あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ニンニク、ワケギ、ラッキョ

20061023203223.jpg   20061023203331.jpg   20061023203409.jpg

昨日、ニンニク、ワケギ、ラッキョを植え付けた。左から、ニンニク、ワケギ、ラッキョである。この3種類の植え付けの適期幅は長いようである。自分の場合、この3種類はセットと考えている。植え付ける畝の用意ができたら、同じ日に同じ畝に植え付ける。つまり、タマネギと収穫期が近いので、タマネギの畝立てを早めに準備して、その隣の畝に植え付ける。たいてい10月20日以降~10月末くらいの間に植え付けている。収穫期は、ニンニクが翌年の5月末、ワケギは3月末~4月中旬頃、ラッキョは6月中旬頃である。このうち、出荷しているのはニンニクだけで、ワケギとラッキョは自給用である。ニンニクはイタリア料理店には送らず個人の顧客だけに、6月、7月、8月の3ヶ月間、出荷のつど1個を入れている。現在は国産のニンニクはごく少なく、ほとんどが中国産らしいので、喜ばれているのではないかと思う。ニンニクと青シソはワンパックのアクセントになる。我が家ではニンニクはあまり使わない。マルミさんが奥様でなく外様なので、臭うからと言って使いたがらない。と言うよりもニンニクの使い方をよく知らないから。

 ワケギは自給用である。1年中で一番野菜の少ない時期である3月末~4月中旬に収穫期を迎える貴重な野菜である。この時期はネギにネギ坊主ができて硬くなり、ブロッコリーのわき芽も3月末頃で終わる。野菜が少ないというより、食べれる野菜はワケギくらいしかないというのが3月末~4月中旬である。この時期の一品「ワケギの酢味噌」のために、毎年欠かさず作り続けている。ワケギの酢味噌は、印象に残っている「おふくろの味」である。でも子供の頃、それは酸っぱくて一口二口しか食べれなかった。今はその時期のなくてはならない一品になっている。ワケギをざく切りして湯通しして、チクワとイカナゴを入れて酢味噌で和える。4月末には、残ったワケギを種用として、画像のように茎を落として、鱗形の部分をミカンネットなどに入れて、10月下旬の植え付けまで風通しのよい日陰に吊り下げておく。

 ラッキョも自給用のみである。6月の梅雨の晴れ間に堀りあげて、ラッキョ漬けを作る。自分のラッキョ漬けは、①ラッキョはよく洗って海苔のビンに入れる。②ラッキョの10%の食塩水を煮立てて冷まし、ビンの中へひたひたになるまで入れる。③10日ほどしたらザルにあけ、ざっと水洗いして、1日太陽に当てる。④ラッキョを海苔のビンに戻し、酢と砂糖(好みで適量)を煮立てて冷まし、ラッキョの上に注ぎいれて完了。⑤3ヶ月後くらいから食べれる。昨年の6月に作ったのがたくさん残っていたので、今年の6月は作らなかった。来年の6月はまた作るつもり。毎日は食べないが、1週間に1度くらい食べている。今はもう、ラッキョ漬けと梅漬けのない食生活は考えられない。梅漬けは小さな容器に小出ししていつも台所のテーブルの上にあり、ラッキョ漬けは海苔のビンに入ったものを台所の棚に置いている。父は晩年、ラッキョ漬けを自分で作っていた。母は早く亡くなり、祖母は年老いてラッキョ漬けはもう作れなくなっていた。父が作ったラッキョ漬けは食べる気がしなかった。まだラッキョを食べる年齢に達していなかったのかも知れない。自分でラッキョ漬けを作るようになるまで食べた記憶があまりない。ということは40才を過ぎてから。

ラッキョも6月中旬に堀り上げた中から種用として残す分は、茎を切り落とし、ミカンネットなどに入れて、ワケギと同じように、植え付けまで涼しい日陰に吊り下げておく。つまり、ニンニク、ワケギ、ラッキョの3種類はタマネギの隣にミカンネットに入れて吊り下げている。

ニンニク、ワケギ、ラッキョはどれも小物である。小物であるが、なくてはならない存在感がある。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/73-8f383cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。