あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

クン炭びより (4)

20070315200855.jpg   20070315200945.jpg   20070315201044.jpg



20070315201145.jpg   20070315201332.jpg   20070315201458.jpg



20070315201612.jpg   20070315201648.jpg   20070315201716.jpg



20070315201803.jpg   20070315201849.jpg   20070315201948.jpg



20070315202049.jpg   20070315202142.jpg   20070315202215.jpg




20070315202242.jpg   20070315202316.jpg   20070315202343.jpg


20070315202440.jpg   20070315202510.jpg   20070315202539.jpg



20070315202632.jpg   20070315202704.jpg   20070315202731.jpg



20070315202811.jpg

 3月1日に焼いた2回めの「クン炭」がアップできていなかったので、2週間遅れたが、今日アップします。クン炭は1年に、たった2回の農作業なので、1回目の画像と似ている場面も多いが、自分の記録として残しておきたかった。

 すくも(もみがら)を焼く光景が好きである。一昔前の田舎の風物詩だった。45年ほど前には、稲の苗代(なわしろ)にこのクン炭を大量に使っていた。

(1)保温目的

(2)発芽するまでに苗床が強い雨にたたかれるのを防止するため

(3)肥料分の補充(カリ肥料)


 2回目のクン炭は、1回目より1時間スタートが送れて11時頃から始めたが、終わった時間はあまり変わらなかった。変わらなかったというより、夕方4時頃には終わるように「すくもの量」を調整した。焼くすくもの量が多ければ、それだけ時間がかかる。2つ同時にスタートして同時に終わりそうになっても、もう一つの方に、すくもを足してやれば、時間を10~20分と遅らせることができるので、消火作業が重なることはない。


 クン炭を焼く煙突等は、ホームセンターに行けば「クン燃器」として1500円ほどで売っている。買わなくても、18リットル缶に、適当に空気穴を開けて、缶の中心部に煙突の空気穴を開けて煙突を置けば、それで焼ける。


 すくも(もみがら)が焼ける時間は、

(1)その日の天候状態により違うが、風のない、途中から雨が降ったりしない日を選ぶ。

(2)すくもの湿り具合によっても、焼き上がりの時間は異なる。

(3)焼くすくもの量によっても、焼き上がりの時間は異なる。


 近所に親戚の稲作農家がいて、稲を作ってくれるだけでもありがたいのに、小作料として食べ量の米をもらい、その上、すくもはいくらでももらえる。こんなありがたい状態はない。でも、もう73才なので、いつまで現役でがんばれるかわからない。
 
 稲を作ってもらえなくなったら、委託している70アールの田んぼの管理がまた自分にかかってくるが、それらの田んぼは湿地なので野菜には適さない。草が伸び放題になって隣まわりの田んぼの迷惑にならない程度に、年に2~3回は耕運する必要があるだろう。

 
すくもは、農協のライスセンターまでもらいに行く必要が出てくるだろう。これだけのクン炭を焼こうと思ったら、すくもを運ぶだけでも半日作業になる。


 今は、クン炭作りの風景など、田舎でもほとんど見なくなった。どうぞ、クン炭風景をお楽しみ下さい。


 
あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/219-993da46d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。