あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

野菜産地の今

20071020202751.jpg

 昨日、果樹の苗木を買った。ミカン2本、ハッサク1本、カキ2本、フェイジョア2本で合計7本。金額は7468円だった。今日も、ミカン3本を買い2994円だったので、合わせて1万円ほどの買い物になった。
 
 考えてみたら、成り出すまでに3年かかるとすると、70才までに12回しか収穫できないことになる。
     


20071020203020.jpg   20071020203044.jpg   20071020203101.jpg

 先日、夕食をご馳走になった陶芸作家に、作ってなかった野菜を少し差し入れした。今日もKさんの料理をデジカメで撮りたかったが、それは、夕食をまた頂くことにつながるので、いくらなんでもそれはできないと思い1時間ほどでおじゃました。
 
 窯焚きもいよいよ大詰めである。昨日からまた1人応援に見えられたらしく、窯の近くで熟睡されていた。交代で徹夜で焚き続けてすでに10日が来るのだから、どの人の顔にもかなり疲れの色が見えた。
 
 左の画像は、少し早出しされた作品である。




20071020202831.jpg 20071020202930.jpg 20071020202953.jpg

 帰り道で、ハクサイとキャベツの大産地である牛窓町の野菜畑を撮った。こんな産地の一角で有機農業はちょっと無理。そんなことをしたら「害虫発生源」として、お隣の田んぼに迷惑がかかる。以前、北海道のリンゴ農家が、お隣の無農薬栽培のリンゴ農家を訴えたことがあったが、
 有機栽培の人は、隣の農薬散布が迷惑であり
 慣行農法の人は、隣の有機栽培が迷惑であり

 郷に入れば郷に従え・・・だろう。



20071020203120.jpg   20071020203137.jpg

 海沿いの畑は、なだらかな丘陵地帯である。おいしい魚、温暖な気候(日本のエーゲ海と呼ばれている)に恵まれて、牛窓町には長寿の方が多い。



 急に寒くなった。それも今日から突然に。だからストーブをつけた。何も用意しなくても、手の届く所にストーブがある。忙しくて、去年しまっていなかった。一昨年も・・・。


 
 限界集落・・・65才以上の高齢者が集落人口の50%を超え、共同体の維持が困難となった集落のこと。全国で2600ヶ所に上ると指摘されている。


 産学官の有識者でつくる中山間地域フォーラムは「限界集落等への支援施策のあり方を探る!」をテーマにパネルディスカッション・・・お年寄り(限界集落)にどんな支援があるだろうか。安らかな死(集落消滅)を迎えられるように、足しげく通って同じ時間を共有することくらい(集落消滅を見続けることくらい)だと思う。



 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。