あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

備前市のKさんを訪問 (2)

20070218160836.jpg   20070218160800.jpg   20070218160736.jpg

 家のすぐ上に池がある。水量の豊かな池で、Kさんが来られてからこっち、日照りが続いても、池の水は枯れたことがないそうです。
 かなり急勾配な土手ですが、この土手の草刈はKさんがされていて、右の画像の池の下に、刈った土手草が重ねてあります。風雨にさらして、半年~1年後に、田んぼに堆肥として入れるそうです。池の手前の田んぼには麦が蒔かれていました。


20070218163211.jpg   20070218163328.jpg   20070218163353.jpg

  左の画像は、頼まれてKさんが管理しているブドウ畑、真ん中の画像は麦(上の画像とは品種の違う麦)、右の画像は、なめこ菌やしいたけ菌を打ちこんでいます。

 20070218170221.jpg  20070218180929.jpg  20070218170020.jpg

 左の画像は池の上からの画像で、真ん中の画像は池の下の道からの画像です。右の画像は冬越しのタカナです。今は野菜が少ない時期です。


 
 姫路から1時間もかからないという便利のよさ。海沿いの道を走るので、海が楽しめるし、海産物の購入や、海水浴、魚釣り、日生諸島に渡ることもできる。

 
 都会の人を対象に農業体験塾のようなイベントを企画してあげたら、とても喜ばれるのではと話した。20羽ほどのニワトリ、簡易方式の炭焼き、田植えや稲刈りの縁農、山菜などの野草、ハーブティ用ハーブ、多種類の野菜に多種類の果樹。こんな複合的な農業で、背景には美しいロケーションがある。何のお相手をしなくても、都会から来訪された人が、1人、周囲の山道を散策したり、田んぼや畑や果樹園の風景を楽しんだり、鳥小屋から飛び出したニワトリと、ひとしきりたわむれたりすれば、時の過ぎるのも忘れて3~4時間が過ぎていくだろう。そして、水汲みとか、薪での風呂焚きもとても喜ばれるだろう。七輪で炭をおこすのも楽しいし、その上でヤカンを沸騰させ、家のまわりで摘んだハーブをヤカンに入れて即席のハーブティやゆで卵も感動されるだろう。

 それらのことが、あまり時間や手間をかけずにできそうなセッティングがすでにできあがっているので、Kさん夫婦にその機運が高まれば、日帰り、もしくは、一泊二日の農業体験や農の風景を楽しむ会がいつでも企画できそうに思った。

 自宅周辺に豊かな農の空間を形づくられていることが、来訪者の癒しになっていると思う。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/193-573f5102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。