あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

台風後の復旧作業

 昨日は出荷で農作業ができなかったので、今日が台風の後片付けである。まずピーマンとナスビから起こし始めた。今回の台風はあまり強くなかったのか、あるいは、台風の前にした、盆栽仕立ての剪定が功を奏したのか、ピーマンが4分の1ほどしか倒れていない。ピーマンはナスビに比べて「根張り」が浅く、倒れやすいのに被害が少ない。ナスビもあまり倒れていなかった。今回の台風ではナスビもピーマンも1本の被害もなく、持ち直してくれるだろう。11月10日頃まで成るはずだから、こんな時期にダウンしてもらったら困る。マラソンで言えば30キロ地点も来ていない。秋ナスが成り始めてからまだ3週間である。


 ピーマンもナスビも、太さ18ミリ、長さ1メートル20センチほどの市販のポール支柱を、1本か2本、地中に差し込んで、支えにしているだけである。ピーマンは太い枝とポール支柱を紐で結んでいるが、ナスビは結んでもいない。強風が吹くとすぐに倒れるような、こんな簡易な方法の方が台風にはかえってよい。早く倒れた方が傷みが少ない。実際は作物の根は強いので、少々の風では倒れない。ただし、この方法は、ナスビとピーマンを合わせて80本くらいまでの定植(ボクはナスビ44本、ピーマン22本)の場合である。それ以上の本数になるとやはり、起こす時にめんどうになる。


 キュウリの支柱は完全に横倒しになり、ニガウリの支柱は半分倒れかかっていた。キュウリは起こせないのがわかった。でも、茎葉は生きている。その瞬間に頭にひらめいたのは、起こさずに、続きは「地這いキュウリ」として成らそうと思ったことだった。横倒しになっているが、根の部分は掘り起こされてなかったので、それぞれの根元に少し盛り土をして鎮圧した。ニガウリは何とか元通りに起こすことができた。


 オクラは株元を踏んづけて、起こしていった。収穫は10月10日頃で終わるので、倒れかかったまま放置しておいてもよいと思ったが、倒れ方がひどくなかったので起こした。


 この5作物の復旧作業に2時間もかからなかった。2時間以内で復旧作業が終わるくらいの作付範囲に留めておくと、復旧作業があまり負担にならない。


 その後、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、レタスの定植苗の状況を見て周り、状態のよくないのは植え替えをした。


 ダイコンとカブはかなり害虫にやられている。農薬の散布量が明らかに少なかったようだ。面倒だが、午後から蒔き直しの決断をした。早めに昼食を取り、ホームセンターにダイコンとカブの種を買いに行った。2時半頃から蒔き始めて5時頃までかかった。


 ダイコンとカブの蒔き床は、他の作物の定植のために黒マルチを敷いて用意していた畝を使った。1列半ほど黒マルチをはがして、そこにダイコンとカブの種を蒔いた。黒マルチは農業現場から出る多大な産業廃棄物であるが、早々と、黒マルチをして準備しておいたから、それをダイコンとカブにまわすことができた。


 第1回めに蒔いた場所から、かなり離れた場所に2回目の蒔き直しをした。同じ場所に蒔き直しというのは、害虫が発生している場合はだめである。今日は9月19日だから、当地での最適期より5日ほど遅れたが、これくらいの遅れならまだ十分間に合う。しかし、9月25日ではもう遅すぎる。これでもう蒔き直しはできない。農薬は初回より気持ち多めにした。初回の量では全く効果がなかったから。


 今日はこれで家に帰った。ダイコンとカブの種蒔きはどうも疲れる。害虫のリスクが高いので、芽が出揃っても、その後2週間ほど経過してみないと、うまくいくかどうかわからない。


 でも今日は大仕事ができた。5作物の復旧と、定植苗の植え次、そして、ダイコンとカブの蒔き直し。全て、今日しかできない作業だった。明日はまた出荷でできないし、復旧も植え次も蒔き直しもこれ以上遅らせることはできない。


 


 

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/39-93c129f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。