あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

11月、12月に収穫する果樹

20061028191437.jpg   20061028191520.jpg   20061028191553.jpg
  これから食べれる果樹の画像をアップした。左からキーウイ、ユズ、キンカンの3種類である。果樹は1本植えておけばかなり収穫できる。何回も農薬が必要な果樹や成らすのが難しい果樹は作らない。放っておいてもできる果樹だけ作っている。だから、リンゴやナシやモモやブドウのような、自分にとって、難しい果樹は作っていない。キーウイは棚がいるので、自分には難しい果樹だったが、11月中旬頃から2月末頃まで、3ヶ月以上にわたって食べれる果樹なので、棚を人に依頼して作ってもらった。苦手なことは躊躇なく人に頼む。もしくは、徹底して避ける。避けれない場合は、必要最低限に少なくする。得意なことだけで手がいっぱいで、他のことをする余裕がないという状態にできるだけ早く持っていく。農業では特にこの事が大切だと思う。キーウイはカラスが食べないし、大型台風に遭遇しても壊滅(全部落下)することは少ないし、生育中に害虫もほとんどこない。収穫後、30~40個ほどをポリ袋に入れて、その中にリンゴを1個入れておけば、2週間ほどで追熟して食べれるようになる。ポリを2袋用意して、1袋を食べ終えたら、順次、次の1袋を仕込んでおく。そうやって、2月末頃まで、冬中食べ続けることができる。キーウイは受粉のための雄木が1本いる。雌木2本、雄木1本植えている。
 ユズは11月の1ヶ月間、ワンパックに2~3個ずつ入れて送っている。11月中旬頃、黄色に色づいたら、残り全部を一括収穫する。キーウイのように長期間は保存できないが、それでも2月上旬頃まで保存可能である。半分に切り、湯のみに果汁を絞り、絞りかすのユズも湯のみに入れ、熱い湯を注ぐとホットユズのできあがり。冬中、コーヒーと共によく飲んでいる。その他、部屋に3~4個飾りに置いておけば、よい香りがする。

キンカンは12月下旬頃、黄色になったら一括収穫する。年が明ける頃まで収穫しないでおくと、当地では霜で傷んでしまう。たくさん収穫できた年は、これも少しずつワンパックに入れて送っている。


その他、12月末にはハッサクが収穫でき、2ヶ月ほど保存して追熟すれば、2月中下旬頃から食べれる。6月上旬にはウメが収穫でき、ウメ漬けやウメ酒が作れる。6月中旬頃にはスモモが食べれるし、7月上旬頃からスイカ、7月中下旬頃から1ヶ月間はブラックベリーが食べれるし、9月の1ヶ月間はイチジクが食べれる。10月10日頃からはカキが12月中旬頃まで食べれる。他にビワ、ザクロ、サクランボを6~7年前に植えているが、まだ成らない。同じく6~7年前に植えたフェイジョアが今年初めて実を付けている。農作業の合間に、木に成っている果樹をちぎって食べることができるのは無上の楽しみである。田んぼの畦に腰をおろして口にする果樹は、百姓であることの至福の一時である。


果樹は冬場に、込み入った枝や長くなってじゃまな枝を切るくらいで、剪定はよく知らない。ずっと以前に剪定の本を買っているのだから読めばいいのに・・・。肥料は、冬場に寒肥として、トリ小屋の鶏糞を木の根元に施し、ワラか枯れ草を敷いて寒さ避けをする。春、夏に時々メタン菌液肥を施す。



 友人には果樹を選択している人はいない。果樹は比較的初期投資の金額が大きく、ネットで昆虫や害獣を防御したり、枝を紐で誘引したりなど、かなり器用さも要求される。1年に1回しか収穫期がこないので、気の短い人はむかないのでは・・・。30代後半からスタートすると、木が成木になり果樹が成りだすまでに3~5年かかるとして65才頃まで「25年(25回)」ほどしか収穫できない。果樹を選択する場合は後継者もイメージして選択する必要があると思う。一代限りではもったいない。軌道にのれば、野菜農家より高収入で、農閑期も長いらしい。以前、「りんご農家 青森」で検索した時、青森県のリンゴ農家がずらずらとお互いにリンクしあって出てきたが、果樹の場合は、消費者が生産者から直販で購入するルートがインターネット等ですでにできているように思う。


野菜でも果樹でも中間業者を通さず直販で売るというのが、ネット時代の販売方法である。職業別電話帳や料理飲食店ブログ等を見て、とにかく1本の電話を入れたり、友人や親戚に口コミでの紹介を依頼するなどの行動を起こさなければ、直販の道は開けない。かくいう自分も、たった1本の電話をイタリア料理店に入れるという行動に移るまでに、1年以上の期間がかかった。頭でわかっていても、行動に移る一歩がなかなか踏み出せなかった。


ブログランキング1位を目指して挑戦中!!! クリックお願いします!!!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/78-d12d9f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。