あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

農業の総括

 なんとか17年間続いてきた自分の農業の総括をしなければならないと思っている。農業を止めるための総括ではない。止めることはできない。ただの少しでも収入になる道は確保しておく必要がある。


 農業に定年はないが、出荷農業は、がんばれても65才くらいまでではなかろうか。自給農業なら、75~80才くらいでも、身体が動けばできる。


 出荷農業が65才くらいまでだと考えると、後10年ほどしかない。自分の場合はもう、今後の10年に新しい農業展開はありえない。今までやってきたワンパターンを繰り返すだけだろう。自分の農業はすでに「自分のレベルでは」完成域なのである。重複をおそれずに、今後2年ほどで、今までやってきた全てのことをブログで公開しようと思う。でも2年以上はできないと思う。それ以上続けると、ブログの訪問者さんに失礼な重複になる。


 大切なことは「期限付きでがんばる」ことだと思う。ブログを続かそうと思ったら、その時に脱皮する必要がある。数年後は、田んぼ訪問(他人の農業を書かせて頂く)一本にしぼるつもりである。週に2回を「田んぼ訪問の日」にあてて、ブログの更新頻度を週に2~3回にして続けるようになるだろう。
 今は週に1回を「田んぼ訪問の日」にあてている。


 
 
農業は1年のある特定の時期に、1回しか経験できない。もう1度経験しようと思えばまた12ヶ月待つ必要がある。その時に、

(1)天候が問題だったのか

(2)自分のやり方のどこが誤っていたのか

 よく把握しておく必要がある。これが把握できていないと、経験が翌年に生かされない。

(1)1回で学習すること

(2)1回で懲りること

(3)同じ誤りを何度も繰り返さないこと。
 
 自分の場合は1回で学習できず、3~4回同じ失敗を繰り返して、始めて懲りると言うパターンだった。1回で懲りずに同じ誤りをしつこいほど繰り返してしまった。こういうタイプは農業の進展がとても遅れる。
 
 性格的なことをのけても、農業で一通りのことを覚えるのは時間がかかる。3年、4年とかかってしまう。特にワンパック宅配の場合は、多種類なのでなおのことである。そして顧客を獲得するための営業活動も並行してする必要がある。


 多種類というのも性根が入らなかった原因であるかもしれない。たとえば、トマトとかピオーネの一作物だけだったら、それが失敗すれば全てパーになるから、どうしても集中せざるを得なくなり、その時の状態を丹念に記録に取ると言うことも当然考えられるが、自分の場合は、1種類失敗しても・・・他にたくさんと言う、甘い考えが常にあったのだと思う。スペシャリスト型の人が失敗しない原因はこういう所にあるのかも知れない。


 自分は特定作物のスペシャリストの道がどうもフィットせず、多種類作る方を選択したが、多種類作っても、十種競技みたいに、それぞれの作物のスペシャリストになる必要がある。1作物も失敗はできない。


 
 6月は1年中で最も忙しい月である。目先の農作業に追い立てられて、秋冬作のことまで頭がまわらないのが現実だが、8月のお盆過ぎから始まる秋冬作の第1弾の準備は今頃からする必要がある。自分の場合は、8月のお盆明けに、ニンジン、インゲンの種蒔き、レタス類の種蒔き、ディル、チャービルの種蒔き、秋ジャガイモの仮植(自給用)、ネギの定植等に、1枚の田んぼを早めに耕して準備しておく必要がある。後45日しかない。2週間おきに2~3回耕運する。


 
 一群から外れてしまった2羽のメンドリを手放そうと思う。ヒヨコからまだ1羽も死んでいないので残念であるが、群れの中に戻れそうな気配がない。1羽の方は、こうなってすでに何週間にもなるし、このまま怯えるままにしておくのもかわいそうである。
 
 1日の大半は巣箱の中にいるようだが、朝、エサやりに入ると、1度は地面に降りてくる。しかし夕方は降りてこない。今日、また様子をみようと、夕方にもコゴメを少しばら蒔いたが、画像の2羽は降りてこなかった。


20070628233853.jpg 20070628233917.jpg 20070628233940.jpg 


     


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/332-649819b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。