あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

シンプルに攻める

2008_03272008年03月27日00192008_03272008年03月27日0028

 農業経営の新しい知識と技術を身に付けて・・・そんなもの不必要。
 シンプルに攻める。自分は単純にそれだけをやってきた。そしてそれにこだわった。直接「顔の見える関係(誰が作ったかわかる関係)」以外は、売る気がしなかった。 
 
 だから最初は、軽四での引き売り。その後は電話営業と口コミで紹介してもらった都市在住者に、宅急便を利用して直接販売。

 技術的なことは机上で勉強しても無駄と思う。田んぼで身体を動かしながら、野菜やニワトリ自身に教えてもらうしかない。毎日接していれば、野菜やニワトリが「ああして欲しい、こうして欲しい」と、まるで指示するように指導してくれる。
 人のやり方をみて、これはいいやり方だと思っても、自分の田んぼでいざ同じことをしようとすると、身体が動いてくれないことが自分は多かった。
 
 他人の最も良い方法が、自分にとっても最も良い方法であることは、少ない。他人が有名人や能力の高い人なら尚更、真似は難しい。

 農業の現場では、実際に自分の身体が動いた方法が、自分にとっての最良の方法である。それは、本ではなく、教科書でもなく、まして先生ではなく、他人の田んぼでもなく、日々の農作業の中で見つけるしかない。
 
 昔の人はそのことを「百姓に学問はいらん」と言った。つまり、頭(机上)で覚えるものではなく、農業は身体で覚えるものだと言いたかったのだと思う。 
  

 

2008_03272008年03月27日00742008_03272008年03月27日00672008_03272008年03月27日0065
2008_03272008年03月27日00722008_03272008年03月27日00702008_03272008年03月27日0066


 8個ある50リットル入り容器を、久しぶりに竹の棒で混ぜるためにフタを開けると、状況がそれぞれ違っていた。
 
 前回使ったのはタマネギの元肥であり、使った後すぐに、ヌカとナタネカスを5対1くらいの割合で補充して混ぜて、その後今日まで5ヶ月近くフタを開けることもなかった。
 
 同じように仕込んだつもりでも、このように出来上がりの状況が異なる。虫が湧いて死んでいる容器もあれば、白いカビのような物が発生している容器もあり、最上部にヌカが浮いているのもあれば、浮いていないのもあるといった具合である。理由はよくわからないが、肥料効果はそんなに違わないと思う。



2008_03272008年03月27日0077 

 今頃になって、一つ残っていたクン炭を袋に入れた。クン炭は見た目では、消えているかどうかわからないから、特に注意する必要がある。 クン炭で物置や納屋、母屋が火事という話は多い。
 自分の場合、もし竹藪のそばの物置がクン炭で火事になったら、竹薮にうつって山火事になってしまう。


 
2008_03272008年03月27日0060

 ヒヨドリに葉が食われてしまっていても、わき芽は出てくる。そのわき芽も3月末頃には終わる。
 カリフラワーは中心部を収穫するとそれで終わるが、ブロッコリーは中心部を収穫するとその後、わき芽が3ヶ月間ほど楽しめる。



2008_03272008年03月27日0056

 ネギは永年草なので、近日中に植え替える。新しい植え場所ができるまで、1ヶ月ほど畦に放置しておいても、ネギは強いのでどうもない。

 

2008_03272008年03月27日0025

 農地の畜産利用(放牧)は、水系への牛糞汚染と「紙一重」になると思う。環境を守る放牧は、全くビジネスにならなくても、昔ながらの「1頭飼い」につきると思う。

 飼う頭数が多すぎる。多すぎるから飼料を買う必要があり、飼料が高騰すると「畜産危機」と騒ぎ立て、値上がり部分の補助を要求する。

 多頭数の畜産は日本には「いらない」。補助金の垂れ流しになるだけであり、解決の道につながらない。

 45年前、1軒に1頭だった。1軒あたりの田畑面積は約80アール(8反)。いかに時代はずれであろうとも、いかにカネにならなくても、日本の畜産は1軒に1頭だけ。


2008_03272008年03月27日00362008_03272008年03月27日0046

 大きなバイオガス(メタンガス)プラントを作る必要はない。中国の1軒1軒の農家が庭先に作っているような、手作りの、簡素な、費用のごく少ない「メタンガス発生装置」の方がよい。
 
 時代錯誤と言われようとも、環境問題は、大規模、分業、機械化、大量生産の否定から第一歩が始まる。二酸化炭素は1990年帰り。畜産は1950年代帰り(1軒に牛が1頭、ニワトリ20羽)。
 


2008_03272008年03月27日の20080

(今日の夕飯)・・・昨日とほとんど同じ
シシャモ
ブロッコリーの湯通し
ダイコンの煮物
ダイコンおろし
ラッキョと奈良漬け・・・奈良漬けはもらったもの


 

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。