あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

宅急便、送料について

 宅急便の送料は800円負担してもらっている。全国一律、どこへ送っても800円である。全国へ送るといっても、神戸、大阪、京都で95%を占める。クール宅急便は使わないので、午前中指定で届く範囲が望ましいと思っている。東京に2軒あるが、東京だと午前中に届かないし、夏場は鮮度が保たれているか、ちょっと不安である。春、秋、冬は東京でもさほど鮮度は落ちないと思う。


 送料800円の内訳は


クロネコ送料→616円(120枚の回数券を74000円で買う)
120サイズ箱代→126円(消費税込み)
箱を閉じるガムテープ代→1箱につき10円ほど
ポリ袋→2円(ミニコミや振込用紙、納品書を入れる)
ミニコミ紙→50円(A4版、デジカメ写真、カラーコピー)
だから、616円+126円+10円+2円+50円=804円


 振込手数料→100円(入金時、差し引き入金)


  振込手数料というのは、顧客から入金があった時に振込手数料として差し引かれる金額である。青色の振込用紙だと振込手数料は先方負担だが、赤色の振込用紙にしているので、振込手数料は当方負担である。この振込手数料であるが、平成17年度が21850円、平成16年度は27160円かかっている。これを自分の負担としてしまうと、この金額はばかにならない。ワンパックを送っている人は普通は青色の振込用紙を入れているようである。ボクの場合は赤色の振込用紙であるが、郵便局が民営化された今年の4月から、1万円以下の入金の振込手数料が70円から100円にアップしたこと。この30円のアップは大きい。民営化と同時にアップだったから、何か腹立たしかった。赤色振込用紙はやめて、青色振込用紙にしようかと、今、思案中である。


 今までに2回、クロネコの営業所と、回数券の購入価格について値段交渉をした。値段交渉というより値下げ交渉である。送るパック数が多くなれば多くなるだけ、回数券は安くなる。それは当然だと思う。月に1回しか荷物を持ち込まない客と、ボクのように月に80パックほど送る客とでは、送料は当然ボクの方が安くなるはずである。そこで値段交渉するわけであるが、月に60パックほどになった時に1回めの値段交渉を、月に80パックほどになった時に2回目の値段交渉をして、現在のように120枚の回数券を74000円で買えるようになった。その前は84000円で買っていたから、1万円ほど安くなったわけである。スタート時は96000円だった。96000円だと1枚が800円であり、84000円だと1枚が700円であり、74000円だと1枚が616円である。
 
74000円で回数券が買えるようになった時、送料を、それまでの900円から800円に値下げした。


 お客様に送料を負担して頂く場合、1000円を超えると、負担感が大きすぎると思う。送料が1000円も取られたら、自分だったら買えない。900円が限度だと思う。900円でも高い気がする。送料を900円も取られたら、自分だったら買えない。しかし、送料を900円負担してもらっていた時代は長かった。
 
平成15年の春に回数券が74000円になってから、送料を100円値下げして800円にした。800円にしてから、送料としてこれくらいが限度だろうなあと感じた。
 
でも2~3品のサービス品は常時入れているので、お客様から見た送料負担分は正味400円~500円になっているはずである。


 最近ワンパックを始めた人で、スタートからいきなり、ボクが現在買っている回数券より、もっと安く買っている人もいるので、これは交渉次第だと思う。
(1)今はガソリン代が高いので、値段交渉の時期が悪い。


(2)送るパック数が月間で15~20パック増えた時が値段交渉のチャンス。


(3)宅急便の営業所長は2~3年おきに移動する。自分と相性の悪い営業所長と思える時は、所長が移動するまで時期を待つ。


(4)新しく営業所ができた場合などは、荷物を欲しがっている場合もあるので、多少遠方でも、そういう営業所は狙い目である。


(5)他の宅急便の営業所が近くにある場合などは、お互いに競合しているので、両方の相見積もりを取る。


(6)大体の世間相場を知るためには、3~4箇所の宅急便の営業所を回ってみるのがよい。


(7)今は荷物を取りに来てくれる営業所もあるが、ボクは宅急便の荷物を持参したついでに近くのスーパーで買い物をしたりすることが多いので、営業所まで持参している。


ブログランキング1位を目指して挑戦中!!! クリックお願いします!!!

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/53-7c810a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。