あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

貧困襲来

 新聞に「貧困襲来(山吹書店刊)」という本の書評が載っていた。それによると、「五重の排除」が貧困を決定付けるらしい。

(1)教育課程(学校教育システム)→学歴がないと就職試験のチャンスもない。


(2)企業福祉(正規雇用システム)→正規雇用が少なくなっている。企業の雇用システムの変化。


(3)家族福祉(家族による支え合い)→家族それぞれが低収入。


(4)公的福祉(生活保護など)→住所不定では生活保護が受けられない。


(5)自分自身からの排除→そんな自分自身を否定。


 著者の湯浅誠さんによると、アパートを借りられないから、ネットカフェに割高の料金を払わざるを得ない。金がないゆえに、日々、金を使わないと生活が成立しない構造があると指摘する。


 
 これを田舎の現実から、自分なりに考えてみた。


(1)電話代、電気代は自給できない。


(2)ガス代、灯油代は薪で代用できるが、時間に換算するとかえって高くつく。


(3)上水道代は地域によっては、簡易水道(山水)が利用できる場合もある。下水道のない地域を選ぶ。


(4)国民年金、国民健康保険、これはネック。金額が過大。


(5)車両関係費、集落の冠婚葬祭費、これは必需品。


 都会のネットカフェ難民が、田舎で自給自足できるような選択が果たして可能だろうか。


 そして、実際にどちらが住みやすいだろうか。


(1)田舎へ行けば行くほど物価が高くなる。


(2)家は低家賃で、田畑は無料で貸してもらえるが、誰か仲介者がいないと貸してもらえない。素性のはっきりしない人には貸したがらない。


(3)米は作れない。田舎へ行っても、米は買う必要がある。


(4)野菜を作ろうとすれば、結局、3倍ほど高くついてしまう。


(5)野菜を作っても、収穫期になると、イノシシ、シカ、カラス、サルにやられてしまうだろう(奥地の場合)。


(6)野菜は少なくとも2ヶ月は待たないとできない。


(7)野菜はストックできない。すぐに腐る。


(8)バイトするにも遠い。


(9)田舎よりまだ都会の方が住みやすいと考えられないだろうか。


(10)貧困からの脱出は可能か・・・。


(11)反撃ののろしはどうやってあげたらいいのか・・・。


 
 農業資材の高騰、3項目 


(1)畜産用の配合飼料が高騰しているらしい。ここ半年ほどニワトリのエサは買っていないので、どのくらい高騰しているのかわからないが、コゴメがなくなったら、また買わざるを得ない。それでも、11月になればまた新しいコゴメをもらえるし、これからはサツマイモのくずもたくさん出る。

 
配合飼料の価格は、主原料のトウモロコシが、米国でガソリンに混ぜるバイオエタノールの原料として需要が高まっているため上昇。1年前に比べ約3割上昇しているらしい。


(2)今日、農業資材店にナタネカスと黒マルチを買いにいったら、ナタネカスは何と3割も上昇していた。いつも700円で買っていたのに、今日は900円だった。高くても買わざるをえない。メタン菌液肥の窒素分の補給には、ナタネカスしか思い浮かばないからである。ナタネカスは100%輸入物だから、今後、もっと高くなるかもしれない。でも、年間に5~6袋購入するだけなので、高くなっても、金額的には知れている。


(3)原油の値上がりと共に、黒マルチのようなポリの資材もかなり高騰している。黒マルチも買わずにすますことはできない。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。