あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

よく使う農具

20061024205740.jpg   20061024205816.jpg   20061024210019.jpg

日常使っている農具を画像アップしてみた。左の画像は、クワと三角クワとヨツメである。通常の農作業で使うのはこの3種類だけである。真ん中の画像の3種類はめったに使わない農具であるが、なかったら困る農具である。トンボと熊手と(?)である。トンボというのはTの字型をした丸太棒である。トンボのような形をしているのでトンボという。トンボは1年に4回使うだけである。つまり、4月上旬に蒔く春夏作のニンジンの種蒔きと、8月お盆明けに蒔く秋冬作のニンジンの種蒔きと、9月中旬に蒔く秋冬作のダイコンとカブの種蒔きの時の合計4回だけである。他の作物は育苗→定植という方法を取るので、このトンボの出番はない。真ん中は熊手である。草を集めたりする時に使う。(?)の農具の名前をよく知らない。ボクが子供の頃からすでに家にあった、かなり年季のはいった農具である。めったに使わないが、地面に打ち下ろして(たたきつけて)、土を細かくする農具である。握りこぶしほどの土のかたまりがある場合に、(?)の農具を使うと土のかたまりが砕けて小さくなる。土を細粒化する必要がある育苗床でたまに使う。右の画像は草刈機と管理機である。管理機というのはミニのトラクタである。田舎で家庭菜園をしている人はほとんど持っている。クワがわりの農具で、とても便利な農具である。この画像では畝上げをする黄色の三角の畝上げ機が後ろについている。耕す時にはこの黄色の三角の畝上げ機をはずして、前側の刃も、畝上げ用の刃から、耕運用の回転刃に付け替える。慣れるまでは、畝上げ用と耕運用の刃の付け替えに手間取るが、慣れると3~5分でできる。クワで耕したり、クワで畝上げをすることを考えたら、管理機という農具は肉体的には随分と楽である。管理機と草刈機という2つの農具は、農業を革命的に変えたと言える。クワが管理機に、カマが草刈機に変わってまだ40年も経過していない。それまで500年以上の長きに渡って、ゆったりとした人間のペースだった農業が、機械のペースに取って代わった革命的な出来事だった。農業にも効率や採算やスピードや回転や機能性などの商工業の論理が持ち込まれて、それまでの自給自足型の農業から、農業ビジネスへと変貌していった。農業は本来、利潤を生み出すシステムではない。それが証拠に株式会社(企業)が農業に参入してこない。でも最終的には、タマゴみたいに、数十社の養鶏企業がタマゴの生産の99%を押さえているように、数十社の農業企業が野菜と米の生産の99%を押さえるようになるのであろう。野菜はまだ家庭菜園という形で田舎では続けられているが、タマゴはすでに家庭採卵という形は消滅した。ボクの住んでいる地域は6集落あり、戸数は250軒ほどであるが、ニワトリを飼っている家は確か1軒もないと思う。ペットの猫や犬を飼っている家は何軒もあるが、ペットより手間のかからないはずのニワトリは誰も飼わない。エサ代の方がはるかに高くついてしまうことと、口のある生き物はやはり負担なのだと思う。ニワトリはペットのような癒しにはならないから。野菜でも種代や苗代や肥料代を考えれば、野菜を買うよりはるかに高くついてしまうが、①楽しみがある、②やはり自分で作った物はおいしい、③暇つぶし、④土に触れることは癒しになる、このような意識でもって作っているのだろう。


 農業が利潤を生み出さない大きな理由が二つあるが、キュウリを例にとって説明すると、一つは、成長の早いキュウリでも収穫まで60日(2ヶ月)かかる。つまり、一つの完成品を手にするまでに60日もかかるのである。商工業では考えられない。もう一つは、キュウリはたいていハウスで作るが、その60日間、ハウスというかなり広い設備が必要となり、60日間、それはキュウリだけの為に利用され他に転用できない。すなわち、時間回転率と設備回転率(設備投資効率)があまりに悪すぎる。計算高い企業が新規参入できるわけがない。貧しい国に作らせて、工業製品を高く売りつけたカネでその農産物を買い上げた方がはるかに得策なのである。貧しい国がカネ持ちになって、農産物が輸入できなくなった時に初めて、企業が農業に参入してくる素地ができる。農業を癒しだと言っている、ある意味バカな連中や、農業で稼ぐ必要のない、お気軽な定年帰農組に農業はがんばってもらえばいいのである。そういう自分は、年齢的にも能力的にも、もう農業心中せざるをえない。毒を食らわば皿まで。
ブログランキング1位を目指して挑戦中!!! クリックお願いします!!!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/74-d857ca93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。