あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

肥料にカネを使わない

 今日は朝から液肥を担いだ。天秤棒を肩に渡して、タゴを担ぐのであるが、何年やっても、腰が入らず、へっぴり腰で、様にならない。なかなか農業が堂に入らず、お客さんのような農業である。


 1回につき8荷担ぐのが自分の限度である。担いで30メートルから50メートルほど歩く。液肥タンクは、道をはさんで、ちょうど田んぼの真ん中あたりにあるので、最も遠くへ担いでも、70メートルくらいである。歩く距離は短くても、かなり重い。1荷で35キロ(17キロ×2)ほど液肥を入れる。8荷だから、合計で280キロほど担ぐことになる。


 液肥を施したら、その日のうちに、あるいは2~3日うちにエンジンポンプで井戸水を散布して10倍ほどに薄める。水で薄めたら、あまり乾かないうちに黒マルチを張る。


 液肥の利用後はすぐに、ヌカ4、ナタネカス1くらいの割合でタンクに入れた後、井戸水をタンクがいっぱいになるまでポンプアップする。自分の場合は1回の利用で、液肥タンクの半分くらいまで使うので、ヌカを2袋とナタネカスを四分の1袋(5キロ)ほど、それぞれのタンクに補充する。


 タンクのまわりに生えている雑草も「天恵緑汁」を取り込む意味で適当にカマで刈ってタンクに入れる。これは効果があるのかないのかよくわからないがそうしている。あまり入れすぎると、1日、1回、混ぜる時に混ぜにくくなる。液肥を仕込んだ後、別に混ぜる必要もないらしいが、混ぜた方が液肥の出来上がりが早いようである。混ぜるのは竹の棒を利用するが、1日1回混ぜるのに3~4分の時間を要するだけである。混ぜる時に、仕込みの進み具合とか、においとか、ヌカが多すぎて混ぜにくいとか、ヌカが少なすぎて水っぽいとか、確認の意味もあって、1~2日に1回は混ぜるようにしている。どんな肥料作りでもそうだと思うが、肥料作りが楽しみにならないなら、その肥料はあなたにとって適切ではないような気がする。他の肥料(作り)を模索してみた方がよい。


 液肥を施したら、すぐ次を仕込んで、後は寝て待てばよいのである。堆肥のように失敗することはまずないし、仕込むのはごく簡単なので、施す時だけが、重労働である。堆肥の場合は作る時も施す時も両方とも重労働である。


 ボクは液肥が一番安上がりで、楽だと思っているが、これは人によりけりだから、何とも言えない。


 液肥は黒マルチとセットみたいな所がある。つまり、液肥は雨で流亡しやすいので、黒マルチをしておくと効果が長く保たれる。ボクはナスビやピーマンのような収穫の長い作物でも「追肥」はほとんどしない(黒マルチをはぐって施すのはとても面倒だから)が、肥料切れという症状はあまりない。肥料は液肥(150センチ幅で17メートルほどの畝に、2荷施すことを基準にしている)が9割を占める。残りの1割は焼きすくも(くん炭)である。


 トリ小屋の鶏糞は年に2回ほどしか持ち出さない。春先のジャガイモと、秋口のハクサイ、キャベツ、ダイコン、カブのアブラナ科四天王に使うと、量が知れているのでそれで終わる。


 肥料にはカネをかけないことが大切だと思う。肥料にカネをかけていたら採算などとれない。かといって、手間もかけない方がよい。肥料に関しては、実際に野菜に施した時に効果があり、自分の肉体にも負担にならないやりかたを、できるだけ早く見つけ出すことである。なんにおいてもそうですが、他人の最もよいやり方が、あなたにとっても、最もよいやり方であるということはまずありえない。


 

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/23-1a9cc572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。