あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

今日の農作業

 さっきストーブをつけた。夜はまだちょっと寒い。日中が暖かいと、夜、冷えることがある。この夜の寒さを防ぐために、4月下旬に定植すると、5月中旬頃までの3週間ほど、薄い毛布のような織布をトンネル状にしてかぶせている。
 
 ポリより織布の方が便利と思う。雨は通すし、風にも強いし、ポリのようにすその開閉もしなくてよい。


2008_04282008年04月28日0034

 左の二つは義兄にもらったスイカとナスビの苗。その右は自分が蒔いたトウガンとエンサイ。
 
 スイカとナスビは直径12センチポット。トウガンは8センチポット。エンサイは5センチポット。
 
 ポットが大きいと土がたくさん必要になる。義兄は前年の踏込温床を翌年のポット土に利用している。プロ農家は、このような大型ポットを利用して、ぎりぎりまでハウス内で育て、すでに花の蕾が膨らんでいる状態で定植をする。だから定植後短期間に実が成り出す。
 
 自分の場合は、ナンキン、キュウリ、トウガン、ニガウリの「ウリ科」4種類だけは8センチポットを使い、その他は5センチポットを使う。
 
 5センチポットでも、山の腐葉土がかなり必要であるし、ポットの土入れ作業も結構大変なので、12センチポットだと、いかに大変かがわかる。

 なお、スイカは「接ぎ木苗」である。スイカはきゃしゃなので、強いナンキンに接いでいるのだと思う。自分は接ぎ木の技術は知らない。
 
 接ぎ木苗を植えるのはスイカだけである。
 
 義兄ももう若くないので、来年からは市販の苗を購入するつもりである。

 ナスビ→40本+3本(補充苗)=43本
 ピーマン→20本+2本(補充苗)=22本
 スイカ→6本+1本(補充苗)=7本
 トマト→18本

 合計90本×60円(1本の市価)=5400円

 これらは自分で蒔いたりしない。苗を購入した方がはるかに安くつく。
 
 自分が蒔くのは、

(4月2日蒔き)
 ナンキン  30ポット(1粒蒔き)
 キュウリ  16ポット(1粒蒔き)
 ニガウリ   7ポット(2粒蒔き)
 トウガン  11ポット(2粒蒔き)
 スイートバジル 2ケース→ポットに鉢上げ
 イタリアンパセリ 1ケース→ポットに鉢上げ

(4月14日蒔き)
 オクラ90ポット(5粒蒔き)
 ツルムラサキ75ポット(5粒蒔き)
 エンサイ55ポット(5粒蒔き)  



2008_04282008年04月28日0016

 畦岸のアップルミント。すでにこんなに大きくなった。近くを通ると、いい香りがする。


2008_04282008年04月28日00112008_04282008年04月28日00042008_04282008年04月28日0101

 左はツルムラサキ、右はエンサイ。定植後、画像のような織布をトンネル状にしてかぶせた。
 
 ヨトウムシ(ネキリムシ)の被害が出ていないか、織布の上から毎日確認することがポイント。やられていたら、すぐに植え継ぎする。


2008_04282008年04月28日0114

 ニガウリは5本定植した。


2008_04282008年04月28日0039 

 トウガンは7本定植した。トウガンも同じように織布をかぶせた。
 トウガンはニワトリのエサにも考えている。その他、ニワトリのエサとしてイメージしているのは、キクイモ、ジャガイモくず、ナンキンくず、サツマイモくず、サトイモくず、ヤーコンくず、変形ダイコン、変形カブ、変形ニンジン。

 

 時々イメージすることは、仮に出荷を止めて家庭菜園だけにした場合、何をどれくらい作るか、ニワトリをどうするか、という問いである。
 
 ハーブは春夏作のスイートバジルとイタリアンパセリは止める。秋冬作のロケット、ディル、チャービルは、ロケットだけ少量蒔く。その他は永年草のハーブなので、少量ずつ残す。

 春夏作の野菜ではニガウリは止める。その他の春夏作と秋冬作は作付量は減らすが全部作る。

 野菜の出荷は最長で60代の半ば頃までと思う。後10年ほど。
 
 出荷は止めても家庭菜園は作り続ける。農作業は楽しみであり、癒しである。田んぼで収穫した野菜を、その日の夕飯で食べるのは、農家としての大いなる楽しみ。
 
 別に菜食主義ではないが、自分で作った野菜を食べる楽しみだけは終生、手放せない。
 
 ただ、最近「サル」が人の話に出るようになった。多分10年後くらいには、現在のイノシシのように、被害が出始めるかもしれない。これから農業を始めようと考えている人にとって、害獣防御のことを考えると、今までより何倍も手間がかかるものになるだろう。
 
 この国の農業も山村も近未来、害獣によって滅ぼされる。

 
2008_04282008年04月28日00832008_04282008年04月28日0094

 今日のニワトリ。好物のクローバやコンフリーをむさぼリ食べている。出荷を止めたらニワトリはどうするだろう。「長期間の留守」という問題をクリアできれば、飼い続けると思う。


2008_04282008年04月28日0126

(今日の夕飯)
レタス
黒豆・・・義父にもらった黒豆(時々圧力鍋で煮る)
刺し身・・・ボラ
イカのフライ・・・市販の惣菜

 

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。