あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

写真教室

2008_04192008年04月19日の200022008_04192008年04月19日の20010

 今日は、朝日写真教室の第3回目だった。朝日新聞、岡山総局の前に出て撮影し、それをパソコンに取り込んで、写した画像を見ながら3人の先生がいろいろ指導してくれた。
 本格的カメラを持っている人には、大変参考になる講義と思うが、自分には内容が難しくてちょっと理解できない。
 他の人は本格的なカメラで写している。聞いたら8~10万円ほどという話だった。2~3万のデジカメで「オート」機能を使って写すのではなく、自分で設定して写すやり方であり、その説明だった。・・・仕方がない。乗りかかった船だから・・・来週土曜日は後楽園での撮影会。



2008_04192008年04月19日00512008_04192008年04月19日0060 

 左のチマサンチュ(下葉から順次収穫するレタス)が来週中頃から収穫できそうである。右の画像のエンドウも同じ頃から収穫できる。
 この時期、野菜の種類は少なくても、春キャベツ、春レタス、早生タマネギ、エンドウの4種類があれば、他の野菜は食べなくても、これで十分堪能できる。
 

2008_04192008年04月19日00862008_04192008年04月19日00752008_04192008年04月19日0089

 今日のニワトリ。「米ぬか」を食べているが、「土」も「糞」もいっしょに口に入っているだろう。米ぬかはトリ小屋の床にばらまいているから。
 真ん中は、怒っているオンドリ。エサに夢中になっている時以外は、油断したら狙われる。オンドリはボクの動きを常によく見ている。



2008_04192008年04月19日00442008_04192008年04月19日00252008_04192008年04月19日0018

2008_04192008年04月19日00282008_04192008年04月19日00022008_04192008年04月19日0040

 新緑のいい季節である。今日は昼から写真教室なので、朝9時頃に写した。デジカメでもきれいに写ると思うが・・・。 やはり自分はカメラの技術的なことには向いていない。
(1)3万5千円以上の高いカメラは自分には買えない
(2)毎日50~80枚写していると、1年ほどで寿命がくるような気がする
  イ、不注意な落下
  ロ、少々の雨や湯気にあたる
  ハ、バッテリーの寿命
  ニ、レンズに傷
(3)安いのを買っておかないと、多分、1年ほどでまた買い替えを迫られる。
(4)高いカメラだと自分は値段に負けてしまう。高いカメラは緊張すると思う。
(5)ポケットに入り、手のひらサイズで、紛失したり落としてもあまり心身にこたえない、ボールペンやメモ紙のように扱えるカメラ。それが自分の感性。
(6)メカに極めて弱い。「オート機能」と、他の少しの機能が使えたら、自分はもうそれでよい。
(7)「下手な鉄砲も数打ちゃあたる」で、たくさん取って、その中から良いと思うのをピックアップする方法が自分には適しているように思う。



2008_04192008年04月19日0007

 黒マルチをしておくと、雨上がりでもすぐに定植できる。マルチの下は地温も上がり、露地より10日ほど成長が早まり、露地より10日ほど遅くまで収穫できるので、前後で20日間ほど得する。保水力もあり、液肥が雨で流亡しないし、草も生えない。泥はねがしないので、収穫後に野菜やハーブを洗う必要もない。
 土に戻るマルチもあるが、それは通常のポリマルチの4倍ほどの値段。



2008_04192008年04月19日01062008_04192008年04月19日0105

 左はスペアミント。ミントは横に広がるので、5月末頃には黒マルチを取り除く予定。
 右はセイジ。セイジは土が合わないと青枯れ病が多発する。


2008_04192008年04月19日01032008_04192008年04月19日0102

 レモンタイムとコモンタイム。主にハーブティ用がレモンタイムで料理用がコモンタイム。
 右のルバーブが急に大きくなった。葉は使えないので、茎の部分だけを2センチほどに小口切りし、水は加えずに、ルバーブの目方の半分の砂糖を加え、弱火で20~25分ほど煮ると、ちょっと酸味のあるルバーブのジャムの出来上がり。株分けが簡単でよく活着するが、梅雨~夏にかけて枯れることが多い。夏に日陰になり、渇き気味の田んぼの方が生育が良いと思う。収穫は5月の1ヶ月間が主体であるが、秋にも収穫できる。



2008_04192008年04月19日の20030

(今日の夕飯)
焼き飯
ミートボール・・・市販の惣菜
スープ・・・・・・・・市販品

 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。