごい。ブログの画像をみればその農業者の大体のことは伝わってくる。自分は18年目であるが、2年目の彼らの技術力には到底及ばない。というか、自分には今からでも真似ができない。


 人は誰でも自分がイメージできた農業しか、田んぼに表現できないのではないかと思う。そして、その人の農業人生のほとんどが、スタート時点の2~4年のうちに表現されてしまうと思う。


 自分の場合もスタート時点の2~4年の間に、現在やっていることの8割ほどは田んぼに出尽くしていた。逆に言えば、その状態から、技術的にはほとんど進歩していないと言える。


 スタートする前から、毎年いろんな方の田んぼを見せてもらってきたが、真似をする能力が自分に備わっていなかった。真似はできなかったが、転身した農業には心を洗われるような気がして、夢中になってやってきた。スタート時点の2~3年の我流が、自分の農業技術の大半だったように思う。悲しいくらい、あれから進歩していない。


 それぞれの農業人生が大きくても小さくても、稼げても稼げなくても、それぞれの農業をしていくしか、仕方がないのではなかろうか。 




 ハーブは12種類だけ作れば、注文の95%は賄えると思う。12種類でも、野菜と両方なので、なかなか手がまわらず、いつもハーブが草山になる。黒マルチをしていても、通路の草がハーブに覆いかぶさってくる。


ハーブティ用ハーブ3種類


20070929213237.jpg

 レモンバーム・・・12株ほどしか作っていない。いくらでも伸びる。伸びすぎたら、根元から刈り取って捨てれば、夏場なら1ヶ月ほどで再生する。収穫期5月上旬~11月中旬


20070929214104.jpg

 レモンバーベナ・・・11月上旬か、3月春分の日頃に株分けするか、6月に挿し木をして増やす。毎年、株を更新した方が状態がよい。収穫期5月下旬~11月中旬


20070929213453.jpg

 レモングラス・・・4月に40株ほどに株分けしたのに、活着したのは、たった4株。レモングラスは高温性なので、5月末頃に株分けした方がよかったかも知れない。収穫期6月中旬~11月中旬。当地では株の冬越しが難しい。


 個人の顧客には、ハーブティ用ハーブを2~3種類入れてあげると喜ばれる。雑草みたいなものなので、各6~8株作っておけば春、夏、秋と収穫が連続的に続くので、とても重宝。


ハーブティ用、料理用、兼用ハーブ3種類


20070929213606.jpg

 コモンタイム・・・タイムは、コモンタイムとレモンタイムの2種類作っている。タイムも毎年株分けして更新した方がいいと思う。状態が悪くなったら、根元から切り戻しておけば、1~2ヶ月ほどでまたフレッシュな状態で収穫できる。常緑草であり、収穫期間は1年中であるが、冬期間はあまり伸びない。




20070929213212.jpg   20070929213321.jpg   20070929213353.jpg

 左からスペアミント、ブラックミント、アップルミント・・・スペアミントの注文が最も多く、これがメイン。アップルミントは捨てていたのが畔岸で根付き、以後畔岸で育てている。葉が大きくなったら商品価値がないので、定期的に草刈機で根元から刈り飛ばしておけば、1ヶ月ほどでまた収穫できるサイズになる。常緑草であるが、霜に弱いので、冬期間は薄い毛布のようなべた掛け資材で覆う。



20070929213638.jpg

 セイジ・・・少ししか作っていないのに、ハーブ全般に手が回らず、セイジも草山である。


料理用ハーブ6種類


20070929213539.jpg

 スイートバジル・・・時に害虫に食害されるが、収穫して捨てれば、すぐにまた、きれいなバジルが収穫できる。収穫期は11月上中旬頃まで。



20070929214135.jpg

 ローズマリー・・・これも草に覆われている。この場所のローズマリーはかなり大株。4箇所に15本ほどずつ植えている。左は近所の田んぼ。


20070929213932.jpg

 イタリアンパセリ・・・春は5月上旬頃に定植しているが、春作に病気等が多かった場合は秋にもう一度定植している。これは、仮植していた春の苗の残りを定植した。



20070929213959.jpg

 ロケット・・・秋冬作でしか作っていない。ロケットは地床育苗。地床で問題ないものはすべて地床で苗作りをし、地床よりポット育苗の方がいいものはポット育苗にしている。



20070929214032.jpg

 ディル・・・秋冬作でしか作っていない。育苗→定植にすると、どうも移植に弱い。できれば直蒔きして育てた方がよいと思う。これは2回めの育苗。1回めの定植は高温で2割ほどしか育っていない。


 チャービル・・・秋冬作でしか作っていない。画像がないのは、育苗で失敗したから。順次3回まいたが、全て失敗。チャービルはどうも発芽が難しい。市販にはあまり売ってなく、タキイの通信販売では届くまでに期間がかかり、もう時期的に蒔き直しは無理。結構注文の多いハーブだが、仕方がない。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

ハーブの現在

20070613194356.jpg

 ナンキンがこんな大きさになっていた。ちょっと前に敷き藁をした時には、まだ実がついていなかったのに、急に大きくなる。
 
 ナンキンは一見強そうだが、病気がよく来るきゃしゃな作物だと思う。

(1)タマネギ
(2)ジャガイモ
(3)ナンキン
(4)アブラナ科野菜
 自分が困っているのは、上記(1)、(2)、(3)の病気と(4)の害虫である。
 
 ナンキンと同じ「ウリ科」でも、ニガウリやトウガンには病気が少ない。しかし、ソウメンナンキンはナンキンより早く病気がくる。
 
 梅雨の雨で湿気た時に来るので、斜面の畑とか、平野部ではない丘陵地帯とか高原地帯では、病気が少ないのではなかろうか。



20070613194532.jpg  20070613194600.jpg

 5月30日に第1回目の挿し木を270本しているが、先日の日曜日の6月10日に第2回目の挿し木を180本(第1回目の欠株に植え次した40本ほどを含む)ほどした。第3回目は後60本ほどであるが、6月20日頃の予定である。
 
 サツマイモの苗作り(冷床、右の画像)は、案外と簡単なので、400本以上植える場合にはお勧めです。


20070613194643.jpg

 スモモが少し生っている。色づくのは、7~10日後くらいである。カラスが狙うので、自分の口に入るのは少量である。ちょっと突付いては下に落としている。酸っぱかったのだろう。ただ、モモ、ナシ、リンゴ、ブドウほどカラスの好物ではないようである。


20070613194706.jpg

 11月中旬が収穫期のキーウイであるが、早くもこの時期、こんな大きさになっている。棚がいる果樹は不得意だが、キーウイはカラスが狙わないし、11月~2月末の長期間にわたって食べれるので、どうしても1~2本欲しかった。棚は有料で作ってもらった。


果樹は
(1)棚がいったり
(2)剪定が必要だったり
(3)ヒモで結束したり
 という、自分の不得意作業ばかりが出てくるので、とても果樹農家にはなれない。異なる職業のような気がする。
 
 それでも季節、季節の果樹は一口は口に入れたいので、1~2本ずつ、放任栽培で作っている。



20070613194735.jpg

 ブラックベリーは土地が合えば、随分と茂るようである。雨に弱いことと、日持ちがしない。あまり甘くなくて酸っぱいせいか、カラスや小鳥の被害も少ないように思う。ジャムなどにいいようである。



20070613194806.jpg  20070613194826.jpg

 フェイジョアは、ちょっとした人気果樹だと思う。最近はホームセンターなどで苗をよく見かける。キーウイに似た外観で、カラスも食べない。熟すと落下するので、それを拾う。10日間ほど保管して追熟させてから食べる。パイナップルのようなトロピカルフルーツの味がする。


ハーブ主要12品目丸暗記 (現在の状況)

(1)レモンバーム

20070613211802.jpg

 あまり注文はない。大きくなると葉が硬くなるので、定期的に刈り取って捨てている。


(2)レモンバーベナ
20070613211834.jpg

 新聞紙で包むと、すぐに新聞紙が黄色になるくらい、レモンのエキスが強い。ただ、すぐに黒ずんで、あまり日持ちがしない。


(3)レモングラス
20070613211915.jpg

 冬越しが難しい。今年の冬越しは全て枯れた。前々年のが1株だけ大株で残っていたので、それを40株ほどに小さく分割して4月末に植えたが、その時期がちょっと寒かったのか、それもほとんど枯らしてしまい、3株しか残らなかったので、また画像の場所に植えなおした。1株大きいのは、先日、市販の苗を買った。
 
 レモングラスもあまり注文はないので、失敗してもさほどこたえない。8月上旬頃に株が分けつして茂ったら、また株分けして増やそうと思う。


(4)タイム類
20070613212041.jpg

 画像はレモンタイム。ハーブティ用はレモンタイム、料理用はコモンタイムを出荷している。6月下旬~6月中旬に満開になる花がきれいである。周囲は草山。なかなか草取りの手間が取れない。


(5)ミント類
20070613212135.jpg  20070613212211.jpg  20070613212309.jpg

 左から、スペアミント、ブラックミント、アップルミント。これらも周囲は草山。手が回らない。
 
 スペアミントは3箇所、ブラックミントは2箇所に分けて、それぞれ4メートルほどずつ分けて植えている。業務用には、大きくなると商品価値がなくなるので、地際で刈り取って捨てる。1ヶ月ほどでまた再生して、商品価値のあるミントが収穫できるようになる。
 
 右の画像はアップルミントである。これは畦岸に群生している。畦のそばに植えていたのが、畦に侵入し、雑草を抑えてアップルミントが根を下ろした。畦の雑草の中に侵入するくらいだから、雑草と同じくらい強い。畦草を刈る時に一緒に刈り払ってしまうが、雑草より一足先にミントが伸びてくる。


(6)セイジ
20070613212421.jpg

 セイジは青枯れ(立ち枯れ)病が多いが、ここの場所は合っているのだろう、青枯れ病がほとんど発生していない。セイジは種類が多く、花のきれいな物が多いが、料理用の注文がくるのは、一般的な「コモンセイジ」。ハーブティもおいしい。


(7)ローズマリー
20070613212455.jpg  20070613212526.jpg

 永年草であり、4箇所に分けて合計50~60本ほど植えている。注文の多いハーブである。



(8)イタリアンパセリ
20070613212618.jpg

 育苗によく失敗する。これは4月下旬に植えた購入苗である。購入苗は細い苗が1ポットに10本ほど絡み合っていたので、水の中で洗って土を落とし、1本1本に分離してから植えたら、植え傷みが生じた。画像のようにまばらにしか生育しなかった。
 
 来年は友人に苗作りを頼もうかと思っている。今年はブログに入れ込んでしまい、注意がおろそかになったかもしれない。
 
 イタリアンパセリとスイートバジルが1ヶ月早く大きくなれば、1ヶ月早くから出荷できて、それに合わせて、その他のハーブの注文も頂けるわけだから、来年はどうするか考慮中。

  
(9)スイートバジル   
20070613212650.jpg  20070613212732.jpg

 今年は定植直後にネキリムシにやられて、半分以上を植え直した。例年2割ほどの被害ですんでいたので、気にならなかったが、今年はこたえた。
 右の画像の田んぼの2列のバジルはさほど被害がなかったが、左の画像の田んぼの被害が大きかった。
 


(10)ロケット・・・・・・秋冬作

(11)ディル・・・・・・・秋冬作

(12)チャービル・・・秋冬作



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

ハーブと野菜の現況

20070514210105.jpg

 2004年の10月20日までは、この井戸の上に小屋があった。その小屋が、10月20日の台風23号で吹き飛んだ。この年は、これでもか、これでもかというくらい大型台風の襲来を受けたが、最後の一撃が最も強烈だった。これは息の根を止めるような台風だった。田んぼに来て見ると、小屋がない。あれえ、どうなったんだろうと思い、周囲を見回したがどこにも見えない。おかしいと思い、山のふもとの方を見ると、何か残骸らしきものが見える。その場所は、井戸から100メートルほど離れた場所だった。隣の稲田を越え、休耕田を越えして、そんな所まで吹き飛ばされていた。隣の稲田は数日前に刈り取ったばかりだったからよかったものの、そうでなかったら稲田にかなりの被害を与え、弁償ものだった。この時の台風は住宅にもかなりの被害を与え、数十万円の出費になった。

 以後、井戸の上に小屋は立てていない。小屋を立てようと思ったのは、もし近所の子供が井戸に落ちたら困ると思ったから。

 画像の、黒い寒冷紗の下にエンジンポンプがあるが、このエンジンポンプも、1回はエンジンオイル交換の忘れ。もう一回は、冬に入る前にエンジンポンプの水を抜くのを忘れて、水が凍ってひび割れ。ひび割れの時は1万ほどの修理代ですんだが、オイル交換の忘れの時は買い替えになった。
 井戸の小屋も10万円かかっている。
 去年の秋には、近所のサツマイモ畑がイノシシの被害にあい、急きょ、電柵の購入で8万ほどの出費というふうに、いらぬ出費ばかりを迫られているような気がする。
 井戸は27万かかっているし、農業の収入より、農業への投資の方が多いような・・・。1年あたりの減価償却費を考えたら、早く農業からリタイアしてしまったら、元がとれない。



20070514201339.jpg

 画像はスペアミントですが、大きくなりすぎると、時々、刈り取って捨てる。ハーブティなら大きくなっても構わないが、料理の飾りの場合は、小さい時でないと商品価値がない。
 刈り取っても、1ヶ月ほどで商品価値のあるミントが収穫できる。



20070514201407.jpg

 画像はレモンバームですが、これも、時々、刈り取って捨てます。手前の2株がその画像です。


20070514210432.jpg

 画像はレモンバーベナですが、レモンバーベナは、種はないので、増やす手段は、株分けか挿し木です。5月10日~6月20日頃は挿し木のシーズンです。


 20070514210141.jpg

 画像はブラックミントです。クールミントガムの香りがします。ミント類の中では、スペアミントの注文が最も多いです。



20070514201444.jpg   20070514201513.jpg

 タマネギ畑を花畑にしてくれるのが、カモミールです。花を10片ほど湯のみに入れ、熱い湯を注ぐと、甘いリンゴの香りがするハーブティが飲めます。花としてもすぐれものなので、花壇に植えるのもよい。一度植えると、こぼれ種で雑草化して困るほどです。
 タマネギの通路に植えて、厳寒期には麦のように踏みつけるとよいそうです。肥料を与えると、おごりすぎて、タマネギに日陰を作るし、倒れやすくなるので、無肥料がお勧めです。



20070514210502.jpg   20070514210551.jpg   20070514210616.jpg

 先週は強風が吹き荒れて、エンドウ類の支柱が倒れそうだったので、左の画像のような補強をした。

 真ん中の画像は、エンドウの支柱を立てる時に利用した「金具」です。太い番線を竹に引っ掛けて、それに、パイプ支柱をのせています。「竹の節」を同じ高さに合わせて、それにパイプ支柱をのせてもよいので、どちらかやりやすい方でして見てください。
 エンドウ類でも、キュウリネットを利用する人が多いようです。

 右の画像は、補強を入れた時の金具です。これも止めるのが簡単で、ホームセンター等に売っています。

 農業をスタートした時、キュウリを作るのなら、パイプ支柱がいると言われて、ハウス1棟分のパイプ支柱(23000円ほどだったと思う)を買い、それを露地のキュウリに利用しようと思ったが、どうやっても、そのパイプ支柱が組み立てれなくて、投げ出してしまった。その後、キュウリは「地這い作り」にすることが多かった。 
 パイプ支柱は、風で飛ばされないように、黒マルチの押さえに使ったり、エンドウ類の支柱に使っている。

 
20070514210358.jpg

 トマトは、去年、スイートバジルを植えていた畝の中央に植えている。トマトの両側に、スイートバジルの後が残っているが、スイートバジルの上部は草刈機で刈った。


 

20070514210326.jpg

 同じく、スイートバジルの後地に、キュウリを定植している。黒マルチの両サイドを破り、液肥を施した。地這い作りにする予定。


20070514210259.jpg

 同じく、スイートバジルの後地に、サトイモを定植している。芽が出たところである。芽が出揃ったら、黒マルチをはがして、第1回目の液肥を施し、少しずつ土寄せをしていく。




20070514210218.jpg

 上記3つの全体像が、電柵の左側の2列である。なお、サツマイモは去年ちょっと多かったので、1列はサトイモにした。
 サツマイモにはさほど水がいらず、サトイモには大量の水がいるが、この場所に植える作物はオクラかサトイモのどちらかしか考えられず、収穫の関係でサトイモにした。
 


 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

タマネギとカモミール

20070503202356.jpg   20070503202419.jpg

 タマネギ畑が、花畑になるのが今の時期です。タマネギの畝と畝の間の通路に、3メートルおきほどに、ジャーマンカモミールを植えておきます。タマネギのコンパニオンプランツ(タマネギの病気を防ぐ)として知られているハーブですが、今年、タマネギに病気が少ないのは、「4月の少雨」が原因と思います。今年の4月は雨らしい雨が降らなかった。
 
 カモミールの効果のほどは疑問だが、タマネギ畑がきれいだし、通路に植えて踏みつけても、生育途上なら何ら問題がない。全く無肥料でよく育つ。この花を10片ほど摘んで湯のみに入れ、沸騰した湯を注ぐと、有名な「カモミールのハーブティ」のできあがり。

 タマネギの収穫期(5月末)までそのままにしておくと、大量のこぼれ種が落ちて、秋深くには、カモミールが雑草のごとく芽生えてくる。それをまた、11月中下旬のタマネギ定植地の通路に3メートルおきに定植する。




20070503202507.jpg

 タマネギの隣に植えているガーデンレタス。同じ日に蒔いても、結球レタスより7日~10日早く収穫できる極早生品種。1袋蒔けば、5種類の色や形の違ったレタスが楽しめる。



20070503202536.jpg

 レタスの場所から写した藤の花。軽四を止めている場所なので、毎日間近に、藤の花が楽しめる。



20070503202632.jpg

 同じくレタスの場所から写した池の土手。左が「寺山」で右が「城山」。夏は「寺山」の上から太陽が昇ってきて、冬は「城山」の上から太陽が昇ってくる。太陽の昇ってくる位置が、夏と冬とでは、こんなにも違うというのは、農業を始めてからの新鮮な驚きだった。そんなことには全く無頓着な人生を30代半ばまで送っていたから。
 
 城山というのはまるで作ったような山で、小さな半円の、他から独立した古墳のような山である。池の土手を支えるような形で土手の中央にあり、一方の土手下にも、ここと同じような田んぼが広がっているが、すでに作り手がなく、多くは休耕田になっている。

 なお、このあたりの田んぼは「大門田」と呼ばれており、大きな門があったらしく、古い歴史を感じます。



20070503202746.jpg   20070503202809.jpg

 画像はハーブのルバーブである。茎をジャムにするが、ほとんど「フキ」であるから、フキの育つような場所が、ルバーブに適すると思う。永年草であり、株分けでかなり分割できるので、その土質が気に入れば増やせるように思う。




20070503202652.jpg

 ジャガイモの現在。2本立ちか3本立ちにして、「芽かぎ」はしていない。種芋のL球なら四つ切、M球なら、三つ切か二つ切にしている。6月に入ると出荷ができる。梅雨入り前の6月12日頃に、全てを一括収穫する。早生品種は梅雨入り前に収穫できる。




20070503202849.jpg

 ピーマン22本とナスビ44本の現況。
キュウリは12~14本×4回蒔き≒52本の定植だから、ピーマンやナスビと比較して、4倍も手間がかかってしまう。
 露地放任栽培では、キュウリは1ヶ月間ほどしか成らない。採算的には、かなりばかばかしい作物である。


  
20070503223827.jpg

 今年は暖冬だったのに、レモングラスの冬越しは全て失敗した。一昨年のが1株だけ冬越しできたので、それを1~2本ずつ分割したら40株ほどに分割できたので、それを植えた。
 レモングラスは稲にそっくりなハーブである。


 
20070503223853.jpg  20070503223913.jpg  20070503223930.jpg

 4月30日に写したタケノコの画像です。アップするのを忘れていた。4月に雨が少なかったので、今年はタケノコが少ないなあと思っていたが、1週間ぶりに山にあがったら、たくさん出ていた。去年はイノシシによる被害でタケノコは壊滅だったのに、今年は被害がない。まだこのあたりは、イノシシの密度が低く、はぐれイノシシが暴れているのだと思う。


おまけ

20070503222713.jpg  

 水を飲むニワトリ。


20070503222733.jpg

 美しい野生の藤




あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。