あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

秋なのに・・・

秋が来ても、雨が降らない

秋が来ても、涼しくならない

秋が来ても、彼岸花が数本しか見えない

秋が来ても、毎日30度を超えている

秋が来ても、汗びっしょりになる

「暑さ寒さも彼岸まで」なのに、毎晩暑くて寝苦しい



雨が降ってくれたら、身体が楽になるのに

雨が降ってくれたら、野菜が喜ぶのに

雨が降ってくれたら、毎日の水やりから開放されるのに



秋雨前線はどうしたのだろう

このまま9月に雨が降らなかったら秋冬野菜はどうなるのだろう

春夏野菜は半分投げ気味に、水は秋冬野菜にまわしている

 

こんな時、池の水を自分の田んぼがある方向に引かせてもらうと、田んぼのあぜ岸の細い水路を水が走る。その水をせき止めて、

ナスビやピーマンの畑にざぶざぶ入れたい

スイートバジルの畑にざぶざぶ入れたい

サトイモやオクラの畑にざぶざぶ入れたい

エンサイやツルムラサキ、青シソの畑にざぶざぶ入れたい



でも、それはできない。

10年ほど前、そのことでいろいろあったから・・・

そのことが井戸につながった・・・

そして、井戸のおかげで液肥にめぐりあえた・・・

すべてに伏線があり、すべて複合的な関係にある・・・



井戸の水をやればいいのだが、こんなに暑い日々が続くと、作物の上から少々散水したくらいでは効果が少ない。

そして、井戸の水は、ホースを持って、あっちへちょろちょろ、こっちへちょろちょろ移動する必要がある。そして毎夕2時間もそのことに時間が取られて、他の農作業ができない。



井戸の水は

エンジンポンプが必要であり

エンジンポンプにはガソリンが必要であり

エンジンポンプにはホースが必要であり

それにかかりっきりになる2時間の時間が必要になる。

それでも、水路から引き入れる水に比べたら、ほんの微々たる量。

 

野菜産地にある「畑潅」はこんな時、大いに助かると思う。

蛇口をひねれば水道のように水が出る。

その水道の先に穴の開いた畑潅チューブをつければ、水が畑全面に散水される仕組みである。

野菜産地のこのような畑潅設備は、10アールにつき、確か7~8千円ほど。

その年に使っても使わなくても7~8千円ほど。

たとえば、40アールの面積であれば、40アール×7千円=2万8千円を毎年払い続けることになる。

しかし、この金額は高くない。



自分の場合は、平成10年の9月に井戸を掘った。

井戸代・・・・・・276000円

井戸の小屋代・・・100000円(数年前の台風で吹き飛んだ)

合計で376000円。

今は平成19年。65才まで後10年現役を続けるとすると平成29年。

平成29年-平成10年=19年。

つまり井戸を19年利用することになる。1年あたりで割ると

376000円÷19年=2万円ほどになる。

畑潅の2万8千円より少し安く思えるが、エンジンポンプ、ホース、ガソリン代、2時間の手間代を考慮すると、どちらが安いかわからない。

 

稲にとって水は命だが、野菜にとっても命。

近くに川があれば、水をポンプアップできるかも知れない。しかし、池の水は野菜には使えないと思っておいた方がよい。野菜に使うには、池の水の管理人に了解を得る必要がある。稲作の人は池の水を利用するために水代を払っている。了解が得られれば、畑作の人も池の水代を払って利用できるだろう。



ここで自分が大きな誤解をしていたことがある。

それは、10アールの稲作に使う水より、10アールの畑作に使う水の方が多いという点に関してである。

一見、稲作の方がはるかに水を多く使っているように見える。稲作は、畦岸の細い水路から水を引き入れるが、引き入れた水をまた他の田んぼに回しているのであるから、水は使っていないことになる。そして、一度湛えた水は地の底に抜けていったりせずに、大部分はその状態を保つ。

野菜の場合は、1週間に1度、畦岸の細い水路から水を引き入れるだけであっても、他の田んぼに水をまわしたりしない。そして、引き入れた水は一晩で、畑の地の底に抜けていく。

つまり、稲作は水をたたえているが、畑作は水を使うというわけである。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。