あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

「アブラナ科四天王」がポイント

 ワンパック宅配は大きくは稼げない。小さくてもコンスタントに稼ぎ続けることである。そのためには、個人客でも業務用客でも、ファンになってもらうことである。


 野菜を作ることは「農業の前半の領域」であり、野菜を売ることが「農業の後半の領域」である。前半の領域である野菜を作ることに、あまりこだわらない方がいいと思う。こだわるのなら、後半の領域である野菜を売ることにこだわった方がよい。そして、野菜を売ることの方が、作ることより、はるかに難しい。理由は、作ることは自分1人の考え(判断)だが、売ることは、相手の考え(判断)をクリアする必要があるからである。クリアできないと買ってもらえない。自分の独善と偏見は、相手が生じた時に修正を迫られる。


 農作物をカネにしたいなら、前半のステージにあまりエネルギーを注がず、後半のステージにエネルギーを注ぐことである。時間的にも、「営業の電話、収穫、仕分け→送付」という一連の作業に、野菜を作ることと等量の時間がかかる。



 秋蒔きの種が届いた。

(タキイ種苗)
ダイコン・・・・・・・・・・・1575円
カブ・・・・・・・・・・・・・・1134円
ニンジン・・・・・・・・・・・1417円
タマネギ・・・・・・・・・・・3465円
ブロッコリー・・・・・・・・525円
キャベツ・・・・・・・・・・・2625円
レタス・・・・・・・・・・・・・524円
ハクサイ・・・・・・・・・・・1050円
シュンギク・・・・・・・・・・262円
ホウレンソウ・・・・・・・・1175円
エンドウ・・・・・・・・・・・・609円
スナップエンドウ・・・・・577円
グリンピース・・・・・・・・・640円
ツルナシインゲン・・・・・262円
ディル(ハーブ)・・・・・・・420円
チャービル(ハーブ)・・・840円
友の会割引1割・・・・・△1721円
差引振込金額・・・・・・・・15379円

(サカタのタネ)
ロケット・・・・・・・・・・・・・・2100円

合計で17000円ほどかかった。毎年これくらいかかる。種が高過ぎる。

 
 今日、農業資材店で、黒マルチ2本(3560円)と、育苗の土(1660円)を買った。合計で5220円。こんな資材も意外と高くつく。収穫ハサミや使い捨ての鎌もよく買う。
 土は、キャベツ、ブロッコリー、ハクサイ、ホウレンソウの4種類の育苗に使うが、クン炭(焼きすくも)を同量混ぜて、2倍に増量する。

 
 明日(8月14日)、キャベツとブロッコリーを連結ポットに蒔いて、秋冬作のスタートを切る。

 
 秋冬作はアブラナ科四天王(ハクサイ、キャベツ、ダイコン、カブ)さえ成功させれば、他の作物はまず失敗しない。

 
 ハクサイ250円、キャベツ150円、ダイコン2本250円、カブ200円、4種類合計で850円。秋冬ワンパックの3分の1はこれで決まり。


 他のアブラナ科野菜をごちゃごちゃ作らない。作っても箱に入るスペースがない。

 
 自分はブロッコリーを加えて5種類しか、アブラナ科野菜は作らない。


 秋冬のワンパックはこの他に、ネギ、シュンギク、ホウレンソウと、春夏作で作っているサトイモ、サツマイモ、ヤーコンで10種類。他に、レタス、ニンジンが入って12種類。他にハーブティ用ハーブが入って、合計で14~15種類。


 秋冬作は、アブラナ科四天王を成功させることに尽きる。


 しかし、秋のアブラナ科野菜には害虫が多い。自分にとっての最大の害虫はダイコンサルハムシ。


 今日、農業資材店に行った時にダイコンサルハムシに効く農薬のことを聞いたが、去年と同じことを言われた。

 
 去年、フォース粒剤3キロ(2380円)を9月12日に購入しているが、店員さんに聞いたら、使用法をみながら、この量で大体8アールほどに使うと言われる。


 去年、全く効果がなかったのは、使用量が少なすぎたのかも知れない。ただ、規定量を使うと、かなりの投入になる。


 まだ1ヶ月近くあるので、他の農業資材店でも、ダイコンサルハムシに効く農薬がないかどうか確認する必要がある。


 とにかく、この害虫を防除しなければ、今年も去年と同じことになる。


今日のニワトリ



20070813225707.jpg  20070813225721.jpg

 ボクがトリ小屋に入ると、まるで威嚇するように、コッケコッコーと鳴く。鳴く時は全身を使って声を出す。



20070813225744.jpg  20070813225808.jpg  20070813225827.jpg

 同じく、まるで強さを見せつけるように、交尾が頻繁になる。



20070813225855.jpg

 いじめられている3羽のメンドリが、元の群になかなか復帰できない。地べたに下りると、他のメンドリに突付かれる。32羽のクラスで3羽が徹底的にいじめられている。オンドリは傍観。先生である自分も、なすすべがない。とても残酷で凶暴なニワトリ社会。なぜ、こういうことが起きるのだろう。




20070813225917.jpg

 3羽がいつも抱え込んでいるので、夕方には忘れず集卵。




20070813225935.jpg

 この画像だと折れたケンがよくわかる。なお、メンドリには、このケンはない。



20070813225955.jpg

 今日のご馳走は一部腐敗したナンキンとニンジン。8月に入るとニンジンは腐敗が多くなるので出荷していない。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。