あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ふら~っとドライブ

20071009220246.jpg   20071009220317.jpg   20071009220336.jpg

 久しく休んでいなかったので、ふら~っとまた、棚田見学に出かけた。吉井川水系を県北に向かって北上する。45分で、最初の棚田「田土」に到着する。雄大な田土の棚田を知ったのは、今年に入ってからである。


20071009220426.jpg   20071009220451.jpg

 デジカメで写しながら棚田を上がっていくと、どこからかニワトリの鳴き声がしたので、ちょっと見せてもらおうと思い、トリ小屋に近づくと、こんな動物がいた。ペットのヤギとイノシシだった。一見、ブタと思ったが、よく見たらイノシシだった。イノシシは猫くらいの大きさの時に檻にかかっていたのをもらい、5年ほどで、この大きさになった。小さい時は家の中で飼われていたらしい。



20071009220523.jpg   20071009220551.jpg   20071009220616.jpg

 1時間もおじゃまさせてもらってから、また棚田を上へ上へと車を走らせた。



20071009220641.jpg  

 今日の目的は、田土から15分ほどの集落のTさんを訪ねて、いつからまた炭焼きをされるのか、その時にはデジカメで撮らせて欲しいとお願いすることだった。初めてお伺いしてから、すでに7~8年が経過していて、その時に60代後半だったので、もう70代後半の方である。
 
 今年の農閑期には、Tさんの本格的な炭焼きをブログに載せたいと思った。このあたりで、本窯で炭焼きをされているのは、すでに数人しかいない。炭焼きの後継者は誰もいないのが現実である。


20071009220758.jpg   20071009220823.jpg

 次に訪れたのは奥塩田の棚田。ここの稲刈りはすでに終わっていた。この集落に来るには、いつも「大芦高原温泉雲海」のそばを通るが、一度は入ってみたいと思う。


20071009220852.jpg

 帰り道で毎回立ち寄るのが、この「上山」という棚田。「千枚田」があったと言われるが、現時点で8~9割ほどは、元の山に戻りつつあるように見える。



20071009220918.jpg   20071009220945.jpg

 今日は帰り道のコースをいつもと変更して、八塔寺川ダム経由で帰ることにした。その道すがら、風流な藁葺き屋根が見えたので、家人の了解をもらって写させてもらった。こんな藁葺き屋根はもうほとんど残っていない。



20071009221056.jpg   20071009221136.jpg   20071009221309.jpg

 コースを変えたのは、八塔寺のNさん方にちょっと立ち寄らせてもらおうと思ったからだった。左はNさんのホウレンソウ畑。まだ発芽はしていない。高畝にして、播種機を利用して4条蒔きにしている。乗用トラクタを利用して畝立てしていると思うが、自分はこんな畝立てが未だにできないし、播種機ももっていない。
 
 Nさん方へ行くには、幹線から山道へ入り、大きな池を二つ越える必要がある。サルビアの花が鮮やかで、金木犀の香りが漂っていた。いつも4匹の犬が迎えてくれる。つい最近、このうちの2頭が、小さなイノシシを仕留めたらしい。お手柄。



20071009221223.jpg   20071009221157.jpg   20071009221248.jpg

 この稲はいもち病にやられたらしい。キュウリの後作のモロッコインゲンは収穫末期であり、ピーマンはすでに収穫が終わっている。作付が広いのに、2人でよく収穫ができるものだと思う。
 
 32才の時に当地に入植して、今年で22年が来る。入植する前に大阪ですでに6年ほどの農業経験がある。30代半ばで脱サラという人が多いが、20代半ばでスタートしている。非農家出身で、農業だけで3人の子供さんを県外へ進学させた実力者である。




あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。