あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

野菜産地の農業

 20061109203604.jpg   20061109203628.jpg   20061109203655.jpg

 同じ瀬戸内市にあるが、ここは、県下でも有数のハクサイとキャベツの大産地である牛窓町である。義兄はこの牛窓町で、4ヘクタールほどのハクサイとキャベツを作っている。9月にハクサイの苗をもらっていたので、苗箱を返しにいったついでに、この地区の田んぼをぐるっと一巡してみた。見渡す風景が、自分の田んぼとは随分違うが、いわゆる産地は、どこでもこのような風景である。水も「畑灌」が通っていて、コックをひねるだけで、いつでも水遣りができる。だから「雨が降らない」など、関係なくて、天候にあまり左右されずに、予定した次期にきちんと収穫期になる。


 周囲がこのような大規模系の農業をしている隣で、こまごまと有機農業というわけにはいかないので、自分もこういう地域に住んでいたら、有機農業という発想は思い浮かばなかっただろう。第1の人生に挫折して、30代後半からの第2の人生に何を選ぶか、もしくは第2の人生の職業として何がイメージできるかは、人それぞれの生い立ちや、それまでに培われてきた個性や、周囲の環境や、現在の状況によって異なるが、自分の場合には、先の展望が全く見渡せなくなっていた時に、突然、農業が頭にイメージされた。そしてそれとほとんど同時にイメージしたのは、山ぎわにあった、猫の額ほどの田んぼが14枚で合わせて20アール(2反)ほどの、多少の段々畑の現在の耕作地である。きちんとした長方形や正方形ではなくて、いろんな形をした田んぼである。この田んぼがあったから、突然、農業が頭に浮かんだ時、農業ができると思った。他に70アール(7反)ほど、点在して田んぼがあるが、この70アールの田んぼは、どこも畑作には適さないと思った。この内10アールだけは、畑作ができないことはなかったが、道路に面しているし、農作業や収穫の時に「田んぼを移動する」というイメージは全く浮かばなかった。そして、農業をスタートしてから、道を隔てた20アールほどを借地できたので、農作業でも収穫でも軽四で移動する必要はない。だから当日朝収穫、当日出荷が可能になっている。


 農業をする上で「山ぎわ」というのは、何かと都合がよい。ニワトリを飼うにもよいし、日陰になる場所ができるので、収穫後の仕分けにもとても便利である。そして行き止まりなので、誰のじゃまも入らないし、無農薬でも、お隣の田んぼに迷惑にならない。


 無農薬で作っていると、隣の田んぼで農薬や除草剤を多用されるのはいやなものである。逆に彼らの立場からすると、隣の畑が農薬を使わないから、害虫がはびこって、うちの田んぼまで侵入してくる・・・ということになる。お互いに相手に対して否定的になるが、隣の田んぼと隣接している田んぼが少ないと、このように、お互いに迷惑にならない。画像のような野菜産地で、有機農業というのはちょっと考えられない。その地域で生活していると、イメージできる農業は大規模系のこのような農業だと思う。ただ、この地域でもすでに現役世代が農業を始めるというのはごく少なくて、定年後に始めるというパターンであるらしい。定年後でも、このような地域では周囲にいっぱい手本があるので、数年でかなりの売上になる人もいるらしい。大体、このような地域の人は、働きながら、休日に親の手伝いをしている場合も多いので、定年後といっても、経験のある定年であるから、家庭菜園規模では終わらないようである。


ブログランキング1位を目指して挑戦中!!! クリックお願いします!!!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/90-2295bbda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。