あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

春のスタートは遅らせろ

20070302172614.jpg      20070302172718.jpg

  トラクタで耕運しただけの、何も植わっていない田んぼをアップしても、何の意味もないが、3月、4月という時期は、野菜が1年中で最も少ない時期である。だから、野菜をアップしようにも、野菜がない。あるのは、エンドウ類、春キャベツ、タマネギくらいで、自分の場合は、個人客は少ないので、作付け量も少ない。ハーブ類の多くは、今、冬枯れの状態である。
 
 田んぼを耕運したのは、春夏作に備えてである。春の最初の農作業はジャガイモの植え付けから始まる。後は急ぎの農作業はない。春夏作はできるだけゆっくりスタートすることにしている。早くスタートをすればするだけ、農閑期が短くなる。ジャガイモをのけたら、自分のスタートは4月1日である。これより早く春夏作のスタートはかけない。スタートすると「電熱温床」をセットするので、簡易なトンネルポリの開閉や温度管理で、半日以上出れなくなる。だから3月にスタートをかけたくない。とても儲かるのなら、3月にスタートをかけてもよいが、はりきってがんばっても、たいしたカネになるわけでなし、あくせくしたくない。大体、ワンパックの場合は少なくとも8種類は揃わないと送りづらいので、特定の作物だけを早くスタートさせても、あまり意味がない。


 5月連休明けから出荷のスタートだから、その頃に8種類がそろえばよい。3月、4月と全く出荷がないのは、ほっとする2ヶ月である。自分の場合、農作業のほぼ半分は収穫出荷作業だから、出荷がなければ、その時間を他のことにまわせる。一般的な市場出荷の場合には、収穫出荷作業は、全農作業の何割くらいを占めるのだろうか・・・。


 たった33羽(メン30、オン2、導入時のおまけメン1)だが、3月は青菜に事欠く。草は4月にならないと伸びてこないし、冬越しの野菜は、2月末には、春夏作に備えてかたづけるので、ニワトリに与える青菜が少ない。でも「草場」のような場所を何箇所か残して、その草を与えている。


 今、食べている野菜は、ホウレンソウ キャベツ、ニンジン、ネギ、ダイコン、サトイモ、ブロッコリー、ジャガイモ。1年で最も野菜の少ない時期でも、食べ量くらいなら、これだけある。



20070302203456.jpg   20070302203530.jpg   20070302203600.jpg

  2月末に、1日1時間ほどずつ3日ほどかけて、山の斜面の草刈をした。ここはボクが子供の頃に葉タバコを作っていた畑であり、かなり急勾配である。別に目的があるわけではないが、農閑期のこの時期に草刈だけはしている。父や祖父が開墾した畑であるが、45年前、よくこんなところで葉タバコを作っていたと思う。日本全国には、こういう形で放棄された山の斜面の畑がいっぱいあると思う。



20070302210048.jpg   20070302210010.jpg

  山の斜面の畑の一番上から見下ろした池の画像である。45年前は、高い木や竹に邪魔されることなく池が見渡せたが、今はもう昔の景観はない。ここ50年ほどの間に、なぜこうも、山や田畑が見放されていったのだろう。農業が生活であり、農業が生きるすべてであり、山に抱かれて、田畑に育てられ、はぐくまれてきたが、資本主義というシステムは、農業を100種類の中の1種類の職業として位置づけ、他の99種類の職業と、金銭的な多寡で競わせた。そして農業は自給自足的な作物から換金作物へと移行せざるをえなくなった。その時から、農業は生活ではなく、ビジネスの一つとして位置づけられるようになった。
 
 農業は、技術が高尚な技能として評価されることもなく、他の職業に比べて、社会的な評価も低く、農業以外の職業に従事することが名誉や尊敬を受けることとなった。
 
 でも時代は今、根底から変わろうとしている。山や田畑や川や海をないがしろにしてきた代償を、これからの世代が背負わされようとしている。資本主義(企業や組織の論理)が、環境や個人の尊厳を、限りなく踏みにじってきたということを、人々は今、気づき始めている。


 出世とか名誉とか地位とか稼ぎなどから超越した自己を持ち、企業や資本の論理から逸脱して、ただ、大地の上で、土を耕し、土に触れて、土に抱かれて生きていこうとしている若い人を少しずつ見かけるようになった。それは従来の大規模、単一、専門作物、多額の投資ではなく、60~70年前まで見られた、「農業が生活」「自然の中で生きる」「多くを望まず多くを持たず」という生活である。


 そんな「小さな自給自足暮らし」のマニュアル作りができたらいいなと思う。いや作るつもりでいる。そういう生活をしている方を何人か知っているので、意思の疎通が図れれば、継続的に、徹底的にリポートしたい。


(春の農作業)
3月中旬・・・ジャガイモ植え付け
4月1日・・・レタス、ニンジン、コマツナ、チンゲンサイの種蒔き
4月2日・・・ナンキン、キュウリの種蒔き(ポット育苗)
4月7日・・・サツマイモ冷床(冷床でも5月末には苗が切れる)
4月15日・・・サトイモ、ヤーコンの植え付け、ネギの種蒔き
4月23日・・・ツルナシインゲンの種蒔き、ハヤトウリの植え付け
5月2日・・・エンサイ、ツルムラサキ、オクラの種蒔き
5月10日・・・トウガン、ニガウリの種蒔き
 ナスビ44本、ピーマン22本、スイカ7本、トマト18本に関しては、苗を買うか、苗をもらう。これくらいの本数なら、種からスタートすると、何倍も高くつくし、何倍も時間をとられる。


 春のモットーは、「スタートはできるだけ遅らせろ」。「あくせくして企業の論理に合わせるな」。「農閑期のない農業をするな」。「農業だけしていては何の展望も開けない」。「いくら忙しくても半農半XのXを磨け」。「カネは必要、でも農閑期は絶対に必要、2ヶ月は出荷を休め」。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/206-9e02fca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。