あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ジャガイモの植え付け

20070314200851.jpg   20070314200507.jpg   20070314200742.jpg

  春の農作業のスタートは「ジャガイモの植え付け」から始まります。

(1)午前中に、管理機でジャガイモ予定地の畝上げをしました。管理機(ミニトラクタ)の後ろについているのが「畝上器具」です。小さいですが、これで十分畝上げができます。

(2)昼から、ジャガイモを四つ切りにしました。L寸は四つ切り、M寸、S寸は三つまたは二つ切りにします。前日に切り、一晩、切り口を乾かした方がいいようです。

(3)25センチ間隔くらいに、畝の中央に置いていきます。




20070314202140.jpg  20070314202205.jpg

(1)置いたジャガイモの上からクン炭(焼きすくも)を振りました。

(2)手でジャガイモに土をかぶせた後、三角鍬で、また少し畝上げをしました。


以上でジャガイモの植え付けは完了です。自分の場合は

(1)品種はキタアカリ。早生品種であり、行きつけの店にこの品種をたくさん置いているから。

(2)種芋は16キロ購入。これくらいだと、収穫が1日で軽く終わる。

(3)早生品種は、梅雨入り前の6月12日頃に掘れるので、長梅雨の影響を受けない。

(4)植え付けから収穫まで、ジャガイモは3ヶ月かからないので、追肥では遅く、元肥で効かす。自分の場合は、元肥ゼロ(クン炭のみ少々)でスタートして、3月中にメタン菌液肥を、畝の肩に1~2回施して、施肥は完了。画像は、その時にまたアップします。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/218-282163fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。