あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

デジカメで写す

 20061017232613.jpg  20061017232657.jpg  20061017232736.jpg
 夕方4時半頃から5時頃まで、デジカメで田んぼの写真を撮った。ブログに載せる3枚の画像が、在庫分ではもう品切れの状態だったので、至急に新しい画像をパソコンに取り込む必要があった。ブログに載せるにはどんな画像がよいかをイメージしながら撮った。初めて買ったカメラなるものが、自分の場合はデジカメだったが、最近のデジカメは安いし、取り扱いが簡単で、たくさん写せるし、パソコンにつなぐと自動的に画像がパソコンに取り込める。いくらメカに弱い自分でもこれなら写せる。写し方は無茶苦茶であるが。


 デジカメの過去のデータをフォーマット(初期化)して、バッテリーを充電しておけば、1回で65枚ほど写せる。デジカメは富士フィルムのFinePixで、確か2万4千円ほどだった。カメラとデジカメの超初心者ですが、どんなデジカメを買ったらいいでしょうかと、○○電気の店員さんに聞いたら、これを薦めてくれた。パソコンに取り込んでから最初に見るのは「スライドショー」であるが、これがとてもきれいである。写真初心者が写したと思えないくらいきれいに見える。もちろんぼやけているのもたくさん写っているが、これはスライドショーの後にすぐ削除しておく。1週間くらいでは田んぼ風景や野菜の成長度合いはあまり変わらないが、10日間あけると、その間に結構、野菜も大きくなっている。10日に一度写すにしても、月に3回で150枚ほどは残せる。そのうち90枚をブログに載せていくわけだから、これくらいのペースで今はよい。写すのは30分くらいしかかからないから、週に1回のペースでも写せる。この画像を印刷する場合でも、ホームプリントから簡単に画像枚数を選択して印刷できるし、画像の下にコメントも簡単に記入できる。しかし印刷時のカラーインク代がばかばかしいほど高い。

 今日はロケット(ごま風味のハーブ)の定植がこの後に控えていて、デジカメで写真を撮るなどの悠長な時間はなかったが、ブログを優先した。だから、この後のロケットの定植はまさに夕闇との戦いになった45分間だった。何で午後一番に定植を始めなかったのかと疑問を持たれるかも知れませんが、10月のこの時期の昼間はまだ暑い。植えている間に先に植えたのがひなえてしまう。まして自分の場合、黒マルチをしていて、それに手で植え穴を開けながらの定植作業だから、露地に定植より余計にひなえる。だから、まだ太陽の当たらない早朝か、太陽光線が弱くなる4時がまわらないと、定植作業に移れない。4時がまわってから苗床のロケットを抜き、定植に取りかかったが、それを中断してデジカメを持った。その画像が真ん中の画像である。デジカメで写し終えるとすでに5時が近くなっていた。今の時期は6時にはもう暗い。最後の15分はジョロで植え付け水をする必要があるので、5時45分頃までしか定植作業ができない。明日は出荷作業でできないし、明後日は、また別の作業の予定があるので、どうしても今日やっておく必要があった。

 今日は午前中にメタン菌液肥を6荷担いだ。もちろん、使用後はすぐに次の仕込みをした。液肥を施した画像が左の画像である。タマネギや春キャベツ、ニンニク、ラッキョ、ワケギの定植予定地である。液肥を施した後、井戸水をポンプアップして10倍ほどに薄め、あまり乾かないうちに(土に適度の湿り気があるうちに)黒マルチを張る。黒マルチは農業現場から出る多大な産業廃棄物であるが、黒マルチを利用すると、1ヶ月以上も前から準備しておくことができる。黒マルチを使わなかったら、1ヶ月以上も前に準備するとその間に草は生えるし、雨によって地表がたたかれ板のようになってしまう。そのためぎりぎりになってから準備しようとすると、雨天続きで、耕運や畝立てができなかったりする。

 チョウチョ、チョウチョ、菜の葉に止まれ・・・チョウチョは春に出てくるイメージの昆虫であるが、キャベツのあるところ、チョウチョありで、今の時期でもチョウチョがひらひら舞っている。たった数匹でも、一体何百個タマゴを産むんだろうと思うくらい、青虫がキャベツにさばっている。ダイコンサルハムシと違って青虫は図体が大きいので、手でつぶしてまわることができる。でもこれは150本ほどしか定植していないから手取りできるのであって、定植本数が200本を超えると、ちょっと手取りする気がしない。たった数匹だが捕っておこうと思って、午後は昆虫採集用の網を軽四に積んでおいたが、どこにいったのかもういなかった。

 午後、田んぼに行く前に、ふかし芋を作って、秋刀魚を焼いて、インゲンの煮付けを作った。秋刀魚は昨日の出荷の帰りにスーパーで、賞味期限が今日で2割引のを買ってきていたし、インゲンの煮付けはボクが作るものと暗黙の了解があるし、今日は真っ暗にならないと家に帰れないと思っていたので、昼間に作って台所のテーブルの上に並べておいた。マルミさんが、近所の○○おばさんみたい・・・と言う。してくれないのはわかっていたので、台所で重ならないように、先に自分で、今日晩食べたかった物を作った。


 ブログランキング1位を目指して挑戦中!!! クリックお願いします!!!



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/67-5e8884b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。