あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

太陽がいっぱい

  まぶしい太陽、ほとばしる汗、太陽がいっぱい、飛び散る汗。ああ気持ちいい、と思うのは一時だけ。今までずっと日照不足と梅雨のじめじめが続いていたので、梅雨明けを思わせるような太陽の輝きに感動しているだけである。


 炎天下での過激な労働は長くは続けれない。早朝6時頃から10時頃までの4時間ほどと、3時半~4時頃から7時頃までの3時間ほどが百姓時間である。朝早い分、昼食後は2時間ほどの昼寝つきである。


 農業はやればきりのない職業なので、どのあたりまでは手をかけて、後は手抜きしてもよいとか、この作業はどうしても今日しておきたいとか、ポイント、ポイントは押えておかなければならないのも農業という仕事の特徴である。農業の場合は冬に農閑期があるが、5月から12月までの7ヶ月間(自分の場合)の農繁期には1日たりとも、なかなかゆっくりはできない。


 自分の場合、月、水、金の出荷の日は出荷作業に追われて、まず農作業はできないし、雨天や雨天後で農作業に不適切な日、集落の行事や出仕事、葬儀参列等が、年間平均すると週に1日くらいはあるので、正味、農作業ができるのは、週に3日ほどである。つまり、農業、農業といっても、実際の農作業は週に3日くらいしかできないのである。


 このように、ボクの農業時間の半分は出荷作業(収穫、仕分け、納品書や送り状の記入、振込用紙や通信の同封、箱詰め作業、宅急便の営業所まで持参という流れ)である。他の農業形態を選択している人は、出荷作業は全農業時間の何割を占めているのだろうか。ワンパック宅配形態を選択している同業者は出荷作業にどれくらい時間をとられているのだろうか。そして、約半分の時間が出荷作業にとられるワンパック宅配形態は、やはり、この点に問題がありはしないだろうか。ワンパック宅配は出荷作業がとても煩雑である。それでも個人客(個人の家庭へのワンパック)だけが対象なら、たとえば当日に8軒送るとすると、8軒のキュウリとか8軒のピーマンというふうに、収穫においても、仕分けおいても納品書記入においても、スピードはあがるが、ボクのように、個人客は2割ほどで、イタリア料理店への業務用が8割ほどで、業務用は店ごとに注文の品や量が異なるという場合には、収穫、仕分け、納品書、箱詰め作業がより煩雑となる。でも個人客だけにするわけにはいかない。個人客は長くは続けてくれなくて、結局、減り続けて今の顧客軒数になったのだから。


 キュウリ、ナスビ、ピーマン、オクラ、ニガウリの5種類は、収穫適期に達しておれば、その日の出荷軒数に関係なくすべて収穫しておかないと、植物体に負担がかかり、以後成らなくなる。でも個人客だけなら、収穫できたものを、その日の出荷軒数で均等割りすればよいのだから、比較的簡単である。青シソ、エンサイ、ツルムラサキの3種類は、葉野菜であり、収穫適期幅は比較的長く、当日の出荷軒数分だけ収穫して、残りは次回の出荷時の収穫にまわすこともできる。タマネギ、ジャガイモ、ナンキンの3週類は在庫野菜であるから、当日の収穫はなく仕分けだけである。以上、野菜だけの収穫の場合は8種類で終わる。他に、インゲン、ニンジン、ミョウガがあれば、それも収穫する。


 ボクの場合はそれ以外に、ハーブ9種類(レモンバーム、レモンバーベナ、レモングラス、タイム類、ミント類、セイジ、ローズマリー、イタリアンパセリ、スイートバジル)を収穫するので、野菜の8種類と合わせて合計17種類の収穫をする。仮に1種類の収穫に10分かかったとすると、合計で170分(2時間50分もかかってしまうので、そんなに時間を費やすことはできない。キュウリ、ピーマン、ニガウリ等は5分ほどで収穫を終わらせる。逆に言えば、5分で収穫を終わらせれる本数しか定植していない。ハーブ類は収穫適期幅が比較的長いので、その日の各ハーブの注文単位数だけを収穫する。少し多く収穫して、残ればサービス品にまわす。5時45分頃から収穫を始めて、収穫がすべて終わるのは8時10分~8時20分頃である。収穫作業だけで2時間半ほどかかってしまう。その後すぐに、収穫した17種類を仕分けしていく。これに1時間余りかかる。最後に、散らかった新聞紙を片付けたり、ニワトリにエサをやったりして終了。10時頃になる。家に帰って朝食兼昼食をして昼寝。目覚めてから、納品書、送り状の記入。振込み用紙、あめんぼ通信の同封。その後、箱詰め作業をする。箱詰め作業の時に、納品書と作物の種類、もしくは注文数の間違いを起こさないこと。ここで間違いをしばしば起こすようでは、ワンパック宅配に、あなたはむいていない。出荷形態を変えた方がよい。青空市中心に切り替えてもよいし、野菜だけにして野菜の作物を減らしてもよいし、大規模単作にして、市場出荷という方法もある。野菜でなく果樹の単作の場合も、納品書が複雑になったり、煩雑になったりすることもない。もちろん、納品書を記入せずに、ワンパックの単価を固定するという方法もある。自分のやりやすい方法でやればよいし、自分に適した方法がわからなくても、4~5年もすれば、知らん間に、自分のやりやすい方法に集約されていくように思う。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/6-916c2526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。