あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

2020年、日本農業史にヤギが復活

2008_02092008年2月9日の0016

 時代小説の佐伯泰英さん。いつかこんな書斎を持ちたい。自分は原稿用紙換算で6枚以上になる長文は、ちょっと書けそうにないが、5枚までなら書ける。徹底した自分らしさを出さないとブログは続かない。さほど苦もなく書けるのは数行の「思考の断片」。そんな断片を寄せ集めて、日々のブログにしている。

 
 ヤギの導入、やっぱり迷う。1円もカネにならないから。趣味や癒しでは飼えない。

 ヤギに比べてニワトリは、はるかに有用で手間もかからない。
(1)タマゴ
(2)糞が肥料
(3)クズ野菜の処理
一石三鳥である。

 ニワトリの導入の時は、まだ小屋ができる前から、自宅の軒下で飼い始めた。導入するには、これくらいのスピードがいる。もたもたしたり、考えたりしていること事態、そこに何らかのデメリットや不得意がある。

 ボクが小学生の頃まで、家では、黒い肉牛1頭、豚3頭、ニワトリ20羽~30羽ほどを飼っていた。だから頭の中の原風景にニワトリはしっかり残っている。ニワトリをつぶしたり(絞めたり)する作業も身近に見ていた。

 それと比較して、ヤギは飼っていなかったのでイメージが沸いてこない。近所ではだんだん飼っていたので、よく見てはいたが、手で触れたりしたことはなかった。

 すぐに導入できないのは、家で飼っていなかったことも大きいような気がする。

 草刈目的としてヤギを導入するなら、草刈機を使うこと以上の効率が必要になる。逆に手間を取られることなど論外。

 だいたい、1日30分のぼう~っとする時間が取れないのに、1日、15~20分(朝、夕の小屋からの出し入れと放牧地までの移動時間)もかかる、「ペット」との「くつろぎの時間」など捻出できない。

 導入する時に、ヤギ代や、簡素な小屋かハッチ、鎖等で5万円以上かかりそうである。

 10年遅いような気がする。ニワトリを導入して5年内くらいなら、並行して飼えたかも知れない。今はすでに、自分の農業はこれくらいにして、他人の農業や農業周辺のことに時間を費やしたいと思うようになっている。

 30羽くらいまでなら、ニワトリはほとんど手間がかからないし、片手間で飼えるし、肉とタマゴと肥料を供給してくれる、すぐれものである。ただ、現在の自分は肉は利用していない。買った方がはるかに安いし、全羽淘汰する以前に、たまに1羽を肉にするのはかわいそうだし、大体、我が家はあまり肉類を食べない。

 家にいくらでも手数がある45年前なら、毎日2リットルほどのヤギ乳が飲めるので、とても有用だったと思う。50年以上前には、貧しい農家では、子供に飲ませたいためにヤギが飼われたようである。乳搾りは15分ほどらしい。2~3日留守にしても、家人の誰かれとなくが、ヤギの世話くらいしたであろう。

 まだ、ヤギの乳を飲んだことがない。飲んでみたい。

 
 今、飼料の高騰が続いて、酪農家は危機的状況にある。ヤギは牛ほど図体が大きくなく、高齢者や子供でも「手に負える」動物であるし、草だけで飼える。2020年、ヤギが高らかに日本農業史に「復活」しているはずである。もちろん、それに先んじて「30羽養鶏」が復活するはずである。復活しなければ食べるものが無くなる。

 鳥インフルエンザに戦えるのは、隔離された50万~100万羽養鶏ではなく、軒下で飼う20~30羽養鶏である。原子力発電と戦えるのは、各戸の太陽光発電やメタンガス発生装置である。

 

 農業新聞には時々ヤギに関する記事が出る。

 島根県出雲市佐田町 朝原ヤギファーム、濱村民夫さん(59才)。現在はヤギ6頭を飼育。10頭ほどに増やす計画らしい。将来はヤギの貸し出しも・・・。

 長野県JAみなみ信州・・・同JAは約70人が100頭を飼育する全国有数のヤギ産地。管内の飯田市では毎年7月、全国でも珍しい「子ヤギ市場」が開かれる。70頭以上が取引され、沖縄県を中心に全国から業者が集まる。同JAヤギ部会の部会長を務める下條村の吉村修治さん(80才)は・・・。

 鳥取県八頭町、県八頭総合事務所・・・遊休地の雑草を減らすヤギ放牧のためのレンタルヤギ(今年度4月からの事業)。☎0858-72-0261

 和歌山県田辺市内の農地で、人が草を刈る代わりにヤギに草を食べさせて除草する「草刈レスキューモデル事業」を始めた。3匹のヤギが1ヶ月で約140アールの雑草を食べつくすらしい。・・・和歌山県畜産試験場(同県すさみ町)が推進。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。