あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

農業をすることは環境破壊

 出荷の帰りには、週1~2回、近くの山陽マルナカ店で食料品の買い物をして帰る。今日は、

手あげ5枚        40円×5枚=200円
きぬ豆腐、3個      48円×3=144円
納豆3P、3個      68円×3=204円
野菜てんぷら、2個  198円×2=396円
鰯つくね(団子)    198円
合わせ味噌       310円
板コンニャク        48円
国産豚ばら肉2P    287円×2=574円
子持ちししゃも      258円
クリープ          418円
ビール500ミリリットル 256円
薄皮つぶあん      130円×2=260円
かたあげリンク      220円
食パン           158円
ロールパン        100円
その他パン3種類    394円
 合計で4138円。ちょっと買うとすぐにこれくらいかかる。農業をしているからといって、自給できるものは限りなく少ない。
 

手あげは、いつもは70円なのに今日は40円だったので5枚買った。

きぬ豆腐はいつもこの値段。たいてい3個買う。 

野菜てんぷらと鰯団子は煮物用。

肉は豚肉しか買わない。エサの大半は輸入物だから、国産、外国産に関係なく安い方を買う。牛肉はまず買わない。理由は高いから。鶏肉もあまり買わない。肉を使うことがあっても少量。

ビールはダイコンのビール漬け用。おいしかったのでまた作ろうと思う。

ビールから下はパン類。パン類だけでたいてい1000円ほどかかる。 大好きな薄皮つぶあん120円→130円に。かたあげリンク200円→220円にアップしている。原料の小麦の高騰が原因。

今日はクリープとビールが加わったから少し高くなった。

 日常の食生活の必需品は消費税はゼロにして欲しいが、最も消費税が稼げるのは、食生活の部分だろう。
 消費税のアップは低所得者層には被害が大きい。

 家から車で10分の所に、宅急便の営業所があり、そのすぐ近くに、スーパーがあり、作業着の店もあって便利である。少し方向は違うが、同じく家から10分でホームセンターや農業資材店、郵便局がある。高齢になっても、車さえ運転できれば、家から10分以内でたいていの用事が済ませれるのはありがたい状況である。

 一つだけ大きな誤算があったのは「イノシシの出現」である。18年前にはイノシシなど想像もできなかった。そして現在、イノシシの他にシカも度々出没している。天候の異変も大きく、これから農業をスタートしようとする人にとって、自分がスタートした18年前よりはるかに厳しいものになるだろう。

地球温暖化の原因と農業(ニシノ・ライス・マーケティング研究所所長・西野勝美さん)

食料の長距離輸送で大量のガソリンが消費される。

スーパー、レストラン、家庭の冷凍・冷蔵庫でエネルギーを消費。

温室での加温栽培が温室効果ガスの発生源。

米の乾燥や機械による耕作でも大量の化石燃料が消費される。

化学肥料の原料は石油、石炭、天然ガスであり、農業化学産業は確実な温室効果ガス発生産業である。

食肉生産→飼料の輸入(長距離輸送)→温室効果ガスの排出。

 私たちの食生活は、以前より増して遠距離からの食料に依存しており、これが地球温暖化を助長していると論じている。


 日本では農業は環境保全という考え方が多く、欧米では農業は環境破壊という考え方が多いと何かで読んだことがある。

 農業は環境破壊につながることの方が多いと思う。

大型機械を使わない農業
ハウス施設を持たない農業
できるだけ小規模の農業
ニワトリかヤギか牛を少数飼う
旬に徹底的に忠実な農業
露地放任栽培とする
水の要求量の多い作物は作付を減らす
農薬や化学肥料はできるだけ控える
黒マルチ、塩化ビニール等の資材は極力控える
専門作物を持たずに少量多種類生産をする

 黒マルチ以外は全てクリアーできている。しかしこれは、自分がそれを希望したわけではなく、能力不足で、したくてもできなかっただけである。こんな農業をやっていたら生活は成り立たない。

2008_01162008年1月16日0008

(今日の夕飯)
ダイコンの煮物・・・鰯団子、野菜天ぷら少々
市販の惣菜・・・ハムカツ
ホウレンソウのおひたし


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。