あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

片腕のサウスポー

 歌の歌詞がなかなか覚えれない。あまり覚える気がないのと、あまり興味もないのだろう。そのなかで、一つだけよく口をついて出てくる歌がある。


人は誰も人生に夢破れ 人は誰も故郷を振り返る

帰っておいでよと 振り返っても

そこにはただ風が吹いているだけ


 「はしだのりひことシューベルツ」というグループの歌で「風」という題名である。歌はきちんと歌えず、順序も歌詞も定かでなく、このフレーズだけがいつも口をついて出てくる。もうずいぶん昔の歌だと思うが、いつも出足は「人は誰も人生に夢破れ・・・」である。


 サラリーマンという第一の人生に挫折したから、第2の人生を考えざるをえなくなった。普通に第一の人生が送れていたら、第二の人生など考えることもなかったと思う。


 今は、第一の人生に挫折してよかったなあと思う。結構充実した日々を送れているから。
 
 
 去年の夏、ブログに出会ってから、
無我夢中で続けてきたが、最近になって、これは、「自分がとてもがんばれる領域だなあ」と感じている。


 そうしたら、今日の新聞で高校生が同じようなことを言っていた。スポーツ欄に出ていた高校生であるが、その高校生は「片腕のサウスポー」としてソフトテニスの県春季高校選手権で、個人2位となったらしい。片腕で、左手にラケットを持ち、ラケットを持ったままの左手でボールを上げ、カットサーブで巧みに変化を付けて相手をほんろう。後衛として軽快に左右に動き回り、抜群のボディーバランスから強烈なストロークでポイントを奪った・・・。
 生まれた時から右腕はない。「みんなが思っているほど大変なことではないですよ」とさらりと話す。
 備前中1年でソフトテニス部に入り、すぐに魅力に取りつかれた。「それまではなにもスポーツはしていなかったが、競技を通じて、一生懸命頑張るということを知った」・・・。


 この高校生の話した言葉を読んで、自分も今、この高校生と同じような、頑張れる対象があるなと思った。試験などのように短期間頑張るのとはちょっと違って、「頑張りしろがあり、どこまで到達できるかみたいな対象」である。

 
 ひょっとして今の自分は、この高校生と同じような頭の中をしているかもしれないと思った。この高校生は18歳でこの思考レベルであり、自分は54歳になって始めて、頑張れる対象を見つけたような感じであるが。でも年齢は関係ない。時の過ぎるのを忘れて夢中になれる何かがあるのは、どんな他愛ないことでも、ありがたいことである。
 この高校生、新聞の画像は、とてもかっこよかった。


 野菜農家にとって、6月という月は1年で最も忙しいのではなかろうか。5月末のタマネギの一括収穫が終わると、サツマイモの順次定植(挿し木)、合間合間の草刈、ナンキン等の敷き藁、トマトやスイカの害獣防御、ナスビやピーマンの芽かぎ、ジャガイモの一括収穫、サトイモの土寄せ、敷き藁・・・。

 
 野菜だけでも忙しいのに、並行して、この時期に稲(田植え)をする人もいる。野菜と稲は、かなり違った能力を要求されると思うが、両方できる人もいる。


 たいていの農業者は、農業形態の中でも比較的自分に向いていそうな、ごく小さな一点に集中して、それを経済の柱にしていると思う。農業者はどんな農業形態でもできるのではなくて、逆に、好き嫌いや向き不向きのたくさん出てくる世界ではないだろうか。自分の場合はそうである。唯一、ワンパック宅配しかできそうにない。


 都会から田舎に来て、「稲を作る」と、地元の人から早く信用されると思う。野菜を作ることに比べて稲は、それだけ「重い」。野菜は遊び半分に作れても、稲は遊び半分では作れない。だから、定年帰農者は野菜は作っても、稲を始める人は少ない。小面積でも稲は、「手植え」、「手刈り」だとかなり時間がかかるし、脱穀をどうするかという問題もある。



午後7時15分のニワトリ。
 


20070604235930.jpg  20070605000001.jpg  20070605000033.jpg



20070605000110.jpg  20070605000143.jpg  20070605000206.jpg


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/304-ae5b3642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。