あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ハーブの作り方、飲み方

20061021213347.jpg   20061021213427.jpg   20061021213727.jpg
 今後も繰り返し書く予定ですが、ハーブティ用ハーブの育て方とハーブティの作り方を説明します。ハーブはたった12種類覚えればハーブの9割をカバーできます。多くの本は不必要なハーブを数多く並べ立てて、わざとハーブをわかりづらくしています。大事なのは、ハーブティ用ハーブ6種類と、料理用ハーブ6種類です。今日はハーブティ用ハーブ6種類の内の2種類を説明します。

 左の画像はアップルミントですが、畦のそばに植えていたのが、畦に侵入して、なんと、畦草を抑えてアップルミントが根付いてしまいまいた。つまりそれくらい強いということです。真ん中の画像は左の画像をアップしたものです。草むらの中にミントが生えているのがわかってもらえたでしょうか。ミントは冬以外はいつでも株分けでどんどん増やせます。でも畳1畳くらいの面積で20軒(月に40セット)ほどの顧客なら毎回出荷できます。40軒(月に80セット)なら畳2畳分です。それくらいの小さい面積でも可能なのは、摘んでも摘んでも成長力が抜群に強いからです。


 右の画像はレモンタイムです。タイムは10種類ほどありますが、ハーブティ用ならレモン風味のレモンタイムです。これも株分けで、1年で10倍ほど簡単に増やせます。株分けしなくても、茎にどんどん根が出てくるので、根が出た茎を切って植えるだけです。前後左右に株間15センチくらいで植えておけば、半年すれば画像のようにおごります。これも20軒ほどの顧客なら畳1畳分くらいの面積で足ります。40軒なら畳2畳分の面積です。


 ミント(アップルミント、スペアミント、ブラックミント)もタイム(レモンタイム、コモンタイム)も、最近はホームセンターにいくらでも苗を置いていると思います。各2本ずつ買って置けば、翌年は10倍以上に増やせます。収穫期はどちらも1年中です。ただし冬場の12月~翌年2月の3ヶ月間は伸びが悪いです。タイムは常緑草ですが、ミントは真冬に少し枯れた状態になる場合もあります。いくらでも収穫できるので、ボクの場合は送料負担のみかわりにサービス品として入れていますが、あなたには「売って欲しい」と思います。定期的なワンパックの顧客の場合、最初が肝心です。売って下さい。それだけの価値はあると思います。


 ハーブティの作り方は


(1)やかんいっぱいの水を沸騰させて火を止める。(2)その中にアップルミントとレモンタイムを一つまみずつ入れて、10~15分ほど蒸らして、きれいな草色がつくと出来上がり。(3)草色がついたらハーブを取り出して捨てる。長く置けば苦くなる。用は麦茶パックで麦茶を作るのと同じ要領です。(4)冬はホットで夏場は冷蔵庫で冷やして麦茶代わりに飲む。


ブログランキング1位を目指して挑戦中!!! クリックお願いします!!!

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/71-302f0615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。