あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

1人でするか、2人でするか

 20061015210832.jpg  20061015210916.jpg  20061015210956.jpg
 農業を夫婦でしている人は、どんな気持ちでしているのだろう。配偶者を、かなりの「労力」として期待しているのだろうか。それとも、忙しい時に手伝ってくれるぐらいでいいと思っているのだろうか。
 ボクは農業を2人でしようと思ったことはない。もちろん、農業がひらめいた時にも、自分1人だけでする農業だった。2人でしていたら、しょっちゅう喧嘩になりそうな気がする。農業を始めてから今日まで、手伝ってほしいと思ったことは1度もない。たとえどんなに忙しい日でも、手伝ってもらおうという発想が自分の頭の中に生じなかった。
だから、2人で農業をしている人を見ると、仲がいいんだなあと思ったりする。マルミさんは、あんたと一緒の仕事はぜったいにしたくないと言っている。ボクもマルミさんと一緒にする農業はちょっとイメージできない。2人ですると相乗効果をもたらして、二乗つまり4倍になることも考えられるが、相殺効果、もしくは共倒れになることも背中合わせである。でも、ボクの知っている範囲で言えることは、2人でしている人の方がビジネスラインに到達しているという現実である。農業を1人でしている人で、ビジネスラインに到達している人をあまり知らない。2人でしている場合の共通項は、主体となる男の方に、かなりの技術力があるということである。それは、ニワトリでも、果樹でも、野菜でも言える。つまり、主体となる方に、もともと、もしくは数年で技術力を身につけるセンスがあると見受けれる。
 ボクは突然頭の中に農業がひらめいてから、数軒の先進農家を見学させてもらったが、自分も同じようにやってのけれるだろうとは全く思えなかった。そしてスタートする前から、自分は市場出荷(農協出荷)のように、規格や寸法、外観が問われる野菜は、よう作らない(向いていない)だろうということが漠然とイメージできた。かといって、他にどのような農業形態があるのだろうと試行錯誤していた時に、はっきりと形にして見せてくれたのが、坂根修さんの「都市生活者のためのほどほどに食っていける百姓入門」という本だった。それには(1)セット野菜、(2)少羽数のニワトリ、(3)ミニコミ紙という模範スタイルが書かれていた。これならできそうと初めてイメージできた農業形態である。その農業形態には有機農業が必要だった。つまり、ボクの場合は農業形態が先で、有機農業というのは後である。
 イメージどおりの農業はできたが、この16年間、そのイメージした農業から一歩も脱皮することができなかった。つまり、自分1人でする農業しか、スタート前にイメージできなかったのは、すでにその時に、自分は少量多品種型農業形態以外はすることができないだろう、そして、その農業形態を2人ですれば、到底食べてはいけないだろうということを意識下ではっきり認識していたからだと思う。
 今のボクなら、もっと具体的に数字をあげて、この農業形態では食べていけないと説明する。市場価格など関係ない超越した自己価格を、それぞれの野菜につけることができれば、成り立つかもしれないと説明する。


 2人ですると、主となる方が病気にでもなれば、とたんに立ち行かなくなるし、従となる方が病気をしても、やはり立ち行かなくなる危険性が高いと思える。この点1人なら共倒れは逃れることができる。でも、2人ですると2倍ではなく3~4倍できるということもよく聞く。ボクの知る範囲では、1人で農業をしている人、2人で農業をしている人、半々くらいである。 



ブログランキング1位を目指して挑戦中!!! クリックお願いします!!!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/65-99ac406c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。