あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ダイコン

 ダイコンの種を蒔く時、今年も秋が来たんだなと思う農業者は多いのではなかろうか。ダイコンは、自分にとっても、特に思い入れが深い野菜である。


 ダイコンの種蒔きが近くなる頃、季節が変わり始めたことを感じる。たった2週間前の8月25日にはきびしい残暑が残り、、午後4時をまわらないと、ちょっと田んぼに出る気がしなかったのに、その2週間後の9月10日頃には、午後の時間帯もそれほど暑くない。昼食を食べてちょっと横になるとすぐに田んぼに出る。日の暮れるのもどんどん早くなって、ほんの少し前には7時頃まで農作業ができたのに、すでに7時は暗く、今は6時半頃までしか農作業ができない。


 農業をスタートしてからの16年間、、ダイコンは9月12日、9月13日、9月14日、9月15日の4日間のうちのいずれかの日に種を蒔いてきた。9月12日より早く種を蒔いたことはないし、9月15日より遅く蒔いたこともない(失敗して蒔き直したことは何回かある)。当地では、秋のダイコンを蒔く「絶好の日和」がこの4日間である。この4日間が雨にたたられたという記憶は1度もない。毎年運良く、この4日間のどの日かで蒔くことができている。ずらし蒔きをしたりはしない。ぴしゃっと1回だけ蒔けば、11月上旬には、小ぶりのダイコンを葉つきで出荷し始めて、2月には、土の中に横に寝かせたダイコンを掘り出して出荷する。ちょうど4ヶ月間出荷する。


 春のダイコンはすでに5年以上前から、作る事を止めている。出荷していた時期も長かったが、春のダイコンは食べたい気持ちがあまり起こらず、自分が食べる気持ちにならないものを顧客には送れないものである。春は煮て食べる季節ではないし、味噌汁には、新タマネギや春キャベツやエンドウの方がおいしいので、ダイコンをあまり使う気がしない。食べるとすれば、ダイコンおろしくらいである。それと、春のダイコンはすぐに「トウ立ち」を始めるので、収穫適期幅が、たった10日間ほどしかなく、作れなくなった。


 だから、ダイコンは1年に1回だけ、上記4日間の間に蒔く。でも今年はちょっと段取りがうまくいっていない。と言うのは、先週の9月6日の水曜日に、この時期としては珍しい「どしゃ降りの雨」があり、その後、曇天続きで、田んぼがよく乾いてくれない。でも、蒔けないこともないので、今年は9月14日の木曜日に蒔こうと思っている。明日の9月12日に蒔いてもよいが、害虫のことを考えると1日でも遅らせたい。しかし、9月16日の土曜日では、1~2日遅い気がする。明日からの天気予報と田んぼの乾き具合をみながら、いつ蒔くか、明日の朝、天気予報と田んぼを見てからまた考えよう。


 ダイコンとカブに関しては、失敗して「蒔きなおし」と言うのは、ちょっと考えられない。絶対に1回で成功させなければならないのである。なぜなら、


(1)種をまた大至急、ホームセンター等に買いに走らなければならない。通信販売では日数がかかる。予備の種を買っておくことなど、高いのでできない。


(2)これからまた、違う田んぼに畝立てしてなどという、悠長なことはできない。失敗することも考えて、2倍の畝立てをしておくということも、実際問題として、他の作物との関係もあるのでむずかしい。


(3)ダイコンもカブも3日目の朝には発芽するが、失敗かどうかは、あと3~4日待たなければ、はっきり確定できない。これは蒔きなおしする必要があると判断できるのは、種を蒔いてから1週間ほど過ぎてからである。蒔き直しの判断をした当日に種を買いに走り、他の作物予定地をダイコンの2度目の種蒔きに切り替え、もしくは、大至急他の田んぼに畝立てをしてという、めまぐるしい動きをしなければならない。


(4)そして、蒔き直しの場合は、後がないので、必ず農薬の助けを借りるようになる。それは必然的に多目の農薬になる。


(5)仮に、運良く、失敗を認識した当日に蒔き直しができたとしても、ダイコンの種蒔きの適期の日から1週間も遅れるということは、寒さに向かう秋は、収穫期が1ヶ月近く遅れてしまう。


 ダイコンの種蒔きの失敗は害虫による場合だけである。強い雨にたたかれての発芽不良は、種蒔き後、すくも(籾殻)か、焼きすくも(くん炭)をかけておけば容易に防げる。


 選びぬいた種蒔きの最適期に、どんぴしゃ1回で成功させるには、過去の経験を総動員しながらの、かなり緊張した1日になる。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/31-6129d0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。