あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

農業浪人(休職)

2008_03172008年03月17日0009 

 ここ2~3日の間、しょっちゅう春夏作のシミュレーションをしていた。そうしたら突然、サツマイモを減らそうと思いついた。そしてまた突然のごとく、1年間、農業浪人しようと思いついた。農業浪人・・・農業浪人・・・農業浪人・・・正しくは、1年間、農業を「休職」してみようと思いついた。でも思いつきだから、すぐに実行に移すわけには行かない。
 
 農業を始める前も2年間の準備期間が必要だった。だから「農業休職」も1~2年間の準備期間がいる。ただ、準備期間が長すぎてもいけない。長すぎると、その考えが持続できなくなり、もう「止めとこう」となる。
 
 急のひらめきだから今年は休職することはできないが、1年後、もしくは2年後に1年間の農業休職をすると思う。何か、このひらめきが嬉しかった。ちょっと考えて、サラリーマンよりしやすいと思った。サラリーマンなら、そういうことをしたら居場所(席)がなくなる可能性が高いが、農業の場合はそんなことはない。しかし自分の場合は、市場出荷ではなく、特定の顧客にワンパックとして送っているのだから、問題がありはしないだろうか。
1年休職してその後また復帰した時に、すんなりとワンパックを継続してくれるだろうか・・・でもそれに関してはそれ以上の思考は中断した。
 
 病気になったと思って、1年間休職してみるのも、自分の人生にとっていいことかも知れない。取るのなら、56才か57才の1年である。これ以上遅くなったら、休職する意味がなくなる。
 
 カネはどうするか・・・という思いがすぐに浮かんだが、1年間あくせく働いても手取り100万にならない世界だから、短期間なら何とかなる。休職の目的も、図書館で本を借りて読んだり、家から通える範囲の近場の取材を週に2~3回に増やし、そして自給用の野菜作りは続ける。

 野菜とハーブの状況はどうなるかシミュレーションしてみた。ハーブは、

レモンバーム→毎年株分けするから問題なし
レモンバーベナ→挿し木が簡単
レモングラス→毎年株分けするから問題なし

タイム類→株分けでいくらでも増やせる
ミント類→株分けでいくらでも増やせる
セイジ→挿し木が簡単

ローズマリー→永年作物
スイートバジル→種から
イタリアンパセリ →種から

ロケット→種から
ディル→種から
チャービル→種から

 以上のごとく何ら問題はなかった。

 野菜は、サトイモ、サツマイモ、ヤーコンの3種類の種芋だけが問題だが、自給用は作り続けるのだから、種が途切れることはない。

 ハーブも野菜もなんら問題はなく、問題は、1年間休職しても顧客がまた買ってくれるだろうかということと、自分の経済のことだけだった。

 経済のことは、病気になったと思えばよい・・・

 休職の実現に向けて準備していくつもりである。数年うちわにやっておかないと、60才になってからでは年が行き過ぎるような気がする。若い間?の1年や2年の休職はその後の人生の糧になる。70才までなら後15年、75歳までなら後20年ある。

 そんなにやってみたいことがあるのか・・・そんなにではないが、ブログ取材も、ぼう~っとすることも、週1の読書も、農業が忙しすぎて、なかなか前へ進んでくれないから。

 農業に新たな展開はもうない。今後は平行線をたどるか少しずつの縮小になる。

 18年も農業をやってきたのだから、もっと稼げる農業形態への変更や、農閑期のアルバイトもできていたはずなのに、そのどちらもできなかった。もう時間切れである。そして、18年もやってきてできなかったことは、今後もできないと考える。

 同じことをこれ以上長く続けても、何ら進展はない。ちょっと生意気に言えば、ワンパック農業形態からの卒業です。しかし現実は、卒業できるほどの経済的余裕はない。細々とでも、65才くらいまでワンパックを続ける必要がある。

 65才になれば、今稼いでいるくらいの年金がはいるし、60才になれば17万円ほどの国民年金保険料を支払わなくてもよくなるし、60才になれば、ごく少額であるがサラリーマンだった時の「厚生年金と厚生年金基金」から年金も支払われる。

 生きてきたパイも、今後生きていくだろうパイも、稼いで来たパイも、使ってきたパイも小さい。そして、ごくささやかな生活、ごくささやかな生き方、ごくささやかな経済生活という、生存のハードルの低い生き方をしてきた(せざるをえなかった)ので、多分、1年間の休職はできると思う。これが、年収300万以上を稼ぎ、それに見合った生活をしていたら、それくらいの蓄えがないと休職はできないと思う。

 つまり、300万稼いでいた人は300万円の、200万稼いでいた人は200万の、100万稼いでいた人は100万円の、50万円稼いでいた人は50万の貯金がないと、1年間の休職は難しい。

 自分の思考はこれくらいまで。それ以上の思考はしない。三途の川はゆっくり渡ろうとしたら渡れなくなる。計画を立てすぎても渡れない。「えいやあ」と渡らなければ渡れないこともあるのでは。

 1年後もしくは2年後のことだから、どうなるかわからない。たんなる、春先の気まぐれな感傷かもしれない。


 2008_03172008年03月17日00192008_03172008年03月17日0028

 売れ残った赤ホウレンソウの間に咲いたホトケノザという雑草の、これも赤い花。

 

2008_03172008年03月17日0038

 今日のニワトリ。例えどのような有為転変があろうとも、20羽ほどのニワトリは飼い続けたい・・・。


 
2008_03172008年03月17日0075

(今日の夕飯)
ダイコンの煮物
サヨリのフライ・・・市販の惣菜
ブロッコリー、目玉焼き

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking


 

 

 

 



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。