あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ニワトリ三昧

20070310203326.jpg  20070310203301.jpg

 どちらも、オンドリが「コッケコッコー」と鳴いている時の画像です。結構、力んで鳴いているようです。右の画像はメンドリも鳴いています。メンドリはオンドリのような美声ではなくて、「コーコッコー」と、あまり響かない声で鳴きます。



20070310203227.jpg  20070310203204.jpg

 巣箱に入ってタマゴを産もうとしているニワトリの正面顔と横顔。


 

20070310203058.jpg  20070310203139.jpg

 メンドリの足とオンドリの足。足に違いがあるのがわかりますか。よく見ると、オンドリには、足のようなものが1本、余算についているのがわかります。この先のとがった「剣」のようなものは、多分、「闘鶏」の時に使うのだと思います。オンドリは口ばしと足で戦います。戦っている時の画像を撮るチャンスに出会うことはまずないですが、ニワトリを飼い出して十数年の間には、目の前で「闘鶏」を見たことは何度もあります。



20070310202857.jpg  20070310202830.jpg

 巣箱の上に上がっているニワトリ。ニワトリは高いところが好きかというと、そうでもありません。地べたで「砂浴び(土浴び)」のようなことも好きです。

 

20070310202953.jpg  20070310203017.jpg  20070310203403.jpg

 仲良く米くずを食べています。普通はエサ箱を置いていませんが、数日前に、たくさん、すくも(もみがら)を入れたので、食べやすいようにと、稲の苗箱をエサ箱がわりに入れたのですが、エサ箱は要らないと思います。

 真ん中の画像は朝陽を浴びている様子です。右の画像は、口ばしがきれいに撮れたのでアップしました。普通、メンドリもオンドリも生まれるとすぐに、口ばしが「デービーク」されます。デービークとは、口ばしの先の鋭い部分を落とすことです。「突付き」をするからですが、「青菜」が足りていれば、決して「突付き」はしません。生まれた時のままの「口ばし」こそ、ニワトリの命です。




20070310203511.jpg  20070310203602.jpg  20070310203530.jpg

 朝、エサを持ってトリ小屋に入る時は、注意しないと入り口の扉とブロックの間にニワトリの足を挟んでしまうくらい、メンドリはまぶれついてくるので、外に逃げ出さないように足で追い払いながら素早く入ります。オンドリは遠巻きにしていて、我先にということはありません。

 コゴメなどを、上からふりまくと、一心に拾い出して、その時は入り口の扉を全開にしても、食べ終わるまでは、外に飛び出すことはありません。でも、目を離すことはできません。

 メンドリと違ってオンドリは近寄ってくるということは、ほとんどないはずなのに、今回導入したオンドリの、羽が白っぽい方は近寄ってきます。ヒヨコ時代にスキンシップをよく取るようにした、ボクの作戦勝ちです。どちらも優しいオンドリで、前回までに導入したオンドリのように、飛び掛ってきたことはまだ1度もありません。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/214-073b428f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。