あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

花くらべ

20071115215054.jpg

(今日の夕飯)
シチュー
ダイコンなます
ひじき

 10枚も写したのに、画像が全てぼやけていた。





20071115215123.jpg 20071115215159.jpg 20071115215223.jpg

 今日夕方、家から30分ほどの、閑谷学校の「かいの木」のライトアップに出かけたが、これもうまく写せなかった。


20071115215255.jpg

 ステージでは、地元の公民館グループの花笠踊りも披露された。



20071115223425.jpg 20071115223508.jpg

 昨日、ソラマメを定植した。ポット育苗では鉢(土)がついているが、地床育苗では鉢(土)がついていないので、定植後は今の時期でも太陽光線でしおれてしまうので、枯れ草をかぶせて、4~5日、日陰にしてやると早く活着する。



20071115223540.jpg 20071115223615.jpg


20071115223724.jpg 20071115223648.jpg 20071115223753.jpg

 墓の上から写した、田んぼ周辺の紅葉。



20071115223830.jpg 20071115224334.jpg 20071115224416.jpg 

 昨日は「花くらべ」の日だった。意味がよくわからなかったので、クーグルで検索したが、それらしき回答が出てこなかった。
 この時期、花といえば菊ぐらいしかない。どの墓にも菊がたくさん飾られている。


 

20071115224612.jpg 20071115224646.jpg

 ニンニクが発芽した。右のワケギも発芽した。これらと同一日に植えたラッキョがまだ発芽していない。ラッキョは保存中に種が少し虫にやられたようだった。しかし、ラッキョはきわめてたくましい作物なので、遅れても発芽してくると思う。仮に失敗しても、ラッキョ漬けも梅漬けも2年分を作っているので、食べる分には事欠かない。




20071115224805.jpg 

 高温が続いて、ロケットが大きくなりすぎる。霜にあたらないと、風味も弱い。
 
 左隅の方に黒い寒冷紗が見えるが、今日、春キャベツを100本ほど定植した。4月の桜が咲く頃から収穫できる極早生品種と、5月連休明け頃から収穫できる中早生品種の2種類。
 
 8月15日蒔きの秋冬作はポット育苗だが、10月3~5日蒔きの春キャベツは地床育苗にしている。理由は10月3~5日蒔きは無防備でも比較的よい苗が上がる(できる)からである。
 
 地床育苗だと鉢(土)が根につかないので、ソラマメ同様、今の時期でも太陽光線から日陰にするために、黒い寒冷紗を4~5日かぶせておく。



 
20071115224917.jpg

 果樹の収穫は農家であることの喜び。残りのユズとキーウイを今日一括収穫した。ユズは今日まであまり収穫はしておらず、キーウイは1ケースほどすでに収穫を終えているので、ユズは1本の木で2ケース、キーウイは2本の木で3ケース収穫できたことになる。

 単位面積あたりの収量は、ユズはキーウイより何倍も多い。

 ユズ・・・虫害が多い。
 キーウイ・・・雄木がいるし、棚が必要。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。