あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

今日の農作業

2008_03122008年03月12日0010

 今日は汗ばむような陽気だった。昼からジャガイモ予定地とニンジン跡地を耕運した。このトラクターは自分が買ったものではない。23年ほど前に父が買った。トラクターは頑丈なので、多分、自分の一代は使えると思う。こんな高い機械は自分は買えない。中古でも20~30万ほどすると思う。

 

2008_03122008年03月12日00202008_03122008年03月12日0032

 乗用トラクタで耕運した後、管理機でジャガイモ予定地の畝立てをした。32メートルが4列。
 その後、種芋16キロを、4つ割り(大)、3つ割り(中)、半割り(小)にした。切ってから一昼夜、乾かした方がよいので今日切った。

春夏作は

1類  タマネギ・・・1500本定植
     ジャガイモ・・・種芋16キロ

2類   キュウリ・・・(12~14本)×4回(1ヶ月ごと)
     ナスビ・・・44本定植
     ピーマン・・・22本定植
     オクラ・・・90~100ポット定植(3~4本立ち)

3類  ナンキン・・・22~24本定植
     トウガン・・・8~9本定植
    ニガウリ・・・5~6本定植

    サトイモ・・・150個定植
    ヤーコン・・・100個定植
    サツマイモ・・・450本定植

4類  エンサイ・・・70本定植
     ツルムラサキ・・・70本定植
      青シソ・・・20本定植

 

 労働災害の発生する割合は、農林業が全業種の中で最も高いらしい。1000人あたりの年間労災事故は、農林業が38.9人、畜産・水産業が24.3人、建設業が8.5人。
 
 
不器用な者は、できるだけ機械を使わない農業をした方がよい。しかし、下記の機械は農業者なら最低限使えるようにしておきたい。
(1)草刈機の使い方、刃の研ぎ方→自分は刃が研げない
(2)チェーンソーの使い方→危なくて使えない
(3)乗用トラクタの使い方→オイル交換は他人に依頼
(4)管理機の使い方→オイル交換は他人に依頼
(5)エンジンポンプ→オイル交換を忘れて3回も買い替え

 恥ずかしながら現実です。これらの農具で怪我をしたことはないが、鎌で怪我をしたことが18年間で2回(通院)ある。

 

 今日、岡山県の公立高校の入試問題が新聞に載っていた。理科や数学などほとんど解けなかった。あんなもの、人生に必要だとは思わない。中学校の時「なぜ、勉強をしなければならないのか」という疑問が生じて、勉強が手に付かなかったことがあったが、50代の半ばになった今、やっぱり学校の勉強はほとんど何も役に立っていないと思う。

 何で強制的に勉強をさされたのだろう。学校の勉強は全くおもしろくなかった。尊敬できる先生に出会ったこともない。もっと勉強をしておけばよかったと思うこともあまりない。ドイツやフィンランドのような学校教育システムは、なぜ日本では受け入れられないのだろう。



2008_03122008年03月12日0043 

(今日の夕飯)
お好み焼き・・・市販の惣菜
焼き鳥・・・市販の惣菜
ブロッコリー


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

さつま芋の苗

うちでも500本ぐらいのさつま芋を栽培しますが、買ってくる苗は200本ぐらい。残りは出てきたつるを梅雨時に切って植えつけます。早稲種の紅あずまにしています。

またブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!

  • 2008/03/13(木) 19:45:45 |
  • URL |
  • サトシ #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。