あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

生き辛さの原点

 生き辛さの原点は、「ライフラインの支払いがあまりに高過ぎる」という点にある。

 上水道代 ・・・水道代が毎月4千円ほどかかっている。

 下水道代・・・3年以内に接続するように言われているが、それ以前にトイレの改修(100万円ほどかかる)、下水道の受益者分担金195000円の支払いが迫っている。道路や田んぼの圃場整備事業から下水道に公共事業が移転している。業者の丸儲け。

 広域農道・・・交通量がどれくらいか、現在もきちんと調べているのだろうか。

 圃場整備・・・減反とか生産調整がしきりに叫ばれているが、それなら、何のための圃場整備だったのか。圃場整備は農家の大きな負担(負債)になっただけ。

 下水道・・・河川をきれいにするには、家庭排水だけでなく、農薬、化学肥料、除草剤の使用に関する処置が不可欠。ハコ物のハード事業だけでは決して河川はきれいにならない。
 総事業費は14億9千万円。計画人口1200人(333戸)。国50%、県15%、市35%の事業。たった300戸ほどの利用に14億9千万の事業・・・この国は道路で傾いて、下水道で破産する。

 固定資産税・・・平成13年は46600円、平成16年は48200円。平成19年50500円。微妙に値上がりしている。土地と家屋にかかる税金であるが、3年ごとに評価額が見直されるらしい。築57年の家屋と、90アールほどの田畑、山林50アールほどで、こんなに固定資産税がかかる。家を新築している人はいったいどれくらい払っているんだろう。

 国民年金保険料・・・17万弱を後5回払う必要がある。早く死んだら掛け損。母は掛けただけで1度ももらわずだった。長生きしてもいいことはなさそうだが、国民年金保険料の支払い分だけは取り返さなくては・・・。
 

 国民健康保険料・・・所得が少ないので、かなり減免措置を受けている。だから文句は言えない。

 電気代・・・春夏秋冬、1万円を超えている。節約が難しい。

 電話代 ・・・家族の中で自分だけ携帯電話を持っていない。今の所、携帯電話の必要性を感じていない。持ち歩くのはデジカメだけでよい。たまに必要な時は、家人の携帯を借りる。

 プロパンガス代 ・・・毎月4千円前後。

 灯油代 ・・・今年の冬は特にこたえた。高過ぎる。

 NHK受信料・・・マルミさんの通帳から自動落ちだから自分には負担感がない。


 仕方がないのは、

 地域や親戚の交際接待費・・・今年はすでに9万円を突破している。

 家屋の火災保険料・・・4万円ほどの掛け捨て。

 生命保険料・・・毎月2千円の掛け捨て。止めてもいいが、自分の葬式代くらいは自分で出したいから。

 新聞代・・・人から見たら「ぜいたく」と思われるだろう。3紙も購入しているから。でもこれはブログのためにどうしても必要。 

 
 昔から、農業で自給自足ということが言われてきたが、現在では、農業で自給自足は全くできない。サラリーマンと同じく、農業は生活費を得る一手段でしかない。それならサラリーマンの方がはるかに収入は多い。ただ農業は、
(1)独立自営業である。
(2)人の目顔をみることなく、自分で仕事を自由に組み立てることができる。
(3)自然や風景、農作物に癒される

 こんな理由から、ある年齢から農業を始める人もいるが、現役世代では、とにもかくにも、農業収入をあげる必要がある。農業が好きなことと、農業で稼げることは違うし、農業に向いていることと、農業の能力があることも違う。
 現役世代の農業者はこの40年ほどの間に、限りなく減少している。現在の農業はそれぞれの専門に特化されていて、スペシャリストだけが一定の収入をあげている。

 20年ほど前から、一つの生き方としての農業、生活それ自体が農業、農業で自給自足をめざす人たちが出て来たが、その人たちの生活はきびしい。家族や配偶者から何らかの援助が期待できる人、本人に塾講師などの特技のある人、農業以外にサイドビジネスを持っている人・・・そんな人は細々とながら田舎暮らしが継続できるが、そうでなければ、早晩、農的生活からのリタイアを迫られる。



2008_03082008年03月8日0068

(今日の夕飯)
サバ
ダイコンおろし(細切り)・・・青シソドレッシングで食べる
黒豆の煮物
肉炒め・・・豚肉

 

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。