あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

最初にイメージした農業

  毎日がせわしないと、早く農閑期が来ないかなあと思う。自分の場合の農閑期は1月、2月、3月、4月の4ヶ月間である。1月、2月は出荷はあるが農作業はほとんどない。3月からぼつぼつ農作業が始まるが、3月、4月は出荷がない。


 3月、4月は食べ量の野菜の種類も少ない。秋冬野菜は「アブラナ科」に属するものが多く、アブラナ科の野菜は3月に入ると気温の上昇と共に「トウ立ち」が始まる。トウ立ちとは茎が伸びて野菜の花芽が出てくることをいう。


 3月に食べれる野菜は5種類ほどしかない。アブラナ科のトウ立ちした茎と花は「菜花」と言い、おひたしで食べることができる。ハクサイの菜花はおいしいが、他のアブラナ科の菜花はあまり食べたことがない。その他に、ニンジン(4月中旬頃まで食べれる)、サトイモ(この時期のサトイモはあまりおいしくない)、ネギ(ネギ坊主が出始めると硬くなる)、秋冬作ジャガイモ(春夏作ジャガイモが収穫できる頃まで食べれる)、ブロッコリー(キャベツの兄弟。3月になるとわき芽が伸びて、これが重宝、3月の野菜は主にこれ)。


 4月の上旬は野菜がほとんどない。ニンジン、秋冬作ジャガイモ、ワケギの3種類ほどである。この時期だけの一品「ワケギの酢味噌」を日々食する。


 4月10日頃になると、春一番の野菜「極早生品種の春キャベツ」が巻いてくる。毎日のように春キャベツ「ばっかり」食になる。4月中旬頃には冬越しのサニーレタス(不結球レタス)が食べれるようになる。4月の田んぼは更地同然で、少量の冬越し野菜を除いては、田んぼに野菜がない。


 1月はいぬる、2月は逃げる、3月は去ると言うが、農閑期はいつも瞬く間に過ぎていく。でもこの4ヶ月があるから、農繁期の8ヶ月をしゃにむにがんばることができる。


 農閑期もゆっくりはしていない。多分、貧乏性なのだと思う。比較的農閑期らしくなってきたのは10年を過ぎたあたりからで、それまでは何かわけのわからない忙しさが農閑期にもあった。いくら経済的にせっぱつまっていても、農業では、農閑期にアルバイトをする時間はなかなか取れない。これをやると、農業が崩れてしまいそうな、そして自分も崩れてしまいそうな気がした。プロスポーツ選手にオフシーズンがあるように、農業でも、農閑期のない農業にしてしまうと、農繁期の途中で息切れするように思う。


 農業だけやっていても、何一つ展望は開けないと思う。8年目~13年目の頃、もっとカネになる農業形態への変更を絶えず模索し、自分なりに試みたが、変えることができなかった。その能力のなさが、スタート時からの農業形態の継続、つまりミニコミの継続という結果になった。他にも、不器用→ハウスが立てれない→農閑期が持てたし、より旬に忠実になった。不得意なことが逆に強力な武器になることもあるんだなあ・・・と十数年が過ぎてから初めて気づいた。


 農業をスタートする時にイメージできた農業から結局一歩も踏み出せていない。スタートする時にできたイメージとは、
(1)規模は30~40アールくらい
(2)ニワトリは30~40羽くらい
(3)特定の専門作物は持てそうにないという苦手意識
(4)ごちゃごちゃと多種類作る家庭菜園の延長のような農業しかできるように思えなかった
(5)200万ほどにしかならんかも知れんなあ・・・実際はその半分の100万前後の攻防
(6)マルミさんが定職についている限り、生活はまわっていくだろう
(7)顧客は地元で50軒くらいは確保できるだろう・・・団地を軽四で引き売りして、2年間で40軒近く確保できた。今でも続いているのは2軒だけである。
(8)それまで作文を書いたりすることはなかったが、本を読むのは好きだった。でもそれは学生時代までで、卒業後は本を読むようなゆとりの時間など全くとれなかった。サラリーマンをしていた時は精神的にも本など読む気がしなかった。農業を始めてからも同じで、本を読むようなゆっくりした時間など取れなかった。農業関係の月刊誌を1~2冊購読する程度だった。自分に作文力がついたとすれば、それは学生時代の数年間の読書によるものだけである。やっぱり作文は
(イ)仕事上の必要に迫られて
(ロ)何十年もの鬱積したものが自分の中にためこまれて、何かそれを書かずにいられないことが自分の中に生じて
(ハ)十数年のミニコミ期間が経過して、それが作文のよい訓練になって
(ニ)いつか作文をカネにしようと新たな目標が生まれて、悩んだら、文学書ではなく実用書を書くんだと逃げ場を用意して、
(ホ)思いや感情よりも写実的なことで半分以上書ける農業ブログはその点が楽で
(ヘ)ノートパソコンの購入→ブログとの出会い→作文が習慣になった。
 
結局、スタート時にイメージできた農業しか実現しなかった。それから一歩も脱出することができなかった。だから農業だけやっていたのでは、16年後も何一つ展望を見出すことはできなかっただろう。ワンパックという農業形態のおかげで副次的に与えられた農業以外の産物(ミニコミ)が、自分の新しい道を用意してくれた。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/51-42a0255d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。