あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

畦草、田んぼの草

20070104172436.jpg   20070104172507.jpg   20070104172528.jpg

 年末から、田んぼの畦岸にタンポポの花が咲いている。「ひだまり」のような場所ではなく、寒風が通り過ぎる所なのに、暖冬のせいかもしれない。咲いているのはこのタンポポだけだから、この周辺に咲くような条件が整っていたのだろう。当地で畦岸にタンポポが満開になるのは4月の中旬過ぎです。無数のタンポポが咲きほこる畦岸はとてもきれいです。畦岸がきれいなのは4月中旬のタンポポの時期と9月中下旬の彼岸花の時期だけで、他の時期は、伸びなくてもよい草が勢いよく伸びて、草刈に追われます。


 
 畦草といっても、都会の人は「草」を見る機会もないと思います。草など、あなたの人生に全く関係ないし、草の名前など覚えることもないと思います。ボクも十数年も農業を続けていながら、草の名前をほとんど知らないのです。春の七草も言えないし、秋の七草も言えません。覚えようとする気もあまりありません。


 
 野菜と同じように、畦岸の草も春夏秋冬、変わっていきます。春夏雑草、秋冬雑草と分類した方が適切かも知れません。でもいちいち気にして見ているわけではないので、春夏雑草が秋冬雑草にいつ頃から変化するのかはっきりとは知りません。5月の草の伸びはまだぼつぼつといった程度ですが、5月末頃から、6月、7月、8月、9月上旬の3ヶ月半ほどは、草刈に追われます。この時期にはニワトリの青菜には全く事欠かないが、年が明けて1月、2月、3月の3ヶ月間はニワトリの青菜が少なくなります。ニワトリは32羽で、田んぼ面積は全部で4反(40アール)で、田んぼ枚数は18枚あり、畦岸もかなり多いが、それでも青菜が足らなくなります。秋冬雑草は春夏雑草と比較して、ほとんど伸びないし、例年なら豊富なハクサイ、キャベツの外葉やダイコン、カブの葉が今年はアブラナ科野菜の虫害のため、あまり与えることができません。


 
 畦岸の秋冬雑草はほとんど伸びないが、田んぼの中の秋冬雑草は結構よく伸びます。その理由は田んぼには野菜の「残り肥え」が豊富だからです。真ん中の画像は、その田んぼに今たくさん生えている雑草です。この雑草は群生するし、ニワトリに今与えている草のほとんどはこれなので、この草の名前くらいは知っておこうと思い、以前調べたことがあります。「ホトケノザ」という雑草です。1ヶ月ほど前にはレンゲ色をした花が満開でしたが、今は花は咲いていません。本には「日当たりの良い畝や畑に多い。全体に赤紫色を帯び、群生する。茎の上部につく葉は半円形で左右で茎を抱いている形を仏の座る場所に見立ててている。また約2センチほどの淡紅色の唇型の花が葉の上に立つようにして咲く姿も“仏”を連想させる。春の七草の本当のホトケノザであるコオニタビラコとは全くの別物で、食べてもまずい」と書かれていた。こんなにきれいな雑草も少ないので、ちょっと目立つ雑草です。この雑草と、多少はとれるハクサイやキャベツの外葉と、豊作のニンジンを葉つきで毎日3~4本与えています。だから画像のような、とてもきれいな羽色をしています。羽色がきれいなのは、繊維質が十分に足りているからだと思います。たった32羽で、40アールも田んぼの面積があっても、3月末頃には青菜が足らなくなるくらい、ニワトリは青菜を好みます。


 
 あなたの人生にとって、畦草のことなど全くどうでもよいことです。実際、自分も若い時代の20年間ほど、畦草などどは無縁の世界で生きていました。関係なかったのです。でも農業を始めると、いやがおうでも目に付きます。畦草刈りをする必要があるし、畦草をニワトリに与えることも多いからです。50年ほど前までは、田んぼを耕すために、どこの家でも黒い使役牛を1頭飼っていたが、草食動物の牛には、どうしても田んぼの畦草だけでは足らなかったので、早朝から競争で「共有の土手草」などを鎌で刈っていたらしいです。時代が変われば変わったで、すでに誰も土手草などには見向きもしません。


 何ヶ月も何年も草を見ることもない人間とは、いったい何なんだろう。通勤や通学のいつも通る道で、ちょっと草を気にして探してみてください。草がありますか。どんな草ですか。どんな土から生えていますか。土はどんな色をしていますか。自分がいかに自然から隔絶した場所で生きているかわかると思います。でもやっぱりそんなことは、あなたの人生に関係ない・・・。



ブログランキング1位を目指して挑戦中!!! クリックお願いします!!!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terayama.blog57.fc2.com/tb.php/146-16add686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。