あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

うっすら初霜の予感

20071112193921.jpg

(今日の夕飯)
カブの柿なます・・・昨日の残り
味噌汁・・・朝の残り
エビ天・・・出荷の帰りに市販の惣菜を買った
サラダ・・・いつものパターンに生ハム2枚



20071112194020.jpg   20071112194044.jpg   20071112193956.jpg

 今週中の定植予定3種類。左から、ソラマメ、タマネギ、春キャベツ。



20071112194114.jpg

 ホウレンソウの現在。初霜が降りる頃(11月23日頃)から出荷できるように、第1回目の種蒔きは9月27~28日にしている。



20071112194144.jpg   20071112194209.jpg

 今年初めて蒔いた、下葉から順次かいで(もいで)いく、チマサンチュというレタス。長く収穫できるので気に入っている。赤葉と青葉がある。


 


20071112200249.jpg 20071112200357.jpg

 当集落の夕暮れ。左右とも同じ場所から写した。



20071112200314.jpg 20071112200227.jpg

 隣村では、今、ブドウ農家がだんだんと増えている。皆さん、自分と同年齢以上の高齢で始められている。100~300万ほどの初期投資が必要と思うが、そういう金額は右から左の人ばかりである。稲作の農具への投資に比べたら、コンバイン一台分ほどだから、はるかに安い。
 
 出荷できるようになるまでに・・・3年ほど。
 70才までに・・・10~13回ほどしか収穫できない。

 さすがに、30代、40代の人はいない。当地の人は、農業は定年5~7年前、あるいは定年後に始めるものと考えているようである。




20071112200431.jpg

 隣のダイコンに比べ、カブの葉はすでにボロボロ。しかしすでに中カブほどの大きさになっている。とにかく今年は「カブという形」になってくれたことがうれしい。播種時に農薬(オルトラン粒剤)を使っていなかったら、今年も壊滅していたかも知れない。




20071112200507.jpg
 
 大きくなってみると、混み合って見えるニンジンであるが、5~6割ほどしか成長(発芽)していない。
 
 マルミさんがうちのニンジンはおいしいと言って、時々、生でかじったりしている。砂地のニンジンのように、すらっと外観のよいのは少ないが、味は普通土質~粘土質の方がおいしいのかも知れない。他のニンジンと食べ比べするわけではないので、詳しくはわからないが、「赤土」のニンジンはとてもおいしかった。
 
 土質だけでなく、味は「肥料」で大きく変わってくると思う。窒素分の少ない米ぬか主体のメタン菌液肥に切り替えてから、味が随分よくなったと思う。
 
 一般に有機農業者は安全性にはこだわっても、味にこだわる余裕のない人が多い。一口に有機質肥料といっても、どんな肥料を使うかで大きく味が違ってくると思う。
 
 ほとんど「無肥料栽培」に近い農法の人もいるが、無肥料の野菜はどんな味がするのだろう。そして含まれる栄養素は・・・?。

多肥栽培
普通栽培
無肥料栽培

鶏糞主体の肥料
米ぬか主体の肥料
牛糞堆肥主体の肥料
その他肥料(ぼかし、堆肥)

栄養素は
日持ちは
味は
安全性は



20071112200545.jpg

 城山の紅葉がぼつぼつ始まった。モミジが少ないのか、当地の紅葉は黄色や土色が多く、それほどきれいでない。
 まだ紅葉見学に出かけていない。毎年この時期は、秋冬作の最後の天王山である「タマネギの植え付け」があって、出かける機会を毎年逸していたが、今は1200~1400本ほどに減少しているので、少し余裕がある。



ブログの更新


少なくとも半日は身体をよく動かす。
やっていて楽しいから続けている。しかし、苦痛も半分。
ブログのことを考えていると、他の雑念を忘れさせてくれる。
忙しすぎると書けない。
ブログを日々更新するには、農業新聞を読んだり、田んぼ訪問をさせてもらったりの自己啓発が必要になる。
日々の小さな努力目標(毎日更新)をブログが与えてくれている。
自分に最も適した言葉の表現手段はブログだと、ブログを始めてから思った。
夜だけでなく昼時に、納品書や送り状を書いたり、新聞を読んだりしながら、並行して30~60分ほど今日の更新を組み立てる。
ネタを翌日に繰り越さない。翌日の朝は空っぽにしておく。
画像はぶつぶつ独り言をいいながら(言葉を添えながら)写す。
40アールの田んぼを、暗記してもらえるくらい写しまくる。



  今日は風の強い1日だった。こんな日の翌朝に、うっすら、初霜が降りることがある。当地の初霜は毎年、勤労感謝の日前後であるが、それより1週間~10日ほど早く、初霜らしき状態の朝がある。
 気候の大変化で、それまで地球上に栄えていた恐竜が滅んだように、初霜の朝、春夏野菜の多くがフィナーレとなる。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

はじめまして。
ブログ応援サイトのファイブスタイルです。
ブログの記事、拝見させていただきました。

当ファイブスタイルでは、5つのスタイルの
カテゴリからブログをご紹介出来ればと考え、
担当者の私が1つずつ訪問しご紹介させて
いただいております。

是非、訪問していただければと思います。

詳しい説明はこちら⇒ 
http://www.fivestyle.biz/info/guidance

最後になりましたが、不快に思われた方、および
既にご案内を受けた方にはお詫び申し上げます。

ファイブスタイル
http://www.fivestyle.biz

  • 2007/11/14(水) 16:55:15 |
  • URL |
  • kitajima #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。