あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

今日の農作業

20070415202310.jpg

 今日、芽が出揃ったジャガイモの草取りをした。「草取り」というより「草削り」である。草は、生えてからよりも、土を定期的に動かして、草が根付かないようにした方が、手間がはるかに省ける。

 自分の場合は、ちょっと草が生えたくらいの時に、三角鍬で、畝上げをするような要領で、土を動かす。こうすれば、生えている草も削れるし、出かかった草も押さえることができる。



20070415202357.jpg

 ジャガイモの田んぼの隅に、昨日もらったナスビやピーマンの苗を置いている。夜間だけ簡易なポリをかぶせて寒さ避けをする。
 ずっと温室育ちだったので、日中は戸外の空気にあてて、葉を「こわらせる」。定植してしまうと、簡易なポリをかぶせることは、面積的に面倒なので、4~5日はこういう状態で管理する。こうすれば、葉も戸外の気候に慣れてくるし、4~5日のことで、夜間の冷え込みも徐々にゆるやかになる。4月20日を過ぎれば、夜間のポリの覆いもなくてすむ。



20070415202530.jpg   20070415202637.jpg

 トリ小屋の下の田んぼは、午後から多少日陰になるので、去年は、半日陰でも問題のないイタリアンパセリを植えていた。今年は、ヤーコンをこの田に植えた。ヤーコンは、過湿を嫌い、真夏の高温もよくないので、梅雨の長雨でも田んぼに水がたまらず、夏には午後から日陰になるこの田んぼに植えてみることにした。 
 すでに液肥を振り、ヌカも少々振ってある。今日、黒マルチをしてすぐに、ヤーコンの芽を100個ほど植えた。雨にたたかれるのを防ぐために、植え穴にクン炭(焼きすくも)を一掴みずつ置く。



20070415202716.jpg

 画像はスナックエンドウと、エンドウである。去年、オクラやツルムラサキを植えていた畝であり、畝幅は150センチあるが、1列を開けている。これくらい開けていないと、最盛期にはおごるし、風で倒れやすく、畝間に入れなくなる。
 エンドウ、スナックエンドウが終わる6月頭に、この支柱を利用して、キュウリの2回目とニガウリを定植する。



20070415202754.jpg

 春キャベツには、1月中下旬に、ヒヨドリ避けにネットをべた掛けしておく。その後、4月に入ると蝶が飛び出すので、蝶避けにもなる。秋冬作のキャベツにはネットは必要ないが、冬越しの春キャベツにはネットが不可欠である。10月3日頃に、極早生品種と中早生品種を蒔いて、11月15日頃に定植すると、4月5日頃から極早生品種が食べれて、それが終わる5月連休明け頃から中早生品種が6月上旬頃まで収穫できる。
 今は野菜が最も少ない時期なので、この春キャベツと、隣の早生タマネギの「そればっかり食」である。


 


20070415202941.jpg  20070415202840.jpg

 サツマイモは連作予定である。すでに、クン炭、ヌカ、メタン菌液肥を施し済みである。雨に1~2回あててから、黒マルチをする予定である。黒マルチは農業現場から出る多大な産業廃棄物であるが、黒マルチをすると、サツマイモのツルを挿し木する2ヶ月以上も前から、「準備万端」にして待つことができる。仕事の空いている時にすればよいので、仕事の段取りもよい。
 一般に、草の防除は、
(1)除草剤を使う。
(2)敷き藁(稲ワラ、麦ワラ)を使う。
(3)黒マルチを使う。
(4)草が生える前に三角鍬で、土を動かす。
(5)草が生えてから草を抜く、あるいは草を刈る。
(6)草との草生栽培をする。


 去年サツマイモを植えていた一番右の列の半列は、昨日、サトイモの種芋を植えた。去年よりサツマイモを少し減らす予定である。
 サツマイモの隣の黒マルチをしている2列は、去年はスイートバジルを植えていた。そのスイートバジルの畝の黒マルチを40センチ間隔ほどで破りながら、サトイモの種芋を伏せた。
 黒マルチは、1作が終わってもすぐに片付けずに、2作め、3作目に有効利用できる。



20070416001518.jpg


 今日はネギの種も蒔いた。竹2本が見える隣が空いていたので、ここをネギの育苗床にした。育苗といっても、普通に畝立てをした畝を利用して、そこに種をばら蒔いているだけである。ただ、育苗の時は、畝の表面を多少ていねいに水平にし、蒔いた後は、ジブ(フルイ)で振るった、細かい土をかぶせる。その後、クン炭(なければ籾殻)を振って、雨にたたかれないようにしてから、ジョロでたっぷり散水する。

 4月の種蒔きはこの後、4月25日前後に「ツルナシインゲン」を蒔いて完了。極早生のツルナシインゲンは53日で収穫できるので、6月20日頃にはもう収穫できる。





あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/251-401c8a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。