あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

サツマイモ、第1回目の挿し木

20070530211337.jpg

 今日(5月30日)夕方、第1回目のサツマイモの苗の挿し木をした。農業を始める前、サツマイモは「挿し木」ということを、はっきり認識していなかった。それくらい、農業とは縁遠い生活をしていた。だから、農業が新鮮だったと言えるかもしれない。

 植えてから、それぞれの品種の挿し木本数を数えたら、ムラサキ芋182本、ベニアズマ61本、オレンジ芋19本、高系14号8本、合計で270本だった。今年は後200本ほどしか植える予定はないので、第1回目で、半数以上を終わらすことができた。
 
 植えている最中に雨が降ってきたので、画像は明日アップします。挿し木をして終わりではなく、その上から黒い寒冷紗を1週間ほどかぶせておきます。挿し木苗は「根がない」ので、なんらかの「日除け」をすることは必須です。黒い寒冷紗のとどかない部分は、代わりに稲ワラを1週間かぶせておきます。

 温床でなく冷床でも、当地では5月末頃までに、第1回目の挿し木苗を切り取ることができます。なお、苗を切り取る前の3日間は、日中はポリを全開にして、葉を太陽光線にたっぷりあてて、「こわらせて」おきます。こうすることによって、挿し木苗がしゃんとします。夜間だけ、ポリをかぶせます。



20070530211510.jpg

 ムラサキ芋以外は発芽が遅かったという生育のばらつきも、第1回目を切り取ることによって、生育のばらつきが一定になります。たった14個の種芋でも、今日だけでムラサキ芋の苗は182本切り取れた。
 



20070530211414.jpg

 画像はキュウリの第2回目の苗と、イタリアンパセリの苗3ケースです。順番にやっと3ケース発芽した。最初の4ケースほどは失敗したが、市販の購入苗を少し定植していたのが、すでに出荷できるくらいの大きさになったので、しばらくはこれで対応します。
 
 イタリアンパセリの3ケースの内、一番大きな苗は、2~3日内に、5センチポットに「鉢上げ」する予定です。

 キュウリの苗が少ないように見えますが、キュウリは12~14本を1カ月おきに4回蒔いて定植するので、その合計本数では、ナスビの定植本数(44本)より多くなります。




20070530220910.jpg  20070530220941.jpg

 昨日の道中で見た、田植え後や、家庭菜園の害獣防御のための囲い。イノシシやシカなどの害獣は、山の落ち葉かきや、下草刈りなどの手入れをよくしていた時代には、里にまで進出せず、奥山にとどまっていた。

 「クド」がプロパンガスに変わってから、落ち葉かきや下草刈りが不必要になった。それ以降、山の生態系が変わってしまい、それまで生えていたきのこ類や、山ナスビや山ブドウなどの低木の果樹が、育たなくなった。そして、食べる物がなくなった害獣は、里へと進出を開始した。
 
 稲作や家庭菜園において、害獣の防御が必要になってくると、作物を作るという技術的な問題以前に、まず、どうやって害獣から作物を守るかということに、かなりのエネルギーを吸い取られてしまう。
 
 農業は、害獣一つ取り上げてみても、多くの人にとって、家庭菜園でさえ「ままならない」状態に追い込まれている。農業を希望する人は、現役帰農、定年帰農にかかわらず、この現実をよくよく考えて、農業に転身してください。
 


20070530221011.jpg  20070530221052.jpg

20070530221113.jpg  20070530221133.jpg  20070530221204.jpg

 これも昨日の道中、車を止めて写した。アザミの花の蜜を、夢中になって吸っていた大きな蝶。10センチほどに近づいても逃げなかった。15枚ほど撮ったが、その内5枚があまりぼやけずに取れていたのでアップした。

 
 今まで64MBのピクチャーカードを1枚しか持っていなかった。自分の田んぼだけ写すのであれば、64枚も取れれば十分なので予備のピクチャーカードは必要なかったが、田んぼ訪問で写させてもらうには、64枚では少なすぎる。行きがけに電機店で512MBというのを買ったら、206枚ほど写せる表示が出た。これだけあれば、蝶を15枚写しても足りる。昨日の田んぼ訪問で写した枚数は合計70枚だった。


 1年前の4月に、生まれて始めてカメラを購入。そのカメラがデジカメだった。「写真なんかとって、どうするんだろう」と、購入するまでは思っていたが、ブログの必要に迫られて毎日写すようになってから心境が変化した。伝達手段として、作文と画像は「両輪」であり、農業を伝えるには、「ブログ」は「本」よりかなり優れた媒体だと思う。


 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

スポンサーサイト
このページのトップへ

山村写真集(県境の村)


20070529214902.jpg

 忙しかったがブログを最優先して行って来た。やっぱりこの集落だった。この村には都市生活者を引き付ける何かがあるのだろう。Kさんですでに4人目である。
 この村にはすでに知己がいて、新聞を見てピンときたので電話を入れて確認すると、斜め前の家に入られたと聞いた。
 
 
 自分が、この村在住のKTさんを知ったのはもう7年ほど前のことである。誰かドラムカン炭焼きをしている人がいたら紹介してほしいと友人に頼んでおいたら、郵便配達さんが教えてくれたといって、KTさんを紹介してくれたのだった。
 
 KTさんは、ドラムカン竹炭の名手である。雑誌「現代農業」でもその竹炭が紹介された。KTさんが言われるには、

(1)竹炭でも、よい竹炭は金属音がする。

(2)電気が通る。

(3)竹は「切り時」に切っておいて、一定期間を置いて乾いてから焼く。

(4)5時間ほどで焼いた竹炭にいいのはできない。20時間ほどかけてじわじわと焼く。

(5)一時は良く売れたらしい。今はブームが過ぎて売れないと言われる。

(6)竹炭より竹酢液が評判になり、KTさんの竹酢液を使うとアトピーや水虫が治ると、口コミで広がったらしい。

(7)竹酢液は、炭焼き中のどの時間帯に取るかということと、「蒸留」がポイントとなるらしい。

 
 今は合併して備前市になったが、同じ備前市でも、我が家から車で3分ほどの集落もあれば、この集落のように1時間もかかる集落もある。
 
 KTさんを教えてくれたのは、八塔寺山の麓で、すでに22年間も平飼い養鶏を中心とした有機農業をしているNさんである。八塔寺からは10分ほどで県境を越えて兵庫県に入る。兵庫県に入ってすぐの佐用郡佐用町大日山にも、有機農業をしている友人がいたので、Nさん方に遊びに行った時は、たいてい県境を越えてその友人の家にも立ち寄らせてもらっていた。今日訪問させてもらった集落は、その道中にあり、県境から500メートルほど手前の集落である。
 
 KTさんを知る前は、今日訪ねたこの集落に誰も知己はいなかったが、この集落のそばを通って佐用町大日山に行く時はいつも、この集落のかもし出す「不思議な安堵感」を感じていた。詩集を出されたKさんも「周囲の雰囲気が気に入った」と、この村を選んだ理由を新聞に書かれている。




20070529214612.jpg  20070529214639.jpg  20070529214711.jpg

 1軒だけ、ワラ屋根の家が残っていた。しかし、現在は人が住まれていないらしい。

 この集落は全部で18軒ほどあるが、すでにその半分の9軒ほどが空き家になっているらしい。この家も空き家、あの家も空き家とKTさんが説明してくれるのを聞いて、まだどの家もそんなに古くはなく、十分住むことができるのにと思った。残りの9軒の内4軒は移住して来られた元都市生活者なので、元々のこの地の住人で、現在も住み続けている家は5軒しかないらしい。その5軒の住人もすでに年金生活者らしい。



20070529214824.jpg     20070529220755.jpg

 美しい集落である。すでに田植えが終わりかけていた。写真を撮ってブログに載せたいとお願いすると、3時間ほど、ゆっくり歩きながら集落を案内してくれた。


20070529214545.jpg

 イノシシやシカが荒らすので、家庭菜園でも、このような防御網で囲んでいる。イノシシよりシカの害が大きいと言われる。ラッキョやニンニク、ニラ、タマネギも食べると聞かされた。




20070529215133.jpg

 お願いして水源地も案内してもらった。途中、コンニャク芋らしい花が咲いていたので尋ねると、野生のコンニャク芋だと言われた。水源地のことも詳しく話してくれたのに、「理科の頭」ゼロの自分には、その説明が作文にできない。
 
 ここの集落には、井戸を掘っても水が出ないので、昔から井戸がないらしい。だから、岡山県下で2番目に上水道が引かれたらしい。もちろん、山水を利用する簡易水道も使える。下水道も整備されているらしい。つまり水洗便所である。上水道代、下水道代で月間5千円は下らないらしいので、自給自足のKさんには、年間6~8万円の余算の出費になるだろう。山水の簡易水道だけなら、ほとんど水代はかからないのに・・・。



20070529215201.jpg

 田植え後の田んぼには電柵が張られていた。この田んぼは、都会から、わざわざ稲作のためだけに来てされるらしい。



20070529215219.jpg

 KTさんは70前の方だと思うが、年齢を感じない若々しい方である。パンフレットに「哲っちゃんの竹炭」と名打っていた。

 今日はずっとKTさんに案内してもらい、いろんな話を聞かせてもらったので、Kさんに話を伺う時間がなかった。「おきなぐさ」だけ売ってもらった。




あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

詩集

 先週の金曜日の山陽新聞に、詩集を出されたKさん(37歳)という方が、顔写真と共に大きく紹介されていた。遠くないので、近いうちに訪問させてもらおうと思う。新聞によるとKさんは、

(1)27歳の時、結婚を機に職場を退職。「百姓こそ人間本来の姿」と悟り、岡山県美作市で自然に囲まれた生活をスタート。

(2)その後、赤穂市福浦でも暮らし、農業だけでなく、貝堀りと魚釣りも生業としてきた。

(3)今春、「周囲の雰囲気が気に入った」と、備前市内でも最も辺境な集落に引っ越して来られた。

 
晴耕雨読の生活でつづってきた詩がたまり、71編を選んで詩集を編むことにした。タイトルにも選んだ「おきなぐさ」は、大地に根を張る野草の力強さを語りかける。Kさんは、「自分の思っていること、考えていることを箇条書きにしていたら、詩のような形になった。大勢に読んでほしい」と話している。「おきなぐさ」は、120ページ、1500円。問い合わせは、近代文芸社、03-3942-0869

 
 新聞を読んでいたら、Kさんに関する、小さな物語が書きたくなった。Kさんは結婚退職後の10年間に、3度住所を変えられている。
 捜し求める「安住の地」に巡り合うのは、捜し求めることが目的であり、巡り合うことは難しいように思う。過ぎ去ってから「長く住んだ場所」が結果的に、本人にとっての安住の地ではなかろうか。


 生まれ育った都会を離れて、田舎へ移り住む人にとって、自分にぴったりの田舎に、最初からめぐり合えることは少ないと思う。Kさんのように何回か移住地を変更して、やっと自分の落ち着ける場所が見つかるのではなかろうか。
 
 
 自分の農業仲間にも、当地が2回目の入植地という方がだんだんおられるので、その土地の水や空気が、自分に合うかどうかは、やはり数年住んでみないとわからないのだろう。


 自分はもともとの田舎育ちであり、自分の住所地について、深く思いをめぐらしたことがない。故郷は好きな場所ではないが、嫌いな場所でもない。とにかくこの地は「動くことのできない場所」であり、ここを動くと、自分が自分でなくなる。


 7年暮らした大阪では、浮遊状態だった。いつも浮き草のような感じだった。仮の宿という意識がずっとあった。いつか近い内に、自分の生まれ故郷へ帰るだろうと思った。
 
 
 大阪の職場でも岡山の職場でも、サラリーマンの時もずっと浮遊状態だった。何回職場を変わっても、自分のいる場所ではないような気がした。職場に居場所が作れなくても、生まれ故郷の家という「絶対の居場所」があった。だから、住む場所については、自分は考えたことがない。思考の中断ではなく、これは自分の中での「絶対神」なんだと思う。
 
 都会から移り住んできて田舎の住所地を何回か変わっている人を見ると、早く「安住の地」が見つかればいいなと思う。安住の地を追い求めても、ある程度の年齢がくれば、もうその場所を動けなくなる。安住の地を追い求める余力がなくなる。仕方がない、もうこれくらいでと妥協点を探す。もう若くはないんだと悟らされた時、その地が、いやがおうにも「安住の地」と決まる。誰も皆、そのようにして決まるのではなかろうか。

 
 自分が親しく付き合っている人は、都会から田舎へ移り住まれた人であり、田舎から田舎へと移り住まれた人である。彼らから見たら、ボクの立場がものすごく恵まれているように見えるのだろうか。それとも彼らは、ボクのように、「土地に対して絶対神的なもの」を持たず、「心」を中心に考えているのかも知れない。
 
 
 自分の場合は、「心」より、「動かない土地」である。配偶者や子供や親や兄弟との別離はあっても、土地との別離はない。土地との別離が生じるのは、自分がこの世界から消滅する時である。つまり自分にとって、生まれ育った故郷の地こそが、自分の生きていく柱である。

 
 不確かな自分、職場に居場所が確保できなかった自分、それでも生きていかなければならない。そのためのよりどころは、「さまよえる心」ではなく「動くことのない土地」である。


 よりどころとするところは、人それぞれ違う。でも、自分が訪ねてみたいと思うのは、何回か田舎を移り住んで当地に来られた人である。その人たちに共感することが最も多いから。


 明日、訪ねてみようと思う。「農業を主体としない(農業に依存しない)田舎暮らし」を選択されているようだ。17年の農業経験から、農業を主体としない田舎暮らしの方が良いのではないかと思う。あくせく農業をしても、「100万にはなかなかならない世界」である。同じ100万を稼ぐなら、農業以外の稼ぎ方があるのではなかろうか。農業は、できれば「食べ量」くらいにとどめて置いた方がよい。

移住地での新しい出発。でも、あなたはまだ37歳。ボクが農業を始めた年である。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

ニワトリ、満2才の誕生日

20070527234357.jpg 20070527234421.jpg 20070527234523.jpg

(2年前の5月27日)
 大量殺戮の現場と化した鶏舎が静けさを取り戻した16日後の5月27日、新しい命「ヒヨコ」を迎え入れた。方々電話したが、どこも最低100羽単位であり、やっと、四国の南伊予という業者から送ってもらうことができた。自分の必要羽数はメス30羽、オス2羽であるが、2人の友人が、それぞれ6羽ほど飼いたいといってくれたので、合計注文羽数は44羽。おまけが1羽入っていた。27日の早朝、近くの西濃運輸から、ヒヨコが届いたとの連絡があった。今回の品種はボリスブラウンで、メス1羽250円、オス1羽50円である。到着した3日間は、コゴメ(米くず)だけ与える。もちろん、水は常時飲めるようにしておく。3日過ぎると、家から出る食べ残りなども少しずつ与える。1週間目頃から、レタスのような柔らかい青菜も与え始める。10日目頃からは何でも与える。ニワトリは雑食なので、たいてい何でも食べてくれる。

 3月や4月上旬にヒヨコを導入すると、夜が冷えるので加温してやる必要があるが、5月中旬以降だと、加温する必要もない。だから、一手間かけなくてもよいこの時期に導入するようにしている。ヒヨコの間は重なり合って寝るので、下になったヒヨコが圧死することもあるが、一群が40羽以内なら、そういう危険性もない。

 自分のトリ小屋は4坪半(9畳)なので、坪に8羽として計算しても36羽までしか入れられない。
(1)エサの自給ができる羽数(コゴメがもらえる量)
(2)毎日欠かさず青菜がやれる羽数
(3)ほとんど手間暇をかけずに飼える羽数
(4)1日の外泊が可能な羽数
等を考慮すると、自分には、メス30羽、オス2羽という羽数がベストである。4年間、もしくは5年間飼うつもりでいるが、この間に、何らかのアクシデントで死ぬニワトリは、長年の経験から5~6羽くらいと思うので、少なくとも25羽は最後まで生き残るだろう。

 ボクが小学校高学年の頃、集落から、牛、ニワトリ、豚などの家畜が、時を同じくして、怒涛のごとくいなくなった。昭和30年代末の高度成長が、それまでの牧歌的飼い方を駆逐したのだ。しかし、時代もまた大きなうねりをもって変わらざるを得ない時がくる。25年という歳月の空白期間を経て、ニワトリだけがまた我が家に戻ってきた。25年という歳月は、その家に住む人間も家族構成も変えてしまう歳月である。12才の子供は37才になっていた。そして、自分の人生の大きなターニングポイントは、まさに37才の時だった。

20070527234452.jpg  20070527234547.jpg  20070527234616.jpg



20070527234651.jpg  20070527234715.jpg

 今日5月27日は、ニワトリの満2才の誕生日だった。1羽のオンドリも新天地で元気である。だから全員揃って満2才を迎えることができた。




20070527234753.jpg  20070527234814.jpg

 今日、ウメを少し収穫した。小ウメ1本、大ウメ1本であるが、どちらもたくさん成っているので、1週間ほどかけて、ぼりぼりと収穫するつもりである。後日、梅漬けの工程もアップします。


20070527234854.jpg

 今日、中晩生種のタマネギを収穫した。中晩生種は1000個ほどしか植えていない。これくらいなら、朝1時間ほどかけて抜いて、午後から紐で結束、家の軒下につるすという一連の作業を1日で終わらすことができる。



20070527234920.jpg

 ガーデンレタスのトウ立ち。少々のトウ立ちなら出荷している。



20070527234953.jpg  20070527235017.jpg

 ネギの苗2種。左は種を蒔いて育苗。

 右は「やぐらネギ」もしくは「2階建てネギ」と言う。ネギの上にネギの子供ができるというユニークなネギ。この子供ネギを6月の梅雨入り前に、親ネギから切り離して定植しておけば、野菜の少ない10月頃から出荷できる。

 どちらが便利とも言えない。10月、11月はやぐらネギ、12月、1月、2月は育苗して定植したネギを出荷している。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

シリーズで送る・・・(2)

シリーズで送る、定年帰農、Iさんの美しすぎる菜園と花壇 


20070526194713.jpg  20070526194749.jpg  20070526194810.jpg

 前回の訪問から2週間が経過している。Iさん方は、いつ伺っても、家まわりがとてもきれいである。花木の配置が上手なのだと思う。花木にくわしいから、どこにどういう花や花木をセッティングしたらよいか、わかるのだろう。
 
 田舎なので、我が家にもかなり広い庭があり、いくらでも花や花木が植えれるスペースはあるが、農業を始めてからこっち、庭の様子にあまり変化がない。もらったりして植えるのはよく植えるが、雑然
としていて全然見栄えがしない。その状態が改善されていかない。好きなのにセンスがないと思う。
  


20070526194847.jpg

 玄関先の水槽にはメダカが泳いでいた。


20070526195019.jpg

 果樹や花木の挿し木が2~3ケースいつも置いてある。



20070526194940.jpg  

 害虫が多いからと、カリンに袋掛けがしてあった。しかし、強風でかなり飛ばされたらしい。
 


20070526195149.jpg

 ブルーベリーがたくさんの実をつけていた。



20070526194912.jpg

 コーヒーを頂いた台所には、たくさんの果実酒が置かれていた。家の外も家の中も、どうしてこんなにきれいに整うのだろう。自分が深夜、ブログをしている私室はとても乱雑で、ちょっと人には見られたくない。きちんとしているように見えるらしいのに、全然、部屋が片付かないし殺風景である。



20070526195124.jpg   20070526195055.jpg
 
 家の北側にある菜園も、整然と決まっている。広く取ってある真ん中の通路を歩けば、左右に多種多様の野菜が育っている。右の画像では、ゴボウと、エダマメ、ツル有りインゲンが前回見せてもらった時より、かなり大きくなっている。



20070526195443.jpg   20070526195512.jpg

 これは家からちょっと離れた所にある菜園で、左がアワで、右がキビである。どちらも食用にされるらしい。そういえば、自分がまだ子供の頃、確か「寒の餅」とか言って、キビ餅(アワ餅?)を搗いて、それを薄く切り「おへぎ」にして、火鉢だったか、練炭火鉢だったかで、焼いてパリパリにして食べていた記憶がある。田舎育ちで50代半ば以上の方なら「おへぎ」のことが記憶にありませんか。

 だから45年ほど前には、我が家でもキビかアワを作っていたのだと思う。どのようにして脱穀したのか、成長した姿がどのような草姿だったのかは、全く記憶にないが、キビ餅、「おへぎ」という言葉だけは鮮明に記憶に残っている。ちょっと黄色っぽい色だった。「寒の餅」という言葉が記憶に残っているくらいだから、1月か2月のことだったのだろう。「おへぎ」は薄く切って、ムシロに並べて屋根裏部屋(乾燥した葉タバコの葉よりをしていた部屋)に1枚1枚並べて干していた。

 Iさんは、米に入れて炊いて見ると言われる。その昔、雑穀を食べるのは貧乏人の象徴だったようだが、今は高級イメージである。


20070526200111.jpg

 ナンキンのツルがかなり伸びていた。自分の畑のナンキンよりかなり大きい。右は、ナンキンに敷くエンバク。春蒔きのエンバクは秋蒔きほど背が高くならない。ナンキンの隣には、すでに掘って食べ始めていると言われるジャガイモ。


 長時間の農作業はせずに、ちょこちょこ見回って、そのつど気付いた農作業を手際よく進めるのだろう。農作業を先手先手と進めて、草もまだ小さいうちに取ると、時間は短縮できる。農作業が後手後手になり、草も「土を動かして削る」ではなく「草を抜く」という状態になると、時間は2倍どころか4倍かかる。


 次回は、夏野菜の収穫が始まる、あるいは最盛期に入る7月上中旬に見せて頂こうと思う。菜園の様子が変化するのは、冬越しの野菜が終わる5月、春夏野菜が最盛期に入る7月、秋冬野菜の種蒔きや定植が一段落つく9月中下旬、秋冬野菜が成長点に達する11月下旬~12月上旬。

 


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

黒マルチを考える (3)

(2004年、春)

今年初めて、生分解性マルチ(地中の微生物が分解するマルチで、デンプンやトウモロコシを原料として作られている、土に戻るマルチのことを言う)を買った。0.02ミリ 150幅、200メートルで7400円也。通常の黒マルチはこのサイズが2000円ほどなので、何と3.7倍の価格である。
 
 廃棄処分料と、はがす手間を考えると、2倍くらいの価格差で収まるなら、すべて、土に戻るマルチに切り換えたいと思うが、3.7倍となると、ちょっと考えざるをえない。しかし、農業仲間が、土に戻るマルチを試用してみると言うので、自分もそうすることにした。有機農業者は、除草剤は使わない。かといって、敷き藁にすると、手間がかかり過ぎる。
 
 とりあえず、スイートバジルとサツマイモに使ってみた。マルチを敷く(土を覆う)段階では、生分解性マルチもポリマルチも、手間はほとんどいっしょだった。しかし、定植する段になると、生分解性マルチは、ていねいに破らないと破れが広がる。ポリマルチの方は少々乱雑に扱っても、破れは広がらない。その分ちょっと神経を使った。今後、どのような分解を始めて行くのか、少し楽しみでもある。説明書には、①展張後のフィルムは、天候、地温、水分、微生物の活動が原因となり、場所により分解速度が異なることがあります・・・。②一度開封したフィルムは開封後、生分解を始めますので使い切ってください・・・。と書いてあった。

自分のように、少量多品目、ごちゃごちゃ作りだと、200メートルを一度に使い切るというのは難しい。今回はスイートバジルに50メートルほど使い、サツマイモに80メートルほど使う予定なので、残りの70メートルほどは、新聞紙で二重に包み、冷暗所に秋まで置いて見ることにした。


 2月末には秋冬作を片づけて、春夏作の準備のために田んぼを耕す。その時、田んぼの黒マルチも片づけて、納屋に保管しておく。引き取り指定日に購入先へ持って行き、引き取り料(廃棄処分料)を支払う。黒マルチだけでなく、透明のポリや、ブルーシート(ワラなどの雨除けのテント)なども引き取ってもらったので、合計で4231円。引き取り単価は、キロ50円なので、約80キロあった計算になる。以前は、キロ35円だったので、廃棄処分料は年々上がっている。農の現場から出る大量の産業廃棄物を、自分は毎年、こんなに出し続けている。安全な農作物を作っているという表のキャッチフレーズとは逆に、裏では、環境を破壊する資材を大量に使い捨てにしているという矛盾・・・。

ハウスに使った後の、大量の廃ビニール(透光率が悪くなるので、通常1~2年で新品と交換する)。各種トンネルに使うビニールやポリ。除草目的や水分保持のために、作物を植える畝を覆う黒マルチ。保温や霜よけ、鳥除けに使う、べた掛けの、ごく薄い毛布のような資材。堆肥やワラ、農機具などの雨除けのブルーシート。農の現場から出続けている、これらの大量の産業廃棄物に対して、まだ何らの規制があるわけではない。声高に論じられることもない。安全な野菜を食べるために、農薬や化学肥料は直接関係してくるが、ビニールや黒マルチは直接には関係ない。しかし「有機認証」には、農薬、化学肥料、除草剤だけでなく、農業資材(ハウスのビニールや黒マルチ)の使用の有無を加える必要があると思う。


20070525215257.jpg   20070525215229.jpg   20070525215331.jpg

 5月21日に写した「野の花」の画像です。真ん中はクローバですが、左右の草花の名前は知りません。

 
 今日は早朝から強い雨だったので、出荷は見合わせた。野菜には久しぶりのいい雨である。雨でも、田んぼに行けば、することはいくらでもある。はたから見ると雨の日の農作業は大変に思うかもしれないが、やっている本人はそんなことはない。合羽を着て、結構楽しく農作業をしたり、田んぼを見回ったりする。

 
 スイートバジルの「植え次」をした。今年はネキリムシが多く、定植苗の3分の1ほどが被害にあった。雨天だから、水遣りをしなくてすむ。

 
 サツマイモのポリを開けて雨水にあてた。4月9日に種芋を伏せてから、初めての水遣りである。冷床(苗床)のサツマイモに水はいらないが、かなり葉が伸びたので水を与えることにした。


 生き物(ニワトリ)がいるので、雨でも1度は田んぼに行く必要がある。コゴメをやり、水を入れ替え、草も与える必要がある。雨だからといって、草をパスするわけにはいかない。逆に言えば、たった30羽だから、少しでも草を刈って与えることができる。羽数が多かったら、草など毎日はやれないと思う。大体、ケージ飼いのニワトリは草は全く食べていない。草を食べているニワトリの卵など、市場には0.01%も出回ってはいない。


 昨日定植したエンサイやオクラを見回った。オクラはまだ少し小さかったが、今日の雨を期待して植えた。雨脚が強かったので、どうかなと思ったが、根元が洗われているようなことはなかった。


 2日前に仕込んだメタン菌液肥を竹の棒で混ぜた。メタン菌液肥はタゴで担ぐので、施す時は結構重労働だが、仕込むのは、ヌカとナタネカスと水を補充するだけだから、10分もかからない。
(1)肥料にカネをかけない。
(2)肥料に手間をかけない。
(3)肥料作りが重労働では続かない。
(4)肥料を他所から持ち込まない。田んぼは鶏糞や牛糞の「ゴミ捨て場」ではない。市販の鶏糞類には、ケージの鶏に使ったいろんな抗生物質や化学薬品の混入が考えられる。


 セイジやタイムの花を摘んだ。花はすでに盛りを過ぎているし、花を長く咲かせておくと、株が弱る。もともと「葉」を出荷するのであり、花茎を摘めば、また新しい茎葉が伸びてくる。雨の日でも、こんな農作業はできる。


 少量多品種なので、5分、10分で終わる小刻みな農作業が数多くある。ここが大規模単作と大いに異なる点であり、一定の動作を長時間する必要がないので、身体のふしぶしが痛くなったり、飽きたりすることもなく、楽しく、次から次の農作業へ移れる。


 どちらかと言うと自閉的なので、週に1度は攻撃的に外に出かけたいと思う。雨の日より雨の翌日の方が、できる農作業が少ない。
 どんな田んぼでも、どんな家庭菜園でも、他人の田んぼを見せてもらうことはとても役に立つ。その人の人生や人生観が田んぼに現れている。


 ある人が送ってくれたミニコミを読んでいたら、イノシシの捕獲のことが出ていた。イノシシの密度が高い山間地で農業をすることは、本当に大変だと思う。自分のように電柵を張ったりする作業が特に苦手な者にとって、山間地での農業は無理である。たいていの人は、農業技術云々の前に、イノシシやシカとの攻防で疲れ果ててしまうのではなかろうか。山間地で農業をするには、害獣の入れないハウスで施設栽培をするか、害獣を捕まえたり、電柵設置等がそれほど負担にならない人でないと難しいと思う。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

黒マルチを考える (2)

(2003年、春) 

 価格が2倍くらいで収まり、本当にうないこんでもかまわない素材なら、「土に戻るマルチ」を、半分は、導入したいと思うようになった。今まで使用してきた黒マルチは、

(1)敷いた黒マルチをはがす手間。

(2)はがした黒マルチを、とりあえず、団子状態で田んぼのあぜなどに置いておくと、そのとりあえずが、5ヶ所~7ヶ所もできて、自然な場所なのに、不自然なものがいっぱい散らばっているという、美観の問題。

(3)団子状態の黒マルチを、一定量ずつきちんと紐でしばり、軽四に積んで産業廃棄物処理業者に持って行く(有料)ことの、一連の煩雑さ。

(4)最も自然に近い職業なのに、黒マルチというポリの産業廃棄物を多量に出しているという、多少の自責の念。

 
以上のことなど考慮して、今まで2千円で買っていたものが4千円ほどで買えるなら、「土に戻るマルチ」を選択したくなった。このことを○○さんに話すと、即座に、黒マルチを1回使っただけで、すぐに廃棄処分に出すのではなく、1年に3回、3年使えば9回使ったことになる。それくらい、ていねいに取り扱えば、十分もとは取れるし、環境に悪いといっても、1回で使い捨てにすることを考えれば、9分の1ですむと言われた。現に、ホウレンソウで年に3回同じマルチを使い、それを3年使われている。

一度使用済みのマルチをまた利用することは、多少伸びたり、一部破れたりしている箇所もあるし、はがす時に、ていねいにはがさないと、次回使いづらくなる。自分の場合、1度使用済みのマルチは、どうも、うまく張ることができない。マルチひとつとってみても、人それぞれに、かなりの個人差や考え方の相違がある。


20070524205444.jpg

 画像はハーブのセイジである。セイジは花がきれいなので、この時期は、花もサービス品として入れている。花を送るのは、この他に、ラベンダーとニゲラ(黒種草)の2種類である。どちらもドライフラワーとして楽しめる。特にニゲラは、花後の風船玉のようなものが、ドライフラワーとして有名である。ニゲラはこぼれ種で雑草のように生えてくるが、カモミールとそっくりなので、同じ場所に種を落とさせない方がよい。



20070524205511.jpg

 画像はコモンタイムである。タイムは、ハーブティ用にはレモンタイムを、料理用にはコモンタイムを出荷している。1ヶ月ほど前に株分けしたばかりなのに、早くも活着して花が咲いている。
 1株で20倍以上に株分けできるし、10ヶ月間ほど連続して収穫できる。
 
 個人客用のワンパックでも、タイムとミントの2種類だけでも作れば、10ヶ月間にわたって、ハーブティ用ハーブが送れる。

 ハーブティは麦茶パックで麦茶を作るのと同じである。やかんの湯が沸騰したら火を止め、2種類のハーブを一つまみずつ入れ、10分ほどできれいな草色がつくとできあがり。ハーブは取り出して捨てる。これからの時期は、麦茶がわりに冷やして飲む。



20070524205618.jpg

 青シソは、こぼれ種で生えたのをきちんとした場所に定植する。青シソは個人客に送るワンパックには必須である。青シソ→花シソ→穂シソと6月中旬~9月中旬の3ヶ月間送れる。見かけによらず、日持ちがする和製ハーブである。
 
 春夏作でも、秋冬作でも、葉物野菜は、収穫後はさっとジョロで打ち水をして日陰に置いておく。青シソの仕分けは目分量で、ごそっと新聞紙に包んで完了。市販されているような10枚が100円のような青シソとは格段に差をつけれる。


20070524205657.jpg 

 画像はレモンバーベナである。早くも、こんなに大きくなっている。40センチほどに伸びたら、下の20センチほどを残して、どんどん収穫する。収穫すればするほど、わき芽が伸びて、収穫量もそれだけ増える。しかし、このハーブは「木質化」するのに、見かけによらず、保存がきかない。顧客に届いた時、すでに黒ずんでいる場合があるようである。だから、送るのは少量ずつにしている。レモンの香りの特に強いハーブで、ハーブティにするとおいしい。
 このハーブは、種はないので、最初は市販の苗を買うしかない。増やすのは株分けか挿し木である。大量に増やす場合は挿し木である。

 
挿し木の方法

(1)種蒔きで発芽に失敗した鉢(5センチポット)に挿し木をしている。

(2)5月中旬~6月中旬が挿し木の適期である。

(3)今年伸びた新芽や新枝を朝方に取り、先っぽの弱々しい部分は切り捨てる。

(4)水分の蒸散を防ぐため、葉は、ハサミで半分ほど切り詰める。

(5)1ポットに3本ほど挿し木をする。1本成功してくれればよい。

(6)毎日1回は水遣りをし(根がないのだから)、2週間ほど、日陰で管理する。

(7)2~3週間で発根してくる(ポットの底を確認)ので、2~3日、太陽光線にたっぷりあてて、葉をしゃんとさせてから定植する。



20070524205743.jpg  20070524205822.jpg

 今日、オクラを100ポット、2箇所に分けて定植した。3回目を蒔きなおしているが、2回目のが何とか定植できた。例年より1週間遅れだけですんだ。畝幅150センチ、株間20~25センチほど、1箇所2~4本立ち。



20070524205849.jpg  20070524205910.jpg 

 エンサイも今日定植した。エンサイ、ツルムラサキ、オクラの中では、発芽はエンサイが最も簡単で早い。6月中下旬~11月上旬頃までの、ホウレンソウができない期間に、ホウレンソウ代わりになる優れものである。おひたしだけでなく炒め物にもよい。家庭菜園ではあまり見かけない。多分、この重宝な葉野菜を知らないのだと思う。 


20070524205946.jpg

 ナスビとピーマンが、植えたときの状態から、あまり進展していない。雨が降らないことと、肥料の液肥が未熟だったかも知れない。4月は液肥の利用が多いので、液肥利用の回転が速くなり、未熟でも使わざるをえない。4月はまだ温度が低いので、メタン菌があまり動かない。メタン菌が最も活発なのは35度の時である。
 ナスビやピーマンのような長丁場の作物でも、ほとんど追肥はしないが、状況を見て、マルチをはがして追肥する必要がありそうである。

  


20070524210030.jpg

 画像はヤーコンである。ヤーコンは毎年作付けが減って、今年は100株ほどである。夏の高温に弱いし、過湿にも、過乾燥にも弱い。収穫や選別にかなり手間がかかるので、1キロ、400円以上で売り抜く「営業力のある人」でないと、採算が悪い。
 
 


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

黒マルチを考える (1)

 ボクの画像には、しばしば黒色のポリで地表を覆っている画像が出てきます。これは黒マルチと呼ばれています。主な目的は、雑草を生えなくするためですが、他に15項目以上のメリットが黒マルチにはあると思っています。しかしこれは、農業現場から出る多大な産業廃棄物です。

 
 家庭菜園では、この黒マルチを利用している人は少ないようである。黒マルチは、慣れるまでは、うまく敷けないので、マルチ敷きは、かえって重労働と錯覚しているのかもしれない。そのかわり、しばしば「除草剤」という農薬を使っている。自分から見れば、除草剤を水で薄めて、散布機で何回も散布(効果は50日ほど)することの方が手間のように思うが、これは見解の相違かも知れない。

 草防止は、4つの点から考える必要がある。

(1)黒マルチをして、草防止をする。

(2)敷き藁(稲ワラ、麦ワラ)をして、草防止をする。

(3)除草剤(農薬)を使用して、草防止をする。

(4)こまめに草取りをする。

 その他、草との共生栽培(草生栽培)をしている、著名な有機農業家もおられるが、今の所、まねをしたいとは思わない。 


 除草剤がいつ頃から一般に利用されだしたのか、正確には知らないが、すでに35~40年くらいになると思う。稲作の場合、「田草とり」の厳しい労苦から「解放」されたのは、まさに除草剤のおかげである。

 
 黒マルチは、直接的には健康に被害を及ぼさない。廃棄処分に出すことによって、焼却場でダイオキシンを発生させ、間接的に被害を及ぼす。環境問題からは否定的に扱われようと、利用が止めれそうにない。むしろ、黒マルチ利用作物が増えている。黒マルチを利用していないのは、「ウリ科野菜」と「アブラナ科野菜」くらいである。ウリ科野菜は、地を這ってツルが伸びていくという野菜なので、ツルの巻きひげがつかまえるもの、たとえば、草とか藁が必要で、ナンキン、キュウリ、スイカ、トウガンは敷き藁を利用している。

 
 黒マルチのことをよく知らない都市生活者でも、新聞やテレビ等で、子供の農業体験の一環としての「サツマイモの苗植え」を見たことがありませんか。ちょっと注意してみれば、サツマイモの苗を植える場所は、ほとんど「黒マルチが敷いてある」ということに気づくでしょう。子供なら当然、

(1)なぜ黒マルチをするの・・・

(2)何か気味が悪い・・・

(3)自然なものではない、自然に還るものではない・・・

 と、直感的に感じると思う。元気で好奇心旺盛な子供なら、その理由を質問するだろう。付き添いの父兄や先生は、その疑問に的確に答える必要がある。それが、環境問題にも、農業問題にも深く関係しているのだということを。

(1)黒マルチをしないと、サツマイモが草に覆われて、芋が入らないことがある。

(2)2週間に1度、草取りをしに、サツマイモ畑に来てあげなければならない。

(3)黒マルチは、使用後、産業廃棄物処理場へまわり、ダイオキシン発生源となるということも。

 有機農業者の中には、この黒マルチを否定して、敷き藁(稲ワラ、麦わら)しか使わない人もいる。とても尊敬するが、今はまだ、見習えそうにない。敷き藁より、黒マルチを利用した方が、自分の身体にとても楽であり、多くのメリットがあるという現実を前にすると、自分は黒マルチを選択してしまう。

 
 黒マルチを選択するにしても、除草剤を選択するにしても、大同小異であり、まさに、農業をすること自体、「環境に負荷を与える」ことにつながる。


 肉体的にも精神的にも、農業は甘い職業ではないが、他に稼ぐ手段がない以上、続けていかざるをえない。その、ぎりぎりのところで、しっかりと現在の自分の農業をささえてくれるのは、まさに「黒マルチの恩恵」だと思う。他の人は、それを「化学肥料や農薬」と言うかも知れないし、「除草剤」と考える人もいるだろうし、その両方と考える人もいるだろう。農業者1人1人、千差万別である。他の農業者がどんな農法を選択しようと、自分はそれを否定する立場にはない。自分の場合も、否定されてもどうしようもないから。

 
 
自分は常々、環境に悪いものは、生産の段階(出口)で止めてしまわないと、いったん流通しだしてから、利用するのを止めようと、いくら声高に叫んでも無理だと思っていたが、黒マルチを多用するようになってからは、そんなことを思わなくなった。
 
 
 最近は、黒マルチを取り除かなくても、「土に戻るマルチ」が開発されているが、コストの面で、まだ一般的ではないようである。

 
 農業をスタートした頃、黒マルチに覚えた「違和感」や「不自然な感情」は今はない。変われば変わるものである。

 
 本当の意味での有機農業は、農薬、化学肥料、除草剤を使わないのはもちろんのこと、この黒マルチをやめて、昔ながらの敷き藁(稲ワラ、麦ワラ)を利用すべきと思う。そして、人糞、動物糞、野菜くず、台所から出る調理くず、食べ残し、合成洗剤を使っていない台所排水洗濯排水、風呂の排水等は、師である○○さんが考案されたようなバイオガス(メタンガス)発生装置に投入して、ガスを自給自足し、その廃液(とても重宝な有機質肥料)は田畑に戻していくことが、本来の環境保全型農業(循環型農業)だと思う。
 自分はそこまでできないから、肥料に関しては、その廃液を200リットルほどもらってきて、ヌカ4(もしくは5)に対してなたねかす1の割合(ヌカ2袋、ナタネカス5キロほど)で500リットル容器に投入して、水をタンク一杯になるまで投入し、1日1回混ぜる。タンク半分使ったら、ヌカとナタネカスをまた補充して、それを繰り返している。


20070523221543.jpg

 ナンキンは黒マルチでなく、稲ワラを利用している。今日、稲ワラを敷いた。



20070523221728.jpg

 スイカには小さい草が密集して生えていたので、抜かずに、その上から黒マルチで覆い、黒マルチの上に稲ワラを敷いた。

 


20070523221626.jpg

 タマネギは黒マルチをして定植している。数日前に、残りの早生タマネギは一括収穫し、軒下につるした。



20070523221655.jpg

 中晩生タマネギを収穫する頃、カモミールも終わりに近づく。今年も中晩生品種には画像のように病気がきたが、例年に比べると、病気発生がかなり遅い。今週の土曜、日曜には一括収穫をする予定である。例年なら、今頃はタマネギから目をそらして通るくらい無残な状態になっている。



20070523221956.jpg

 ジャガイモの肥料が少し足らなかったかも知れない。6月12~13日頃のゴール地点に、ばてばてになりながら飛び込もうとしている。でも、病気も害虫の発生もまだ少ない。



20070523221423.jpg

 ジャガイモは「キタアカリ」という早生品種なので、梅雨入り前に堀りあげることができる。この品種は花があまり咲かないような気がする。画像はジャガイモの花である。



20070523221500.jpg

 ジャガイモの葉を食害する、ニジュウヤホシテントウという害虫。別名、テントウムシダマシとも呼ばれる。美しいテントウムシ(ナナホシテントウ)は益虫だが、画像の汚いテントウムシ(ニジュウヤホシテントウ)は害虫である。
 この害虫は、この時期のジャガイモにはまだそれほど目立たないが、7月中旬頃には、ナスビ(ジャガイモと同じナス科)にまぶれついて、7月下旬頃には、ナスビの葉も実もぼろぼろになる。だから茎を半分に切り戻し、葉は全部落として、8月の1ヶ月間休ませる。



20070523221810.jpg  20070523221845.jpg

 前年、スイートバジルを植えていた畝の黒マルチは春までそのままにしておいて、4月に、無肥料で、トマトとキュウリを植えておいた。それらがかなり大きくなってから、黒マルチの両サイドを取り除き、メタン菌液肥を施した。雨が降りそうにないので、井戸水をポンプアップしてホースで水遣りをした。



20070523221921.jpg

 これも前年、スイートバジルを植えていた場所である。春まで黒マルチはそのままにしておいて、4月中旬に、黒マルチの中央部分を株間30センチくらいで破りながら、サトイモを伏せておいた。そのサトイモの芽が出揃ったので、黒マルチを取り除き、肩に液肥を施して、潅水をかねて液肥を薄めた。
 左の列の半分は、もう一度黒マルチをして、明日エンサイを定植するつもりである。



20070523222048.jpg

 夕方の田んぼ



20070523222111.jpg

 ちょっとの間に、ミョウガがこんなに大きくなった。1ヵ月後の6月末には1メートルほどの背丈になり、薄暗い株元に、スーパーで売っているようなミョウガが顔をのぞけてくる。



20070523222130.jpg  20070523222148.jpg  20070523222210.jpg

 今日のニワトリ

 


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

形にするにはスピードがいる

 一つのことを形にするには、ある程度のスピードがいるように思う。


 ドラムカン炭焼きには、かなり時間を費やしたのに、結局、焼いた回数は4年間で十数回だった。炭焼きのいろんなイベントに出かけたり、多くの人の見学にも行かせてもらったのに、あまり役に立たなかった。方法論や手段ばっかりを追っかけるといった感じで、「とにかく何度も何度も焼く」ということができなかった。炭焼きの工程に不得意な何かがあったからである。


 ニワトリに関しては早かった。まだトリ小屋ができていない3月上旬にヒヨコを姫路まで買いに行き、家の軒下で買い始めた。トリ小屋ができたのは2ヵ月後の5月である。その時すでに、ハトくらいの大きさになっていた。しかし、記念すべき第1回目導入のニワトリは、その2週間後に、トリ小屋の地下から害獣(多分タヌキ)に侵入されて、一晩で全滅した。


 野菜の引き売りに出るのも早かった。とにかく、野菜をいくら作っても、売れなければ意味がないので、野菜ができ始めるとすぐに引き売りに出て、7月には数軒の「野菜会員」が獲得できた。


 今だから言えるが、資格試験も、期限を区切って、3年もしくは5年内に取れなければ、きっぱりあきらめる勇気が必要だと思う。だらだらと執着して長く続けると、周囲の家族にもかなりの負担になる。20代である資格試験をめざしてがんばっても、結局取れなければ、資格試験崩れの30代は悲劇が襲う。たとえよいことでも、だらだらと続けてはいけないと思う。すべて期限付きでやる必要があると思う。


 ブログも最初は何度もとらぶった。FC2ブログは3回目だったと思う。前の2回は書いたブログをインターネットで見ることができなかった。FC2はそれができたんだと思う。画面の指示に従って、ツバメの表紙を選んで、とにかく最後まで自分一人の力でブログを立ち上げる最終工程まで終わらせることができた。ただ、開始して1週間ほどで続かなくなった。3週間ほどのブランクの後、また始めることができた。
 書きたいことがあっても、ブログの操作方法がよくわからないという壁にぶつかった。スタートして2ヶ月間ほどは、得意、不得意にかかわらず難しいと思う。この間をどう乗り切れるかが、軌道にのるかどうかのポイントになると思う。


 形にするには、年齢もかなり係ってくる。52才になるまでは、農業形態の変更について、しょっちゅう考え続けていたのに、52才という年齢になるやいなや、もう、今までやってきたことを続けようと思った。変更できるんだったら、すでに今までに変更できている必要がある。それができなかったのだから、もう期限切れである。仮に新しい農業形態に変更できたとしても、それが何年続けれるだろう。それなら、慣れ親しんだ今までの形態を踏襲した方が、肉体的にも、精神的にも、経済的にもリスクが小さい。


 ハーブも職業別電話帳から電話営業を始めるのは早かった。とにかく、1本の電話を入れなければ何も始まらないと思った。電話営業しながら、どういったハーブをどれくらい使うのかを学習することができた。「ロケット(ルコラ)」を知ったのは、電話営業からである。名前だけは本で知っていたが、このハーブをそんなに大量に使うとは、電話営業を始めるまで知らなかった。


 ワンパックも形にするのは早かった。これは簡単だった。野菜の種類がそろわなければ、単価を下げればすむことだった。
 県外へ送るようになってからは、タマネギやサツマイモ等、ワンパックに必須と思える野菜が失敗した時は、友人からまわしてもらって(買って)入れた。


 渦中にいる時は、そのことしか目に入らないが、何年か経過すると、あれはもっと早く切り上げるべきだったなあと思うことが度々ある。遠慮や優柔不断は禁物だと思う。


 とにかく、「形にするスピードが遅い」のは「形にならない」と覚えておいた方がいいと思う。


 炭焼きなんかでも、1回教えてもらっただけで、他にイベント参加や見学など全くしなくても、その1回だけで要領をつかみ、後は自分で試行錯誤しながら進めれる人でないと、炭焼きは軌道にのらない。


 あまり多く見学していると、自分に迷いが生じたりして、意志が薄弱になる可能性もある。また、時間をかけすぎると、その間に、自分や周囲の状況が変化してしまい、形にできなくなってしまう。


 当人が形にしようとしていることが、当人にむいているかいないか、他人の方が的確に見える場合がある。一つのことに「長居」をしないで、ある一定の期間がんばってみて、それでだめだったら、次の形態を探すという回転を早くした方がよいと思う。

(1)期限付きでがんばる

(2)一つのことに執着しない(自分のこと)

(3)方法論や手段を何度考えても、いくら周辺を固めても、何年費やしても、形にすることはできない。とにかく1円でもカネにするとか、がんばれる「リズム」に1日でも早く入り込むことだと思う。

(4)それしかないように思えても、あきらめなければならないこともある。自分に絶望した時に、新しい何かの違った生き方(がんばりどころ)が見えてくるように思う(自分のこと)



 
20070522202125.jpg 20070522202156.jpg

 サツマイモの冷床の現在の様子である。ムラサキ芋は、今週末には第1回めの挿し木ができそうである。しかし、右の画像のように、ベニアズマ、オレンジ芋、高系14号は、芽の出が遅く、やっと芽が出揃った状態であり、第1回めの挿し木は6月上旬になりそうである。生育にこんなにアンバランスができるとは思わなかった。


20070522202348.jpg

 エンサイだけは5月9日に蒔いた第1回で成功してくれた。近日中に定植予定である。



20070522202423.jpg

 オクラは5月9日に蒔いた第2回目のが、何とか成功した。しかし苗の予備(植え次苗)がこれでは足らないので、第3回目をすでに蒔きなおしている。



20070522202458.jpg

 イタリアンパセリは、何度も何度も失敗して、やっと1ケースだけ芽が出た。これはもう少し大きくなってから、ポットに鉢上げする予定である。
 キュウリは4回ずらし蒔きをするが、第2回目を蒔いた。

 ツルムラサキは、今年はどうもうまくいかない。第3回目も失敗したかもしれない。明日第4回目を蒔くつもりである。これは自分の主要野菜なので、成功するまで蒔く必要がある。仕方がない。何度失敗したら気が済むのだろう。田んぼの中の懲りない面々の一人だと思う。
 


 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

叔母の家庭菜園

20070521203756.jpg   20070521203937.jpg

20070521204031.jpg   20070521203715.jpg

 義理の叔母(父の弟の配偶者)は、すでに80代の半ばで、一人暮らしをしているが、5坪(10畳)ほどのスペースで、自給用の野菜を作っている。この年代の人は、野菜を作ることが、身体にしみついているのだろう。年齢を感じさせない、見事な家庭菜園である。家庭菜園といっても、周囲は、駐車場、アパート、道路に面していて、土が見えるのは、この狭い一角だけであるが、家の前の道路を隔てた場所にある、このスペースで春夏秋冬の野菜を作っている。

 自分が手伝っているわけではなく、苗を持っていってあげるでもなく、叔母が自力ですべて作っている。車で10分ほどだから、たまには、苗くらい持っていってあげればいいのだが、その10分がはじき出せない。
 
 この5坪のほどの狭いスペースで、トマト10本、ナスビ5本、ピーマン2本、キュウリ5本、ネギ、レタス、インゲン、ダイコン、ニラ、その他、菊などの花も作っている。

 
先日、タマゴとタマネギとグリンピースを持っていったら、タマネギを見て、「早生のタマネギはあまり日持ちがするまあ」と言う。タマネギに早生と中晩生があることをよく知っている。グリンピースを見て、エンドウの終わり頃は、豆になるから、それを豆御飯に使うと言う。この言葉も農業のベテランだから出る言葉である。


20070521203633.jpg

 画像はナスビである。ナスビが5本もあったら、一人では到底食べきれない。駅前と言う交通の便利がいい場所にあるので、ちょくちょく人が訪ねて来てくれるらしく、来た人に持って帰ってもらうと言う。苗は、叔母の実家からもらったものらしい。叔母の実家は野菜どころ(野菜の産地)である。草押さえや水分の蒸発を防ぐために敷いている稲ワラは、多分、実家から持ってきてもらったのだろう。


20070521203537.jpg

 エンドウを片付けたばかりのようだった。
 肥料は何を使っているのか聞かなかったが、化学肥料と市販の堆肥類の2本立てだろう。


20070521203205.jpg

 キュウリが早くも成り始めている。多分、初期に簡易なポリを被せていたのだと思う。訪問した時に、洗濯竿にポリが干してあったから。



20070521203131.jpg

 画像はピーマンであるが、ピーマンは2本もあれば十分だと言うことを知っている。これは1~2回(1~2年)作ればすぐにわかることである。


20070521203333.jpg

 画像はコマツナである。



20070521203405.jpg

 画像はレタスである。レタスの苗はもらったのだろう。上の画像のコマツナと下の画像のダイコンとインゲンは種を蒔いている。
(1)種を蒔くもの
(2)種は蒔かずに、苗を買って(もらって)定植した方がいいものの、区別がきちんとわかっている。
 



20070521203447.jpg

 画像はダイコンとインゲンである。春のダイコンは、葉を食べるか、もしくはダイコンおろしで食べるか、味噌汁に入れるくらいで、煮物には使う気がしない
。自分も春ダイコンを何年も作っていた時期があったが、春のダイコンは使い道が少なくて、作るのを止めた。
 インゲンは4月23日頃に蒔いたのだろう。いつ蒔いたら最適期であるか、よくわかっている。


 5坪ほどの小さな家庭菜園でも、長年の経験の凝縮が、この田んぼに表現されている。80代の半ばになると、これくらいの農作業でも、結構負担になるのではと思ったりもするが、本人は作るのが楽しみであり、家に来られた人にあげるのが楽しみで作っているのだろう。


 狭くても作れるものを上手に作りまわしている。

ナンキン・サツマイモ・・・場所をとるツル性の物は作っていない。

ジャガイモ、サトイモ、ニンジン・・・根菜類は作っていない。

 つまり、ナンキン、サツマイモ、ジャガイモ、タマネギのような長期保存のできる野菜は実家等からもらって、それを保存し、サトイモやニンジンは、もらったものを土の中に埋め戻して保存している。だから、自分で作る春夏野菜は、上記の物だけで十分なのである。

ピーマン・・・6月中旬~11月中旬まで連続して収穫できる。

ナスビ・・・8月の1ヶ月を休むだけでピーマンと同じ期間、連続して収穫できる。

ネギ・・・ネギを切り戻して植えている。1年中収穫できる。

トマト・・・叔母はトマトが得意である。狭い場所だから、ナス科作物(トマト、ナスビ、ピーマン)の輪作などできなくて、連作になっているはずだが、病気もなく、よくできている。

 場所が場所だけに排水はよく、逆に乾けば、家のそばだから、ホースで水やりができる。

 
 4人家族でも4坪もあれば、野菜の7割近くが自給できると思う。つまり1人あたり1坪の面積があれば、7割が自給できる計算である。しかし、ナスビの苗を2本、ピーマンの苗を2本、キュウリの苗を2本買ってきて植えるという、たったこれだけのことでも、今の日本には大きな壁があるのだと思う。

(1)植える場所がない。もしくは遠く離れている。

(2)植えても、その後どう管理すればよいのか、全くもってわからない。

(3)肥料とか水のことも何のことかさっぱりわからない。そんなことは学校で習ったことがない。

(4)そんな面倒なことをしなくても、安いのだから買えばよい。

(5)料理にそんなに野菜を使わない。

(6)土は汚い。

 50才以下の人は、田舎でも都会でも、ほとんど誰も、農業のことを知らないのではなかろうか。親も全く教えていない。農業など生きるために必要のないことだから。
 
 自分も普通にサラリーマンをしていたら、ナスビ2本、ピーマン2本、キュウリ2本の、たったそれだけでも植えることはないだろうと思う。リストラされないために必死で、家庭菜園などと悠長なことは言っておれないような気がする。

 全くもって農業が白紙の現役世代の人たちに、農業をどう伝えていったらよいのだろう。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

軍手とカマは使い捨て

(2004年、1月の通信) 

 収穫作業や仕分作業などをしていると、しばしば、手に土(泥)がつく。そのつど、ジョロの水で洗い流し、ティッシュで拭く。タオルで拭けばいいのだろうが、ティッシュの方がきれいだし、習慣になっている。

 
 軍手は使い捨てにしている。もう4~5年前から、12足で190円(多分中国製か)の安い軍手が出回るようになってから、以前のように、こまめに洗っては、また使うということがなくなった。特に今の時期は、家のかど先にある、山の湧き水を引いた簡易水道の水で軍手を洗うと、手が切れるように冷たい。2~3足でひんぱんに洗えばそんなことはないのだろうが、自分の場合、10足以上たまってから、1度にたくさん洗うので、なおさらである。でも考えてみれば、冷たい思いをして、時間をかけて洗い、それを天日に乾してという一連の作業に30分かかったとして、12足で、たった190円の軍手を使い捨てにするのと、はたして経済的にどちらに軍配が上がるだろうか。

 
 カマも使い捨てにしている。1本900円足らずのカマを、年に3本ほど使い捨てにしている。去年の5月、敷き藁用のエンバクを手刈りしようと思い、切れ味のよいカマを買おうと思い、店に行ったら安売りしていたので、4本で1000円ほどのカマを買った。いざエンバクを刈り始めると、新品なのに、全く切れ味が悪くて、頭にきた。「安物買いのゼニ失い」とはこのことだと、自分に腹がたった。結局、ほとんど使わずに御用済みとなった。いくら安いと言っても、こんな切れ味の悪いカマなど、何の役にも立たないのに、なぜ作って売るんだろう。

 
 昔、自分がまだ子供の頃、稲刈りの前には、祖父が4~5本のカマを「砥石」で砥いでいたのを何度も目にしていたが、果たして現在、砥石で研ぐことに耐える、りっぱなカマなど、出回っているのだろうか。多分、業者は使い捨てを念頭に生産しているのではなかろうか。耐久性のある、切れ味のよいカマを生産して、それを何度も砥いで使われては、業者は困るのである。

 
 後日、だまされたと思うことにして、1本1600円ほどのカマを買ったら、とてもよく切れて、切れ味のよさが長続きしている。4本で1000円のカマは、見た感じ、とてもよく切れそうだったのに、全く切れず、1本1600円のカマは、果たしてこのカマで切れるだろうかと思えるくらい見栄えが悪かったのに・・・不思議である。結局、貧乏人は、安物を何回も買うハメになってゼニを失い、カネ持ちは、高いのを買って、それを長持ちさせる。「悪循環」は、いつの世にも、貧乏人だけにつきまとう。

 
 野菜を包む新聞紙は、定期的に新聞店にもらいに行って、新品を使っている。読んだ後の新聞紙は、多少ともよごれているだろうから、新品の新聞紙を使うことは、顧客に対する礼儀である。
 収穫する時の黄色の容器(コンテナ)も、容器の底には、そのつど、新品の新聞紙を使う。だから、出荷の日は新聞紙のゴミがかなり出る。

 
 6年ほど前から、家庭ゴミの焼却は禁止となり、町指定のゴミ袋を購入し、それにゴミを入れて、指定のゴミ置き場に持っていくようになった。家庭ゴミはすべてそうしているが、野菜の収穫時に出る
新聞紙(ジョロで野菜に打ち水をするので、水にぬれている)と、手を拭いたあとのティッシュは、使わない田んぼの一角で、竹や木を熱源にして燃やしている。


 使い捨ての軍手は、町指定のゴミ袋に入れて、ゴミ置き場に出す。使わなくなったカマは、10数本、納屋の一角に置いている。

 
 
環境問題から言えば、軍手を使い捨てにしたり、カマを使い捨てにする事は、また第三者(ゴミ焼却場の方たち)の手を煩わすことになる。加えて、水にぬれた、かなりの量の新聞紙を、定期的に焼却する作業も、環境に何らかの負荷を与えると思うと心苦しい。竹や木だけだったら、よい「カリ肥料」となるので、田畑に還元するが、新聞紙やティッシュを燃やした焼却灰は、肥料袋に入れて持ち帰り、家のそばの使わなくなった田んぼに入れる。

 
 台所のテーブルの上を拭く時、テーブル布巾を使うか、ティッシュにするか、迷うことがありませんか。ティッシュだったら、その後、町指定のゴミ袋に入れて、焼却場へと回る。布巾だったら、洗う時、水道代がかかるし、下水道が引かれていれば、下水道代もかかる。ティッシュを使うのと、布巾を使って上水道代と下水道代を支払うのと、どちらが経済的に得だろうか。環境面から言ったら、どちらに軍配が上がるだろうか。

(1)ぬれた手をティッシュで拭くか、タオルで拭くか


(2)よごれたテーブルをティッシュで拭くか、布巾で拭くか


(3)軍手を使い捨てにするか、こまめに洗って何回も使うか
 
 
あなただったら、どちらを選択されますか。今の世の中は、ゴミがたくさん出るような仕組みになっている。

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

肥料の変遷

20070519195424.jpg

 すでに5月19日なのに、この時期にしては夜が寒い。今、ストーブをつけている。夜間のこんな冷え込みは、夏野菜にはこたえる。何回も発芽に失敗しているのは「寒さ」が原因である。風も強いし、この1週間は荒れた天気が多かった。


 今日、少し液肥を担いだ。このところの雨で、土が湿っているので、液肥を施すには都合がよい。土が乾いている時は、根に直接触れると枯れることがある。
 肥料を施そうと思えば、この液肥を、いつでも簡単に施せるのがよい。液肥と出会えてから、肥料散布が楽しくなったし、野菜の味がかなりよくなったと思う。
 
 肥料に関しては、

(1)スタートの頃は、くそまじめに「堆肥」なるものを作っていた。当時まだ牛を飼っていた近所から牛糞をもらい、それと、落ち葉、土手草や山の下草、籾殻(すくも)を、サンドイッチ状にして、水を掛けながらよく踏み込みをする。1ヶ月後くらいに、それを切り返す(天地返しをする)・・・これは重労働。それでも3年ほどしたように思う。

(2)市販の鶏糞を買うこともあった。

(3)4年目頃から、町内の酪農家から、2トン車一杯7000円(現在は3000円)で、年に3回ほど買うようになった。

(4)9年目頃から、ニワトリを飼っている友人の鶏糞をもらいに行くようになった。

(5)13年目頃、現在の液肥を教えてもらい、液肥中心になった。



20070519195518.jpg

 ジャガイモの現在の様子である。ジャガイモの葉が茂って、通路の畝間が見えなくなると思っていたが、あまり葉が茂らない。これは液肥に原因がある。液肥はヌカが主体であり、菜種カスは、ヌカ5に対して1くらいしか入っていない。だから、窒素分が少なかったかも知れない。窒素分が少ないと、葉があまり茂らない。

 肥料の3要素

N(窒素)・・・・葉の養分・・・・・・・・→菜種カス、鶏糞

P(リン酸)・・・実をつける養分・・・→ヌカ

K(カリ)・・・・・根の養分・・・・・・・・→クン炭(焼きすくも)
 
 NとPが大切なようである。菜種カスは輸入物だろうから、多く使いたくない。
 6月に入ったら、ためし掘りを始めて、6月10~12日頃には全部を一括収穫する予定である。

ジャガイモ・3月中旬植え→6月上旬収穫、種芋代は16キロで約3500円

タマネギ・9月21日蒔き→11月中旬定植→5月末収穫、種代は3袋で約3500円


 
20070519195547.jpg

 夜が冷えるので、ナスビとピーマンがなかなか大きくならない。あまり手のかからない作物であるが、今日は「芽かぎ」をした。ナス科作物(ジャガイモ、ナスビ、ピーマン、トマト)は、ジャガイモを除いて、芽かぎ(わき芽を取る)をする必要がある。

 ナスビは44本、ピーマンは22本しか植えていない。野菜にはそれぞれ、「自分に適した本数」というものがある。早くその本数を体得することである。自分の場合は、最大の作付け量の時でも、ナスビは90本だった。今の倍である。90本と言う本数は自分にはとても多く感じた。


20070519195623.jpg

 スイートバジルは400本定植しているが、かなりの「植え次」をした。やたらと「ネキリムシ」が多い。この田んぼのバジルはそれほどでもないが、この上の田んぼのバジルは、ほぼ半数の植え次をした。こういう時のために、苗はかなり多く用意しておく必要がある。


20070519195713.jpg

 ニンジンに液肥を施した。春夏作のニンジンは、3月末に蒔いて、まだ太りが小さい6月20日頃から出荷を始めて7月末までの40日ほどで完了。8月に入ると、高温のために腐れが多くなるので、7月末で終わるようにしている。
 
 秋冬作のニンジンは、8月のお盆明けに蒔いて、11月~2月末の4ヶ月間収穫。だから作付面積も春夏作1に対して、秋冬作4の比率である。



20070519195358.jpg

 キュウリにも液肥を施した。夜間が冷えるので、なかなか大きくならない。夜間が「にだえる」ようになると、夜、昼、大きくなる。



20070519195741.jpg

 エンドウ類は病気が多い。画像はグリンピースであるが、込み合い過ぎて風通しが悪かったのか、早くも病気がきた。エンドウ類は、収穫できても、せいぜい1ヶ月である。ただ、5月はまだ野菜の種類が少ないので、エンドウ類は貴重である。

5月14日のワンパック

エンドウ       3単位×200円=600円
スナップエンドウ  3単位×200円=600円
ソラマメ       1単位×300円=300円
コマツナ       1単位×100円=100円
レタス類       3種類で      400円
キャベツ(病気がきている)        50円
タマネギ(葉つき)             350円
ハーブティ用ハーブ4種類      (サービス)
送料(120サイズの箱代込み)
     800円
合計                     3200円

5月18日のワンパック

エンドウ       3単位×200円=600円
スナップエンドウ  3単位×200円=600円
グリンピース    3単位×200円=600円
レタス         3種類で     300円
タマネギ                  300円
ハーブティ用ハーブ4種類      (サービス)
送料(120サイズの箱代込み)    800円
合計                    3200円

 自分の場合、下限2900円、上限3300円のワンパックにしている。平均3200円パックである。レタスやタマネギの葉が場所を取るので、120サイズでもぎちぎちである。
 通常、5月のパックは、
早生タマネギ、エンドウ、スナップエンドウ、グリンピース、ソラマメ、レタス、キャベツ、コマツナ、ニラ、ハーブのチャイブ(極細ネギ)、ハーブのルバーブ(ジャム専用)であるが、今年は上記出荷物以外はちょっと状態がよくない。

  

20070519195829.jpg   20070519195853.jpg

20070519195928.jpg   20070519200001.jpg 

 今日のニワトリ  


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

新聞記事

         岡山で農業しませんか

 新規就農者の確保へ岡山県は17日、大阪市内の新聞6社を訪れ、農業体験研修生募集の協力を呼び掛けた。6月2日には同市内のホテルで希望者対象の相談会を開く。
 県職員ら5人のキャンペーン隊が訪問。「近畿圏からの就農者は多い。農業に関心のある人はぜひ参加してほしい」と話した。
 研修生は、岡山県内で就農の意欲がある、農家出身でない55歳未満の人が対象。ブドウ、千両ナスなど、希望する専門農家に約1ヶ月間泊り込み、農作業や生活を体験する。体験後は、就農に向けた2年間の実務研修(月、約15万円支給)もできる。
 募集期間は6月1日~6月30日。問い合わせは、県農業経営課(086-226-7420)


 今日の新聞に上記の記事が載っていた。毎年、何十人かが、この制度を利用して、体験研修や、実務研修に入られるらしい。この記事を読んでどう思われますか。農業希望者にとって、とても有意義な支援制度と思われますか。それとも、また、だまされる人が増えると思われますか。


 今は農家の長男や次男でも農業をしない時代だが、こんなことまでして、農業希望者を募集する必要があるのだろうか。


 この制度には「1ヶ月間の泊り込みの体験研修」というのがあるから、自分がその農業をできると思うかできないと思うかは、その1ヶ月間で判断できるのではなかろうか。


 ただ、体験研修に入るには、その時点で、前職を止めておく必要があると思う。だから、体験研修の段階で向いていないと感じると、その後どうするかという問題が出てくる。


 自分の場合、突然、農業が頭にひらめいたのは、今から19年前の5月の連休のことだった。農家の跡取りなのに、農業が全く頭に浮かばなかったのは、当地が、いわゆる「野菜産地」ではなく、地域にも、農業で生活している人が、現役世代では皆無の状態だったからである。

 
 6集落で250軒ほどある農村地帯であるが、すでに19年前にそういう状態だった。だから、農業を始めるということは、社会的落伍者、もしくは脱落者のようなイメージもあった。自分が農業を始めて17年が過ぎたが、この間に現役世代で農業を始めた人は、たった1人だけである。


 250軒もある農村地帯で、自分以外では17年間に1人、この数字をあなたはどう思われますか。「それくらい、農業は食えない職業なんだ」と、この数字から思いませんか。


 17年前、けげんそうに、遠巻きに眺めていた集落の人も、今では、「ようやるなあ・・・」という言い方に変わってきている。しかし、農業収入では絶対に生活はできないということも、集落の人は良く知っていて、我が家が、配偶者の収入でまわっているというくらいは、ボクに面と向かって言うことはなくても、暗黙の了解みたいな感じで、集落の人は知っている。
 大体、ちょっと、田んぼを見れば、年配の田舎の人なら「どれくらい稼いでいるか」くらいはわかるだろう。


 ただ、今はサラリーマンは厳しい時代だから、農業をして、一代が通せるなら、農業をしたいと思っている現役世代の人は多いと思う。


 自分は前後の見境もなく、ただ、サラリーマンをこれ以上続けたくない・・・という理由で農業に転身した。それまで「ことわざ」くらい転職を繰り返していたので、何か独立してできる仕事はないかと、絶えず、頭の片隅においていたような気がする。リンゴの木の下で、ぼう~っとしていた時、落ちてきたリンゴを見て万有引力の法則を発見したニュートンのような・・・そんな形容がぴったりの、5月の連休でぼう~っとしていた時、ふと目に入った「農協便り」をぱらぱらとめくっていた時に、稲妻が頭を走った、唐突な「農業のひらめき」だった。


 30代の半ばというのは、第1の人生での「自分の位置」見たいなものが見えてくる年代だと思う。だから、この時期から第2の人生を歩み始める人もかなりいるのだろう。その時に、何らかのきっかけで「農業」をイメージしたなら、第1の人生での経験を総動員しながら、自分にできるだろうか、うまくいくだろうか、考え続けてみてください。1~2年くらいは、情報収集の期間(就農準備期間)を持った方が良いように思います。しかし、2年以上の準備期間を持つと逆に長すぎるように思います。少なくとも1年、長くて2年の準備期間だと思います。


 その農業形態が自分にできるかどうかは、何も体験研修までしなくても、その農業形態をしている人の圃場を見学させてもらって、1時間ほど田んぼの周りを歩きまわって考え続ければ、自分の適性、能力、興味、資本、健康、家族状況などから判断できると思います。


 自分の場合は
(1)ハウスで花栽培(農協便りに出ていた)
(2)農業改良普及所の所長に連れられて、先進農家を見学
(3)自分にはできそうにない
(4)でも、農業があきらめられない
(5)それからしばらくして、図書館で調べることを思いついた
(6)数十冊の農業関係の本を読んだ
(7)貯金が底をついていたので、とにかく1年間は現在の仕事を続けて貯蓄に励む必要があった。
(8)1年後、配偶者に定職が見つかったので、それが農業への転身の後押しとなった。
(9)配偶者が職場に慣れるまで、もう1年間待とうと思った。自分も同時に動いてはいけないような気がした。


 農業形態は20種類以上あると思うので、一つの農業形態は無理でも、他の農業形態ならできる可能性があります。この時に「情報」が必要になってくると思います。上記の新聞情報も一つの情報ですが、リンク集にある「日本有機農業研究会」も一つの大きな情報源です。


 どういう農業形態なら自分にできるか、どういう農業形態が自分に向いているかをよく見極める必要があると思います。

 
 上記のような補助金が出ても、「設備投資の必要な農業」は危険です。往々にして、補助金が出るような農業は、ハウス設備等に自己資金がかなりかかる、あるいは、その資金を借り入れるという場合も出てきそうです。補助金に返金の義務はなくても、借入金は返す必要があります。設備投資は自己資金内でとどめた方が良いように思います。


 1世代前、農業に夢を抱いて、日本各地の干拓地へ入植した人たちの現在はどうでしょうか・・・。


 「農業がしたい」のか、「田舎暮らしがしたい」のか、本当はどちらなのか、もっと考えて見ることも必要です。

 
 田舎暮らしがしたいのなら、「農業に依存しない田舎暮らし」も選択肢の一つと思います。


 農業を選択するにしても、従来の近代化路線や、従来の有機農業路線を歩むか、逆に、徹底した自給自足路線を歩むか、いろんな選択肢があるような気がします。


 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

普通の人の田んぼ

20070517204124.jpg   20070517204210.jpg

 今日は普通の人の田んぼを取材してきた。当人が、肥料に何を使おうが、農薬を使おうが、除草剤を使おうが、そんなことには重きを置かない。ただ平凡に、家庭菜園をしている・・・ごく普通の人の田んぼも、情報の一つとしてお届けしたい。どんな小さな、ささやかな家庭菜園でも、一つのドラマがあり、一つの物語がある。名付けて「おばさん田んぼ」もしくは「おじさん田んぼ」。こんな時、タマゴはいい手土産になる。

 
 農作業をしながら、今日は、何の更新をしようかなあと考えたり、思いをめぐらしていた時に、「道は近きにあり、かえって、それを遠きに求む」という、夏目漱石の「門」に出てくる有名な言葉を思い出し・・・(他に素養がないから、しばしば、この言葉だけ思い出す)、何も、農業、農業している人の田んぼだけが農業ではない。普通の人の田んぼにこそ、この国が代々やってきた農業の片鱗がうかがえると思った。

 
 今、農業が職業として成り立っている現役世代の人は、農業に対する特別の能力と技術が備わっている「特別な人」であり、そういう人の農業は、なかなか真似ができないので、紹介してもあまり役に立たない。しかし、一般的に取り上げられるのは、こういう「特別な人」であり、特別な人しか農業が職業として成り立たなくなっている。

 
 さっそく、今日お届けするのは、隣の集落の○○さんの田んぼです。いくら「おばさん田んぼ」「おじさん田んぼ」でも、やっぱり、日常から懇意にしている人でないと、ちょっと作文にはしづらい。そう思って、頭をめぐらしたら、地域に数軒しかなかった。

 
 ただ、今日の○○さんは、普通の「おじさん田んぼ」ではない。地域の誰もがしている農法とは極めて異なり、良い意味でも悪い意味でも特徴的である。つまり、誰も真似をしようとしない・・・。自分の親ぐらいの年代の、そういう人となぜ懇意なのかというと、○○さんは、隣集落にある金光教の教会の先生であり、我が家が代々、熱心な金光教の信者だったからである。ただ、自分は全く信心していない。親があまり宗教、宗教していたので、自分はもう結構。
 

 
 ○○さんは、すでに30年以上にわたって、完全無農薬、完全無化学肥料、ほとんど不耕起栽培をしている。農薬や化学肥料が全盛だった時代から、人とは違う方向を歩んでいる。「普通の人の田んぼ」をお届けするつもりが、「普通でない田んぼ」になってしまった。でも○○さんにとっては、ごく普通の家庭菜園です。

 
 自分がまだ農業の準備段階だった頃、「土と健康」という雑誌の存在を教えてくれて、「岡山、土と健康の会」の代表者を紹介してくれたのも○○さんだった。


20070517231202.jpg


 家の前のかどに、ダイコンが育っていた。こんな所にダイコンの芽が出るのは珍しいので、ここで大きくして、冬を越し、現在はたくさんの種を付けている。こういうたくましいダイコンの種を取って、秋にまた蒔かれるのだろう。

 

20070517211153.jpg

 手前から、ピーマン、キュウリ、ナスビ


 


20070517211239.jpg

ナスビ



20070517211312.jpg

トマト



20070517211346.jpg

スイカ、スイカの隣にハチクのタケノコがのぞいていた。



20070517211431.jpg

 サニーレタス




20070517211517.jpg   20070517211727.jpg   20070517212311.jpg

 ナンキン、こういう不耕起栽培のナンキンには病気がこない。

20070517211854.jpg

 ハヤトウリが4個植えてあった。それぞれ、隣にあるビワの木に登らせるらしい。ビワの木がたくさんあった。


20070517212050.jpg

 草と見間違うが、ニンジン


20070517220342.jpg

 ダイコン、時期的にダイコンは遅いので、ダイコンの葉を食べるのだと思う。ダイコンの隣にキャベツ。



20070517212228.jpg

 干瓢をくり抜いて作った、風流な道具入れ


20070517212357.jpg

 キュウリ




20070517215652.jpg

 エンドウ



20070517215729.jpg

 草の中のタマネギ



20070517215807.jpg

 草の中のソラマメ



20070517215928.jpg

 ダイコン。ダイコンの隣にヌカが振ってあった。隣に稲ワラを敷いているのはサツマイモ


 


20070517220037.jpg

 草の中で目立たないように育っているのに、葉に虫害の多いウリ。何ウリか聞かなかった。



20070517220128.jpg

 田んぼの畦にアザミが咲いていた。最近、この草花をあまり見かけない。環境の変化に弱いのかも知れない。ボクが子供の頃には、梅雨時分には、この枯れた花の中に芋虫のような虫がひそんでいるのがわかっていたので、その虫が川魚釣りの良いエサになった。蜂の巣、ミミズ、アザミの虫の3種類がエサだった。その頃には、家の門先に堆肥(牛の前だし)を重ね上げていた家が何軒もあった。だから子供は、どんな堆肥にミミズがいるか良く知っていた。



20070517220205.jpg

 雑草の中のジャガイモ。
1ヶ月間隔で、この野菜たちの推移をアップする予定です。「みんなに広めて」と言われました。





20070517230427.jpg

 最後の画像だけは自分の田んぼ。今日午前中に、ツルムラサキ3ケース、オクラ3ケースの再再度の蒔きなおしをした。何をやっているんだろう。これ以上の失敗はもうできない。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking


このページのトップへ

農業形態の変更について

 以下、2年前に書いた作文です。 

 
 去年は「農業形態の変更について」、ああでもない、こうでもないと自問自答していたのに、農業形態の変更は自分には難しいと結論づけるやいなや、今年はそれに替わってアルバイトを主体にして自給野菜だけを作った方がカネになるのではなかろうかと、時々考えたりする。15年間も農業を続けてきて、まだ経済的展望が開けていないとは情けない。でも考えてみると、この方にもすでに退路はなかった。アルバイトにも定年があるとすると60才まで後8年しか働けないことになる。細々とでも長く農業を続けて稼いだ方がアルバイトを主体にするより経済的に有利であるかも知れない。しかし、こういう考え方は自分がすでに50代に入って先がそんなに長くないから考えることであり、40代だとやはり目先の利益を追い求めて、カネになる方を選択せざるをえないのではなかろうか。

 
 出荷用はとりあえず中断して自給用だけ作るにしても、種代とか手間を考えると、自給用だけ作るのは逆に出費の方がかなり多くなってしまう。

 
 農業はたった1年でも離れると「勘」が鈍る。そして、経験年数が長くなればなるほど、最小の労力で最大の効果をあげることができるようになる。40代前半の元気盛りより、50代前半の今の方が種類もかなり多いのにまわしていけるのは、農作業の段取りのよさと、その場で判断できる反応の早さにあると思う。


 とにかく細々とでも、60才あるいは65才を超えてもいくばくかの収入になるだろうと思えることは独立自営業の一つの強みである。しかし、国民年金でもらえる金額は厚生年金をかなり下回るので、国民年金だけではライフラインの支出も賄えない。退職金もないし、農業をしていたのでは貯金などまず無理である。体力が衰えたら、ワンパック宅配という形だけではなく、貸し農園、観光農園、百姓塾のような形で稼ぐ道も摸索したいが、今現実にそれができていないのだから、年が行くとなおさら難しいだろう。

 
 農業はワンパターンや惰性に流されて日々を送れるほど甘い職業ではない。農業者は「農業からのリタイア」という現実といつも隣合わせである。技術的なこと、販路のこと、農業形態の変更等を日々頭に置いて精進しないと、いつ「農業の中断」に見舞われるかも知れない。

 
 現役世代に牧歌的な農業はない。微々たる金額を稼ぎ出すために、今自分にできる最大限のエネルギーを注がなければ1ヶ月、10万にもならない。四六時中、野菜やハーブや営業のことばかりを考えてきた。農休日らしい農休日など、取った記憶がない。多分、他の農業者も同じだろう。でもそういう状況を苦痛に思ったことはない。
 
 
 上司は永遠に上司であり続け、同僚や後輩に気兼ねし、過剰適応にしばしば迫られながら、組織の一員として40年間も同一の企業に勤め続けるというのは、やはり自分には不可能な生き方の一つだったと思える。確かに経済は人生の98%のウエートを占めると思うが、残りの2%が空虚であると、いつまでたっても満たされない。

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

ナスビについて


 最近は日が暮れるのが遅くなった。ということは、農作業時間が長くなることにつながる。でも夕方5時半頃には切り上げる。これ以上田んぼにいると、夜のブログにさしつかえる。夜遅くまでブログをやっているが、朝は6時半頃には目覚める。その反動が昼間に来る。昼食を食べて、メールやブログを15分ほど見て、そのまま横になると、目が覚めた時には2時を回っている。だから、昼寝で夜の睡眠時間を補っている。

 
昼間からブログはできない。たまにすることもあるが、たいていは夜間である。夜間が一番落ちつくし、いらいらせずに、時間をゆっくりかけることができる。

 
夜間の3時間ほどをブログにとられると、それまで夜間にしていた、ちょっとした雑用ができないので、多少は昼間の農作業に差し支える。でも、作付けは減らしてはいない。ここ5年ほど、作付け品目も作付面積も、ほぼ一定である。

 
 10年前の44才の時と現在とでは、作付面積はあまり変わらないが、作付け品目はかなり増えている。10年前からハーブを導入したわけだから、よりこまごまとした農業になり、手数が多く必要になっているが、逆に農作業時間は減っている。つまり、農業においては、「経験」という力は偉大なので、農作業の要領や、勘所がわかってきて、体力が落ちてきているにもかかわらず、より広い面積や、より品目数の多い作物が、より短時間でできるようになる。だから、農業においては、50代に入っても、何ら30代、40代の時と変わらない。

 
 ただし、展開できる農業規模には個人差がかなりある。自分の場合は、農業が頭にひらめいた時、すぐに現在の場所を想像した。そして、隣接する2反は多分「借地」できるだろうと思った。合計4反と言うのが、自分が想像した農業だった。物置や、トリ小屋、果樹などを植えている場所があるので、正味の作付けは3反余りである。面積の拡大は1度もイメージしたことはない。他の農業者は、同じような農業形態でも、1ヘクタール規模の人がいたりする。これは個人差というものだからどうしようもない。

 
 ニワトリもイメージできた羽数は40羽ほどだった。これも、300羽~1500羽ほど飼っている友人が何人もいるので、個人差が大きい。ゆっくりした農業をしているわけではなく、体力的にも、能力的にも、あまりゆとりのない農業をしている。
 自分の面積、自分の羽数の壁はなかなか越えれない。

 
 人と比較しても始まらない。早く「自分の得意な農作業だけで手が一杯」「3~4時間があっと言う間に過ぎていく」「田んぼにいる時間が楽しい」そんな農業形態にもっていくことである。副次的にそれがビジネスになれば儲け物であり、あまりビジネスラインに乗らなくても、「それが自分の農業」なら、それをやるしか仕方がない。それで生活が成り立たないなら、農業を続けることはできない。



 5月2日に蒔いたツルムラサキ、オクラ等の育苗に失敗して、5月9日に蒔きなおしたのに、その発芽がまたおかしい。明日もう1日様子を見て、5月17日に再再度の蒔きなおしになるかも知れない。こうなると、収穫の始まりが確実に2週間ほど遅れる。でも、自分の主要野菜なので、無しではすませれない。遅れても、とにかく成功させる必要がある。


 5月9日は冷床での育苗だったが、5月10日、5月11日、5月12日、5月13日の4日間の、発芽に最も高温が必要な時期に、昼夜とも低温だった。特に夜間はストーブをつけるような寒さだったのが、発芽不良の原因である。


 育苗さえうまくいけば、定植後は放っておける場合が多いのに、「ここというポイント」で微妙な慢心があったかも知れない。

 蒔きなおしは、ポットの土入れから始まるので、半日はかかる。




20070514205904.jpg   20070514210801.jpg   20070514201647.jpg

 画像はナスビである。ナスビがどういうふうな格好で成っているのか、35才の時まで、全く知らなかった。興味もなかった。農家出身でも、田舎在住でも、サラリーマンをしていたらそんなものである。若い人なら、田舎在住でもたいていの人が、ナスビがどういう風な格好で成っているか、知らないと思う。
 
 知る必要もないし、知ったからと言って1円の得にもならないが、こういう人たち(35才までの自分)を相手にして、どうわかりやすく説明できるかがポイントだと思う。でも農業は、本やブログでは学べない。実際に田んぼで身体を動かして、身体で覚えるものであり、頭で覚えることはできない。それでも、ブログで伝えたい。

(1)ナスビは植物というより、定植して2ヶ月ほどで「樹木」のようになる強靭な野菜である。

(2)その樹木にぶら下がったような格好で、次から次に成る。6月中下旬~7月末頃までの1ヵ月半と、9月上旬~11月上旬までの2ヶ月、合わせて3ヵ月半の間、次々になる。

(3)7月中下旬頃から「テントウムシダマシ」という害虫が大発生するので、7月下旬には、樹木を半分に切り戻し、葉は全部落として、この攻撃から逃がれる。そうすると、35日が経過した9月上旬にはまた、ぴっかぴかの秋ナスが収穫できるようになる。

(4)得な作物かというと、そうではない。収穫できる期間、収穫の手間、台風に強い弱い、水の要求量の大小、肥料の要求量、害虫の多少、いろんな問題が絡んでくるので、他の作物とは比較はできない。ナスビを専門作物としている人は「ナスビが儲かるからではなく、ナスビを作るのが得意な人」と考えた方がよい。

 
 そのナスビであるが、1本のナスビの木から、ナスビの生涯でいったいどれくらいのナスビが取れるだろうか。50本取れると思う人、100本取れると思う人、200本取れると思う人、いろいろである。

 
他の農業者はいったいどれくらい取っているだろうか・・・それをほとんどの農業者は知らないと思う。自分の収量と比較することはできないのである。

 
自分も他の農業者がいったいどれくらいのナスビを1本の木から収穫できているのか知らない。あまり知りたいとも思わない。

 
ナスビを作り始めた5年後くらいから、自分の収穫量はあまり変わらないような気がする。これくらいの収量なんだという、自分の中での漠然としたイメージがあって、それで満足している。満足しないのだったら、

(1)肥料を多投すればよいし

(2)水分管理をきちんとやればよいし

(3)害虫には農薬を使えばよいし

(4)茎葉の整枝や剪定の管理を研究すればよい

 
自分は上記4項目のどれもしていない。つまり

(1)肥料はメタン菌液肥を元肥に施して完了。状況がおかしいと思わない限り「追肥」はしない。

(2)一番花がついた主枝と、一番花のすぐ下の葉の根元からでるわき芽と、そのすぐ下の葉の根元から出るわき芽を伸ばして、合計3本仕立てにする。

(3)7月下旬に切り戻して、35日~40日ほど休ませる。

(4)台風シーズンには「盆栽仕立て」にして、風で倒れにくくする。

(5)茎葉が茂ってきても、画像のような支柱を2本十文字にして支えにするだけの簡易な支柱である。

(6)だから台風の時にはすぐ倒れるが、倒れた方が被害が少ない。

 
そんな作り方である。




あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

ハーブと野菜の現況

20070514210105.jpg

 2004年の10月20日までは、この井戸の上に小屋があった。その小屋が、10月20日の台風23号で吹き飛んだ。この年は、これでもか、これでもかというくらい大型台風の襲来を受けたが、最後の一撃が最も強烈だった。これは息の根を止めるような台風だった。田んぼに来て見ると、小屋がない。あれえ、どうなったんだろうと思い、周囲を見回したがどこにも見えない。おかしいと思い、山のふもとの方を見ると、何か残骸らしきものが見える。その場所は、井戸から100メートルほど離れた場所だった。隣の稲田を越え、休耕田を越えして、そんな所まで吹き飛ばされていた。隣の稲田は数日前に刈り取ったばかりだったからよかったものの、そうでなかったら稲田にかなりの被害を与え、弁償ものだった。この時の台風は住宅にもかなりの被害を与え、数十万円の出費になった。

 以後、井戸の上に小屋は立てていない。小屋を立てようと思ったのは、もし近所の子供が井戸に落ちたら困ると思ったから。

 画像の、黒い寒冷紗の下にエンジンポンプがあるが、このエンジンポンプも、1回はエンジンオイル交換の忘れ。もう一回は、冬に入る前にエンジンポンプの水を抜くのを忘れて、水が凍ってひび割れ。ひび割れの時は1万ほどの修理代ですんだが、オイル交換の忘れの時は買い替えになった。
 井戸の小屋も10万円かかっている。
 去年の秋には、近所のサツマイモ畑がイノシシの被害にあい、急きょ、電柵の購入で8万ほどの出費というふうに、いらぬ出費ばかりを迫られているような気がする。
 井戸は27万かかっているし、農業の収入より、農業への投資の方が多いような・・・。1年あたりの減価償却費を考えたら、早く農業からリタイアしてしまったら、元がとれない。



20070514201339.jpg

 画像はスペアミントですが、大きくなりすぎると、時々、刈り取って捨てる。ハーブティなら大きくなっても構わないが、料理の飾りの場合は、小さい時でないと商品価値がない。
 刈り取っても、1ヶ月ほどで商品価値のあるミントが収穫できる。



20070514201407.jpg

 画像はレモンバームですが、これも、時々、刈り取って捨てます。手前の2株がその画像です。


20070514210432.jpg

 画像はレモンバーベナですが、レモンバーベナは、種はないので、増やす手段は、株分けか挿し木です。5月10日~6月20日頃は挿し木のシーズンです。


 20070514210141.jpg

 画像はブラックミントです。クールミントガムの香りがします。ミント類の中では、スペアミントの注文が最も多いです。



20070514201444.jpg   20070514201513.jpg

 タマネギ畑を花畑にしてくれるのが、カモミールです。花を10片ほど湯のみに入れ、熱い湯を注ぐと、甘いリンゴの香りがするハーブティが飲めます。花としてもすぐれものなので、花壇に植えるのもよい。一度植えると、こぼれ種で雑草化して困るほどです。
 タマネギの通路に植えて、厳寒期には麦のように踏みつけるとよいそうです。肥料を与えると、おごりすぎて、タマネギに日陰を作るし、倒れやすくなるので、無肥料がお勧めです。



20070514210502.jpg   20070514210551.jpg   20070514210616.jpg

 先週は強風が吹き荒れて、エンドウ類の支柱が倒れそうだったので、左の画像のような補強をした。

 真ん中の画像は、エンドウの支柱を立てる時に利用した「金具」です。太い番線を竹に引っ掛けて、それに、パイプ支柱をのせています。「竹の節」を同じ高さに合わせて、それにパイプ支柱をのせてもよいので、どちらかやりやすい方でして見てください。
 エンドウ類でも、キュウリネットを利用する人が多いようです。

 右の画像は、補強を入れた時の金具です。これも止めるのが簡単で、ホームセンター等に売っています。

 農業をスタートした時、キュウリを作るのなら、パイプ支柱がいると言われて、ハウス1棟分のパイプ支柱(23000円ほどだったと思う)を買い、それを露地のキュウリに利用しようと思ったが、どうやっても、そのパイプ支柱が組み立てれなくて、投げ出してしまった。その後、キュウリは「地這い作り」にすることが多かった。 
 パイプ支柱は、風で飛ばされないように、黒マルチの押さえに使ったり、エンドウ類の支柱に使っている。

 
20070514210358.jpg

 トマトは、去年、スイートバジルを植えていた畝の中央に植えている。トマトの両側に、スイートバジルの後が残っているが、スイートバジルの上部は草刈機で刈った。


 

20070514210326.jpg

 同じく、スイートバジルの後地に、キュウリを定植している。黒マルチの両サイドを破り、液肥を施した。地這い作りにする予定。


20070514210259.jpg

 同じく、スイートバジルの後地に、サトイモを定植している。芽が出たところである。芽が出揃ったら、黒マルチをはがして、第1回目の液肥を施し、少しずつ土寄せをしていく。




20070514210218.jpg

 上記3つの全体像が、電柵の左側の2列である。なお、サツマイモは去年ちょっと多かったので、1列はサトイモにした。
 サツマイモにはさほど水がいらず、サトイモには大量の水がいるが、この場所に植える作物はオクラかサトイモのどちらかしか考えられず、収穫の関係でサトイモにした。
 


 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

ニワトリ世界のいじめ

20070513205533.jpg  20070513205554.jpg  20070513205611.jpg

 今のニワトリ(ヒヨコ)を導入してから、5月26日で、満2年の誕生日を迎える。まだ1羽も死んでいない。これは奇跡的なことなので、ちょっと自慢である。でもいつまでこの最長不倒距離が続くかは未知数である。以下の作文は、前回導入したニワトリを淘汰した年の前年10月に起こった出来事です。

 10月末に2羽が立て続けに死んだ。朝、エサをやりに鳥小屋へ入っても、1羽が止まり木から降りてこないので、ああ、いじめられているなあと思ったが、その2日後に、つつき殺されていた。
 
 その翌々日、農作業をしていると、鳥の悲しそうな鳴き声(つつかれている時に出す特有の鳴き声)が、しばらく続くので、鳥小屋に行くと、今度はまた、別の1羽がやられていた。その時にすぐ、鳥小屋から出して「隔離」してやればよかったのに、忙しさにかまけて怠っていると、翌日の朝すでに事切れていた。
 
 ニワトリのいじめは凄惨で、手加減もない。口ばしのすぐ上のトサカのあたりに、べっとりと血がついている。ちょっと見た感じの外観では、他のニワトリと何ら見分けがつかないくらい、変わった外観は見当たらないのに、ニワトリどうしではそれが分かるのか、1羽が徹底的にやられている。3日前の時は、逆に加害者だったはずなのに、今度は自分が被害者となって、死に至らされた。こんな凄惨な現場を目の当たりにすることが、ニワトリを飼っていると何度かある。つまりニワトリの世界では「異質」を嫌い、「同質」からはずれると、それがいじめ(つつき)の対象になり、そのニワトリが死ぬまで続くことがある。数年間、全く起こらないこともあるが、今回のように、立て続けに起こることもある。この凄惨な現場を見ると、数日間、とてもニワトリが嫌いになる。「アホ(ウ)の鳥飼い」という言葉があるが、ニワトリはもっとアホウである。ウシなどに比べると、知能指数がかなり劣る。そうでないと、同じ仲間をこうまで徹底的にいじめぬくことは考えられないから。

 通常、ニワトリで問題になる、死に至らしめられるのは、いわゆる「尻つつき(そのために、ほとんどのニワトリは生まれると同時に、口ばしの先が焼き切られる。デービークと言う。我が家のはデービークしていない。デービークしていないのを送って下さいと前もって注文しておく)」であるが、我が家の場合、それはなくて、頭つつき(トサカのすぐ上あたり)である。

 オンドリ同士の決闘はあるが、オンドリが、メンドリのいじめに加勢しているのは、まだ見たことはない。何が原因で、他のメンドリが1羽のメンドリに対して、こんなに攻撃を仕掛けるのか、原因がよくわからない。しかし、死んでしまうことは少なく、たいていは1週間ほどの間に元の群れに戻る。

 
1羽だけ隔離するのも面倒である。水もエサも別になるから。
 隔離して後、戻す時に、元気を取り戻して、元の仲間の中にすんなり入れればよいが、入れなければ、引き続き隔離状態が続く。ニワトリを飼っている友人は隔離している人が多いようだが、その後どうするのかは聞いていない。

 
 
 「すねる」と言って、巣箱のタマゴを抱いて(タマゴを温めること)、巣箱から外になかなか出ないニワトリがいるが、そんな「すねた状態のニワトリ」がいじめに遭いやすい。すねた状態のニワトリも、エサやりに入ると巣箱から飛び出してくるが、その時は、他のニワトリもエサに夢中なので、すねたニワトリに構うことはないが、エサやり以外の時に巣箱から出て下に降りると、すぐに追い回される。ニワトリは逃げるニワトリを追い回す習性がある。だからまたすぐに、止まり木に飛び上がって逃げる。このような「すねた状態のニワトリ」も、たいてい1週間ほどの間に、元の仲間の、その他大勢の中に溶け込んでいる。
 
 ここで、すねた状態のニワトリが巣箱に入っているのをアップします。タマゴを産もうとしているのか、タマゴを温めているのかは、ニワトリを飼い始めて1年もすればわかってくる。

20070513205712.jpg 20070513205732.jpg

 左の画像の、巣箱の一番右に入っているニワトリが「すねたニワトリの状態であり、通常、タマゴを産もうとしている時は、右の画像のような顔をしています。
 
 右の巣箱のニワトリは背中の羽がちょっと抜けていますが、別に問題はありません。
 
 左の画像のニワトリは、トサカの上の羽が抜けていますが、これは、いじめにあってつつかれたのではなく、交尾の時にオンドリは、この部分を口ばしでつかんで、メンドリの身体を地面に押さえつけて交尾をするので、この部分の羽が抜けたニワトリも何羽かいます。ただ、それが原因かどうかは定かでありません。



20070513205754.jpg 20070513205814.jpg

 左がオンドリの足で、右がメンドリの足。オンドリは足の所に1本、「剣」のようなものがついていますが、これは決闘をする時に使うようです。


20070513205842.jpg

 いろんなことがあっても、やっぱりニワトリを飼い続けている。ボクが子供の頃には、家には、黒い牛が一頭、豚が三頭、ニワトリが20羽ほどいた。ニワトリは家の軒下で飼われており、ちょっと風通しが悪かった。それに、ほとんど濃厚飼料(買ったエサ)ばかり与えていて、あまり草を与えていなかったように思う。ニワトリに対する基本的な知識が足りなかったようだ。今の自分の方が、ニワトリにとってかなり健康的な飼い方をしていると思う。

(1)トリ類は酸素の要求量が多いらしい。四面オール開放の金網鶏舎。

(2)草を毎日欠かさず、たっぷりと与えている。

(3)春夏秋冬、朝陽が鶏舎内に差し込む。


 農業を始める前の準備段階で、ニワトリを30~40羽ほど飼おうと思っていた。スタートして1年後から飼い始めたが、この16年間、家を2泊も空けたのは、「ふるさと 色川」へ2泊3日の旅をした1回だけである。
 1泊なら問題ないが、2泊以上の外泊は、生き物を飼っていると出づらい。


 ニワトリを飼いたいと思ったのは、おいしいタマゴが食べたかったからである。市販のタマゴは、どういう飼い方をされ、どういうエサを与えられているかを想像すると、ちょっと食べる気がしない。今のニワトリがタマゴを産み始めるまでの7ヶ月ほどの間、自分は1度も市販のタマゴは買わず、ほとんどタマゴを口にしなかった。マルミさんは時々買ってきていたが・・・。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

作付本数のシミュレーション

 他の農業者が日頃、頭の中で何を考えているのか知らないが、自分の場合は、しょっちゅう、春夏秋冬の野菜のシミュレーションをしている。ブログの更新にも時間がかかるので、なおの事しばしばシミュレーションをして、どの野菜に時間を取られているか、どの野菜が減らせるか、農作業をしていても、運転をしていても、いつもシミュレーションをしている。何をシミュレーションしているかというと「作付本数」である。


春夏作

1類  タマネギ
    ジャガイモ


2類  エンドウ・・・・・・→ キュウリ・・・・・→ハヤトウリ
    スナップエンドウ→ ナスビ
    グリンピース・・・→ ピーマン
    ソラマメ・・・・・・・→ オクラ


3類  レタス・・・・・・・・→ ナンキン・・・・・→サトイモ
    キャベツ・・・・・・→ニガウリ・・・・・・・→サツマイモ
              →トウガン・・・・・・・→ヤーコン


4類  コマツナ・・・・・→エンサイ・・・・・・・→ダイコン葉
    ホウレンソウ・・→ツルムラサキ・・・→カブ葉
    チンゲンサイ・・→モロヘイヤ
    春ダイコン・・・・→ニラ、青シソ


その他   インゲン、ニンジン
       ニンニク、ミョウガ
       スイカ、トマト(自給用)



秋冬作

1. ハクサイ
2. キャベツ
3. ダイコン
4. カブ
5. ニンジン
6. サトイモ
7. ネギ
8. シュンギク
9. ホウレンソウ
10.秋ジャガイモ
11.レタス・・・・・・・・→ブロッコリー

12.サツマイモ・・・→ヤーコン

その他  ワケギ、ラッキョ(自給用)  



ハーブ

1類 レモンバーム               (春夏作)
   レモンバーベナ              (春夏作)
   レモングラス                (春夏作)


2類 タイム類(レモンタイム、コモンタイム)             (1年中)
   ミント類(スペアミント、ブラックミント、アップルミント)(1年中)
   セイジ                     (1年中)


3類 ローズマリー                (1年中)
   スイートバジル               (春夏作)
   イタリアンパセリ               (1年中)


4類 ロケット                   (秋冬作)
   ディル                    (秋冬作)
   チャービル                 (秋冬作)


その他  ルバーブ(ジャムにする)
       チャイブ (極細ネギ)



ハーブの作付量
(畝幅はすべて150センチ)

レモンバーム    14株
レモンバーベナ   30株
レモングラス    24株


タイム類    合計で12メートルほど
ミント類     合計で20メートルほど
セイジ     16メートル(青枯病がなければ4メートル)


ローズマリー   60~70株
スイートバジル  400本
イタリアンパセリ 200本(青枯病がなければ100本)


ロケット     16メートル×5倍(自分は定植)
ディル      8メートル
チャービル   14メートル



春夏作の作付量


タマネギ       約1500個定植
ジャガイモ      種芋は16キロ


エンドウ       15メートル
スナップエンドウ  15メートル
グリンピース     15メートル
ソラマメ        約25本


キュウリ       各12~14本×4回
ナスビ        44本
ピーマン       22本
オクラ        90~100ポット(3~4本立ち)

ハヤトウリ      1~2個


レタス        100~120本
キャベツ       100~120本


ナンキン       22~25本
ニガウリ       5~7本
トウガン       8~10本
サトイモ       150個
サツマイモ     450~500本
ヤーコン       100個


コマツナ       少々
エンサイ       80ポット(1~2本立ち)
ツルムラサキ    70~80ポット(1~2本立ち)
青シソ        24本



秋冬作の作付量

 
秋冬作は数字は示さなかった。言葉で説明します。
秋冬作はアブラナ科四天王(ハクサイ、キャベツ、ダイコン、カブ)をどうするかにつきる。この4種類は特に虫害が多い。この4種類を無農薬で作るのはきわめて難しいと思う。自分はこの4種類とブロッコリーだけには農薬を使う。しかし、害虫に効かない農薬は何回使っても無意味。ダイコンサルハムシに効く農薬をよく知らない。

 
 ネギは16メートル×2列、株張りシュンギクは16メートル(畝幅150センチ)×1列、ニンジンは16メートル×2列。

 
 ホウレンソウは16メートル×4倍。この内半分は赤ホウレンソウ。ホウレンソウもロケット同様、定植にしている。


 自分の場合はすでに個人客は10軒ほどなので、アブラナ科四天王の占める比重は小さい。この内、業務用で注文が入るのはカブだけである。


 ホウレンソウとロケットは、液肥を使うことが少ない7月中旬~8月中旬の間に散布して黒マルチを張っておく。これができていれば、定植にかかる時間は知れている。


 野菜を作ったことがない人には、「作付本数」など書いても、よくわからないと思われますが、自分にとって「作付本数」は、農業の中で最も大切な暗記事項である。


(1)ワンパック宅配の場合、全農作業の半分近くが、収穫、仕分け、納品書等記入、箱詰め、宅急便営業所往復という一連の出荷作業に取られる。これは、この農業形態の最大の欠点かもしれない。


(2)作付本数の誤りは、生産労働ロス、収穫ロス、出荷ロスにつながるので、各作物ごとに、何十何本まで細かく暗記している。暗記していないと、翌年の作付量に生かせれない。シミュレーションはそのためである。   




あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

シリーズで送る・・・

 シリーズで送る、定年帰農、Iさんの美しすぎる菜園と花壇

 Iさんは2年前に定年されてから、テニスをしたり、ボランティアをしたり、週1日ほど頼まれてアルバイトに出かけたり、家庭菜園をしたりと、悠々自適の日々を送られている。今のニワトリを導入する前に飼っていたニワトリを淘汰するのを手伝ってくれたのもIさんである。
 
 Iさんは農業高校を出られて、30代の頃から家庭菜園を始められていたので、定年帰農といっても、すでに完成した「一つの型」のようなものを持たれている。


 農業を始めてからの自分は、いわゆる専業農家よりも、家庭菜園の人から多くを学ばせてもらった。専業農家のレベルはかなり高いし、真似をしようにも真似が到底できないような農業をしている場合が多かったので、見せてもらってもあまり参考にならなかった。その点、家庭菜園の人とは「同じ農業形態」みたいな意識がずっとあった。

 


20070511204012.jpg

 ごぼうを作られている。自分は、ごぼうの種を蒔いたことがない。ごぼうは掘るのが大変というイメージが今でもあり、作る気がしない。もちろん、我が家の食卓にごぼうが出るのは、よそからもらった時だけである。




20070511204038.jpg

 タマネギに病気など来たことがないと言われる。ストチューを生育期にはよく使われるらしい。Iさんから以前に教えてもらったことがあるが、あまり使っていない。面積が家庭菜園の人に比べればちょっと広いので、半端でない時間がかかってしまう。でもストチューは作物を活性化させるそうである。酢、木酢液、焼酎を少しずつ(量は適当)ジョロにいれ、それを水で薄めて作物に散布するだけである。



20070511204103.jpg

 トウモロコシが好物で、ずらし蒔きで3回ほど蒔かれるらしい。これも自分は作っていない作物である。ずっと以前には作っていたが、タヌキやカラスが狙うのでばかばかしくなって止めた。



20070511204148.jpg

 台所から出る生ゴミは、黄色のコンポストに入れ、ヌカと籾殻(水分調整)を時々混ぜながら堆肥化しているらしい。その隣にある枠には、草や果樹を剪定した雑枝を入れて、これも堆肥化している。



20070511204214.jpg

 山芋も作られている。自分も過去に4年ほど山芋にトライしたことがあるが、どうも難しく、現在は作っていない。3~4回作ってみて、商品価値になりそうでなければ、自分の場合は作る事を止める。



20070511204311.jpg

 キャベツに虫避けのネットを被せていた。




20070511223417.jpg

 ブルーの大きな葱坊主のような花が咲くギガンジュームという花があった。その奥にジャンボニンニク、その右にソラマメ。



20070511223448.jpg

 Iさんが得意のブルーベリー。自分はこのブルーベリーという果樹を3回ほど植えたことがあるが、3回とも枯らして、今は植えていない。Iさんは毎年30本ほどのブルーベリーを挿し木にして友人たちにあげているらしい。ブルーベリー以外にも、花や果樹をたくさん挿し木にしている。今日、ジンチョウゲの挿し木苗をもらって帰った。



20070511223531.jpg

 菜園の一角にある花壇。モミジやアジサイ、リキュウバイという花木、ショカッサイという花や、ミョウガやフキにいたるまで、多種の果樹、花木、花、野菜、山野草が整然と配置されている。3週間ほど前には、ショカッサイという花が満開だった。それは美しすぎる花壇と菜園だった。



20070511223627.jpg

 細長い3アールほどの田んぼであるが、その真ん中にゆったりとした通路をとり、その両側に画像のような畝立てをしている。不耕起栽培ではないが、畝の位置は決まっていて動かさない。だから、畝と畝の間の通路も一定である。草は一本も生えていない。ご夫婦で、早朝2時間、夕方2時間ほどの農作業をされるらしい。画像は手前から、ナスビ、ニンジン、タマネギ。



20070511223655.jpg

 田んぼの管理を頼まれて、今年から、自宅横の菜園からちょっと離れた所にある田んぼにも色々と作付けをされていた。画像はナンキン。ナンキンの隣には敷き藁用のエンバクが育っていた。敷き藁が必要な作物は、その必要なだけの麦藁(エンバク)を同時に作るという発想がすごい。




20070511223812.jpg

 アワ



20070511223834.jpg

 キビ

20070511224712.jpg 

 ソルゴー
アワ、キビ、ソルゴはーは何の目的で作られているのか、聞き忘れた。次回に聞いておきます。


20070511223903.jpg

 エダマメも3回、ずらし蒔きをされている。一番左の黒いザルのようなものを伏せているのは、鳥避けらしい。エダマメも自分は作っていない。出荷がしずらいから。もちろん自給用にも作っていない。忙しいから。


20070511223938.jpg

 ピーナッツも作られている。これもIさんの得意作物である。自分は作ったことがない。上記の理由で・・・。



20070511224002.jpg

 これは、台所から出るコンポスト生ごみや、菜園の草や果樹の剪定の雑枝を入れるような外枠を作らず、地中に穴を掘り、ここに草などを入れて堆肥化している。「地上温床」、「地下温床」みたいに、「地上外枠堆肥化」、「地下穴掘り堆肥化」とでも名付けたらどうだろう。


 定年後まだ2年と言っても、全国を転勤しながら30代から家庭菜園をずっと続けておられるので、花も野菜も果樹にもくわしい。シリーズで紹介させてもらおうと思う。次回は3週間後くらいに。  


 あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

ライフラインの攻防 (2)

 すでに家族4人全員が働いているが、4人の中では自分の収入が断トツに少ない。今の農業のおかれている状況が象徴されるような事例である。子供が働き出したら、でも大分違うんじゃない・・・と思われるかも知れませんが、自分の支出が減るわけではない。今まで、子供に関する費用は全て妻が支出していて、ボクは、野菜以外の食費とライフラインの支出を追っかけていただけだから。

 
 現代のライフラインシステムは、自然に対して敵対的、もしくは自然を拒絶するシステムである。たとえば人糞尿は50年前は貴重な肥料だったが、50年後の現在はあべこべになり、産業廃棄物である。このコペルニクス的価値観の転回が、個々人の費用負担となり重くのしかかる。そしてこのライフラインシステムは50年前まではほぼ永久的であったのに、現在のライフラインシステムは「耐用年数」という新たな無駄ガネを背負う。そして、このシステムに依存する限り、何十年かおきに必ず負担を迫られる支出である。それは、システムの使用料に転嫁され、知らず知らずの間にベースアップしていくのである。とにかく、現代のライフラインシステムの元で生活していくには、一にも二にもカネが必要である。人はいつまでも若くはない。いつか、働きたくても高齢で使ってもらえない時代が誰でもやってくる。その時でも、生きるための最低限の生活費(食費とライフラインの支出)が決して減る事はない。

 電話代(自分は携帯は持っていない)、電気代、新聞代、NHK受信料、プロパンガス代、灯油代(冬季のストーブ)、上水道代、下水道代(数年後)、国民健康保険料、国民年金保険料、生命保険料(月に2千円の掛け捨て)、火災保険料(年間4万円ほど)、固定資産税(年間5万円ほど)、車両関連費(農業用軽四のみ。経費で落ちる)、冠婚葬祭費・・・


たった50年前までは、支払っていたライフラインは電気代だけだった。文明とは進歩とは、このように、固定的な支出が雪だるま式に増え続けていく社会のこと。50年前まで、農業で自給自足できていたのは、これらライフラインの支出がほとんどなかったことによる。

 
 大都会、神戸の大震災でも、山国、新潟の大震災でも、同じくライフラインの復旧が取り上げられた。これはつまり、大都会でも山国でも社会システムが全く同じであり、単に住んでいる場所が違うというだけである。
 
 雪の積もる北国の山村では、その環境に即した社会システム(ライフライン)であった方が復旧が早いと思えるが、時代がすでにそれを許していない。全国津々浦々まで同一という時代である。50年前には、上水道はなく川の谷水か山の湧き水を利用し、もちろん下水道はない。人糞はタゴで担いで田んぼの野菜の大切な肥料になっていた。プロパンガスなどなく、台所に、「クド」や「風呂の焚き口」があった時代である。。つまり、システムの導入にほとんどカネのかからない、自然に即したライフラインが稼動していた50年前までなら、もう少し早く元の生活に戻れたかも知れない。
 
 彼らのおじいさん、おばあさんの時代には、雪国の雪国に適した生活システムの中で、ゆったりした時間が保たれていたはずである。そして仮に、80年前に今回と同じような大地震に遭遇しても、「寝る場所」さえ確保できれば、何とか、翌日から以前と同じような生活ができたと思える。そして、「炭焼き小屋」のような、移動式の簡単な作りが、どこぞかしこぞにあったと思うから、夜露はしのげただろう。現代という時代は、「家のシステム」もバカ高い。掘っ立て小屋に住めるなら、自然災害の負担は軽い。

山国で生きてきた人は、山国を脱出したりしない。風景や草木までもが、自分のアイデンティティそのものだと思うから、いつかまた帰ってくると誓う。そして、年老いた人たちは、自分たちがまだ幼かった頃の生活様式を思い起こしながら、できうるならば、あの時代に帰りたい・・・と涙したのかも知れない。「日本中どこにいても同じライフラインや家というシステム」の中に組み込まれ、それから脱出して生きていく「術」を現代人はなくしてしまった。   

現代のライフラインシステムを、「快適」とか「衛生的」と思っている人も多いのかも知れない。しかし、このシステムは本当に近代的であり、文明の象徴であり、50年前のシステムよりすぐれているだろうか。誰もが、もう一度疑ってみる必要があると思う。今回の山国での大震災で、このことを改めて考えさせられた人も多いのではなかろうか。



 近い将来の人間は、現代のライフラインシステムを「反自然的」とか「エネルギーの浪費」と考えて取り壊し、新たなライフラインシステムを構築していくかも知れない。自分は、現在のライフラインシステムは「ファシズム」だと思う。なぜなら、このシステムには他に選択肢がないのだから。例えば、下水道を例にとると、ひとつの集落内に、単独合併浄化槽利用の人がいてもよいし、自分で田畑に施す人がいてもよいし、汲み取りを衛生業者に依頼するいる人がいてもよいし、メタンガス発生装置を作り、ガスと肥料(メタン菌液肥)を自給するというシステムを利用する人がいてもよい。しかし下水道が集落にくると、下水道以外のすべてのシステムが否定され、下水道に統一の道を歩まされる。


 現役世代の人がサラリーマン社会をドロップアウトして田舎へ移住して生活したいなら、

(1)集落の崩壊が始まっている過疎の山村を選択して

(2)イノシシやシカなどの害獣の出没で、野菜がきわめて作りづらくても、なんとか、過疎の山村を選択して

(3)サラリーマンを止めることは、現代社会とは違ったシステムの中に自分を置いたことになる。ライフラインからの脱却を試み、「農業に依存しない田舎暮らし(野菜は売らずに、自給度を高めるためだけの農業)」を模索できる場所は、過疎の山村にしかないように思う。


(新潟で大地震があった時に書いた作文ですが、今回、少し書き足しました)

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

種蒔きのやり直し

20070509200237.jpg

 地下温床の熱が出過ぎて、発芽に失敗した。種を蒔いた3日後の5月5日におかしいと気付いたが、蒔きなおしたのは今日(5月9日)だった。オクラ5ケース、ツルムラサキ2ケース半、エンサイ2ケース半、トウガン15ポット。
 
 もう温床でなく冷床でも十分発芽する気温になっているので、昨日定植したスイートバジルの後にこれらのケースを並べた。



20070509200303.jpg

 地下温床はオクラが少し発芽しただけだった。電熱温床でも毎年失敗を繰り返していたが、また失敗した。3月末の温床なら少々発熱しても夜間の外気温が低いから、熱の出過ぎは少ないが、4月末の温床だと、熱が出過ぎると「種が煮えて」しまう。水分が少ない場合は「種が乾燥して」発芽しなくなる。



20070509200338.jpg   20070509200405.jpg

 サツマイモの冷床も、ムラサキ芋はよいが、ベニアズマ、オレンジ芋、高系14号の発芽がまだ少ししか始まっていない。ちょっと心配。




20070509200442.jpg   20070509200507.jpg   20070509200529.jpg

 画像は左からニンニク、ラッキョ、ワケギである。収穫期の関係で、この3種類は、タマネギの隣の畝に植えることにしている。ニンニクは5月末、ラッキョは6月中旬、ワケギは3月下旬~4月上旬が収穫期であり、収穫期にはそれぞれ少量を種として保存する。根茎をミカンネットなどに入れて、涼しい日陰に吊り下げておく。





20070509200603.jpg

 スイートバジルの半分はトリ小屋の下の田んぼに植えた。

 



20070509200624.jpg

 危険分散のため、残りの半分は、その下の田んぼの、ナスビやピーマンを植えている畝の隣に植えた。
 手前の稲ワラを置いているのは、青シソである。こぼれ種から芽生えているのを、きちんとここに定植しなおした。バジルのようなポット苗である場合は「日避け」はいらないが、根に土がついていない場合は、活着するまで稲ワラ等を置いて「日避け」をする。
 



20070509200650.jpg

バジルの隣に、ツルナシインゲンが発芽している。雨にたたかれるのを防ぐために、稲ワラや籾殻を畝の上に置くが、稲ワラを押し上げて発芽してくる。その後この稲ワラは敷き藁として、雨による泥はね防止や草押さえの役割をする。



20070509200727.jpg

 トリ小屋の下の田んぼのバジルは昨日定植したばかりなのに、早くも今日、ネキリムシのような害虫に40本近くやられた。鉢(ポット)の予備苗も30本ほどあったが、それだけでは足らず、画像のような鉢上げする前の小苗を定植した。ナスビの田んぼのバジルは被害がほとんどなかった。危険分散をしておいた成果である。



20070509200747.jpg

 バジルは大事な作物なので、2弾、3弾の危険分散をしている。画像は、前年レモングラスを植えていた場所であるが、レモングラスは全て冬越しに失敗したので、その株間に、鉢上げとは別に、ここにも直に定植をしておいた。




20070509212755.jpg   20070509212816.jpg

(1)かなり臭うので、住居の近くで使うと迷惑がかかる。

(2)耕作地は3反くらいまで。それ以上になると担ぐのがえらい。

(3)他人の最も良い方法が、自分にも良い方法であることは少ない。




20070509212909.jpg

 ナンキンがすくすく育っている。定植後、5月中旬頃まで、このような保温資材で覆うと「中休み」せずに大きくなる。



20070509213035.jpg

 画像はエンジンポンプである。草山になっているが、ポンプのそばに井戸がある。井戸水をポンプアップして、画像のようなステンレスの容器に水をためておく。ジョロで、苗物の水やりに使っている。水がいつでもすぐ近くにあって使えるということは、とても便利である。井戸ができたのは、9年目の秋であるから、できてまだ10年にもならない。肥料が「液肥」になったのは、井戸ができてからであるから、まだ5年ほどである。


 野菜にこんなに水が必要とは思わなかった。しかし、切実に井戸が必要と感じたのは、水のことで一悶着あってからである。水の問題では、周囲と軋轢がおきやすいので、よく心に留めておいて下さい。



20070509213104.jpg   20070509213130.jpg

 今年は少雨のおかげで、まだタマネギにあまり病気がきていない。例年、今頃の時期には、タマネギを見ると気分が落ち込んでいたが、今年は見るのが楽しい。収量も多分2倍ほどになると思う。
 病気が毎年必ず発生していたので、早生品種500本、中晩生品種を1000本、合わせて1500本ほどしか定植していない。病気がきても「仕方がない」ですませれるのは「1500本」ほどが限度である。
 雨が少ないので、カモミールもガーデンレタスも元気である。
 




20070509213151.jpg

ハーブのチャイブ(シブレット)である。極細ネギであるが、ネギ類は先枯れが出るし、あまりよいチャイブができないし、仕分けに手間取るので、ほとんど出荷はしていない。ハーブのコレクションの一つくらいの感覚である。



20070509213220.jpg

 画像はジャガイモである。肥料不足なのか、ちょっと葉色が薄い。でも今頃から液肥を追肥したりはしない。ジャガイモは収穫までの期間が短いので「元肥」だけである。
 ジャガイモも、収穫が間近になってから、一気に病気が蔓延することが多い。病気がきても、まあ自分なりに満足できる収量はある。病気が来なかったら、いったいどれくらいの収量になるのだろう。


20070509213255.jpg

 春蒔きのレタスの定植である。先ほどの青シソと同じように、ポット苗でなく、根に土がついていない苗を定植する場合は、定植後に、画像のような稲ワラを被せておく。乱暴なようだが、このような「日避け」をしないと、5月の太陽光線でも枯れる。黒マルチをして定植する場合は必須である。5日間ほどこのままにして、後は様子を見て稲ワラを取り除く。
 定植本数が多い場合は、稲ワラでなく、黒い寒冷紗で日避けをする。



20070509213327.jpg

 画像はハヤトウリであるが、定植した6個が全て育っている。ハヤトウリは冬越しの時に腐らせてしまうことが多かったが、去年は、1個1個新聞紙で包み、ポリ袋に入れて台所の冷蔵庫の上に保管しておいたら、1個も腐らず、3月下旬に確認した時にはすでに、芽がかなり伸びていた。
 


20070509213347.jpg

 ニワトリには朝1回しかエサを与えない。夕方は草だけ与えるが、コゴメもくれると思って、足元にまぶれついてくる。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

株式会社の農業経営

20070508233340.jpg

 ニワトリは同じ部屋に入りたがる傾向がある。


20070508233448.jpg

 このニワトリは、すでに2羽が入っている、一番右の部屋に入ろうとしている。


20070508233547.jpg

 押し合いへし合いしながら、3羽入っていることもあるが、今回は3羽目が入ってきたことで、1羽が遠慮して出ようとしている。


20070508233648.jpg

 左の部屋にまた3羽目が入ろうとしている。だから、同じ部屋に集中してタマゴがある。中よりの2つの部屋には、タマゴがないことが多い。一番左と一番右の部屋が好まれているようである。

 
 株式会社の農業経営

 
「ビジネスチャンスがあると認識した時点で、株式会社が怒涛のように、農業に参入してくる」と思っていたが、次のような理由から、農業への参入は難しいのではなかろうか。

(理由1)
 野菜の水耕栽培なら、小さな面積でできるので、設備投資も可能だが、水耕栽培は、葉物などの軟弱野菜に限られる。ほとんどの野菜作りは広大な面積を必要とする。


(理由2)
 時間回転率と設備回転率が極端に悪い。たとえば、キュウリは、種を蒔いてから収穫までに、約60日(2ヶ月)もかかる。工業製品で、出来上がるまでに60日もかかるものがあるだろうか。その間、設備はそのままの状態(寝た状態)で、他に転用できないから、設備の回転効率が極端に悪い。つまり、時間回転率と設備回転率があまりに悪すぎる。これでは利潤を生み出さない。


 上記2点から、企業が農業分野に新規参入しても、経営が成り立たないと思う。
 
 この点が、ニワトリと異なる。ニワトリは見事に大規模経営の餌食となった。これぞ資本主義のお手本のようなシステムと思われていた。鳥インフルエンザが発生するまでは・・・。鳥インフルエンザは、資本主義システム(大規模システム)の「誤り」の警鐘である。


 では、個人営農に未来はあるだろうか。


(1) 以前、米が不作だった年に、全国各地で「米泥棒」が頻発したことがある。農業は田んぼにカネをばらまいているようなものであり、ほとんど「盗難対策」のできない産業である。ここの所が、第2次、第3次産業と比べた時に全く劣る。

 農家は、不作で米価が多少値上がりしたからといって、喜ぶどころではなく、マスコミで報道されると「模倣犯」も多発するので、どうやって盗難から守ろうか、納屋や物置に鍵を付けたり、開き戸を鍵の閉まるシャッターにしたりと、新たに余分の経費をかけて盗難対策をせざるをえない。
 
 野菜でも同様である。特定の野菜が高騰した場合、県道沿いの道べりの野菜は、絶えず盗難の危険にさらされる。

 結局のところ、農家にとって良い時代は、「米や野菜が有り余っている現在」であり、野菜の流通が少なくなって値段が高騰したら、盗難に会う危険性が飛躍的に高まる。


(2)地球の温暖化、異常気象の多発、台風の大型化


(3)田畑を荒らすイノシシやシカの加速度的増加。

 
 将来、大飢饉に遭遇した時(そして輸入も困難になった時)、農作物など、育つより先に奪われてしまうが、時を同じくして、株式会社も滅んでいく。



 それでも結局の所、農業は、独立自営農民が、小さな利益(薄利)を得るためにする行為だと思う。そして農民は、半分は小さな利益を追うが、残りの半分は、農業が、カネには換算できない、自分自身を癒してくれる職業であることも知っている。

 しかし、農業への転身は、趣味、健康、癒しのためにする「定年帰農」しか、選択の余地がないように思う。現役帰農は、あまりに厳しい。


 
このページのトップへ

つい先日のような15年前

20070508002938.jpg 

 5月連休明けの今日からまた出荷が始まった。久しぶりの出荷なので、ちょっと緊張した。出荷の日は5時半頃に起きるが、まだスイートバジルの出荷が始まらないので、今日は6時半に起きた。出荷の日は、朝食は食べずに田んぼに行く。野菜はできるだけ早朝に収穫しないと、その後の日持ちが違う。

 
 今日は、地元の顧客にお願いをすることがあった。ちょっと言い出しづらかったが、仕方がない。「今後は配達ではなく宅配便で送らせて欲しい・・・」と。

 
 地元の顧客はすでに2軒しかなかったが、その内の1軒から、宅配を中止したいというメールを頂いていた。どちらの方も同じ団地であり、15年間に渡って、月に2回、ほとんど休まず購入してもらっていた。でも1軒の方は2人の子供さんが親元を離れ、夫婦2人暮らしとなり、ご主人が趣味で野菜作りを始められていたにもかかわらず購入してくれていたので、止められるのは致し方なかった。今まで15年間も購入し続けてくれた2軒だから、たとえ1軒になっても、持っていかせてもらえばよいのだが、自分の気持ちがそういう方向に向いてくれなかった。

 
 止めたいというメールを頂いてから、ああ、15年も購入してくれていたんだと、改めて思い直した。

 この団地を軽四で「引き売り」していた光景が、まだ思いだせるくらいの時間の経過なのに、あれからすでに15年が経過している。あの時はまだ30代だったのだ。

 
 引き売りでは通常、買ってくれても1~3品のお客が多いのに、1軒の顧客は、選びもせずに6品以上買ってくれた。そして、1度の出会いですぐに「野菜会員」に入ることを承諾してくれた。今回止められた顧客は、その方が紹介してくれたご近所の人であり、すでに他の自然食品店の野菜を定期購入されていたのを止めて自分の野菜会員に入ってくれた方だった。

 
 この団地は1000軒近い大団地だった。引き売りしていても、前回の引き売りで買ってくれた顧客の家がすぐには覚えれなかった。結局この団地を3ヶ月ほど引き売りして、十数軒の野菜会員を新たに獲得することができた。その十数軒を第1,3週のグループと第2,4週のグループに分けて、毎週1度はこの団地に配達に来るようになったが、1年後くらいには半分になり、その後は2週間に1度だけ来るようになった。そしてもうかなり前から、この2軒だけになっていた。大きな団地であるし、新しくこの団地に入られたり、個々の家庭の状況も刻々と変わるだろうから、2年に1度くらいはまた、引き売りを繰り返してもよかったような気もする。しかし、そういう気持ちが起きなかった。
 
 
 自分の場合、引き売りは相当のエネルギーがいった。1軒、1軒、玄関先のチャイムに向かって「野菜はいられませんか」と声をかけてまわったが、玄関に出てくれる人は少なかった。体力的、精神的に2時間ほどが引き売りの限度だった。よく売れても7千円ほどだった。たいていは5千円ほどしか売れなかったように記憶している。朝収穫して、仕分けをして、昼食をとり、昼から売りに歩いたが、終わって家に帰れば3~4時頃になる。その後また田んぼに出る元気はなかった。だから、1日仕事であり、それで5~7千円では、採算に合わない。3軒の顧客に配達すれば7千円ほどになるから、この方が時間的にはるかに短時間であるし、収穫、出荷ロスも出ない。引き売りの時は、売れ残りもかなりあったから、収穫、出荷ロスも大きかった。



 引き売りはスタート時点の丸2年ほどしかしなかった。その2年間に、30軒余りの野菜会員を獲得することができた。家の近くの団地からまわり、だんだんと距離を延ばし、ここの団地は我が家から最も遠い団地だった。最も遠いといっても20~25分ほどだから知れている。家の近くにこのような大団地が点在していたということは、スタート時に野菜会員を獲得するには、かなり有利だった。

スタート時に野菜会員を獲得するには、引き売りしながら顧客を見つけるくらいしか方法はないものである。「引き売り」は3日すれば慣れる。野菜を作っても売れなければどうしようもないから、どうしても野菜会員を獲得する必要があった。


 とにかく自分は、農協や市場が相手にしてくれるような、寸法や重量や外観という規格の定まった野菜を一定の箱数出すということに自信がなかったし、自分の農業のイメージに合わなかった。特定の個人にしか売りたくないということが、自分の中での大前提だった。

 
 町内の団地にも顧客があったし、隣町の団地にも顧客があったし、お隣の備前市にもかなりの顧客があった。でもいつの間にか終わっていた。しかし、それぞれの団地や地域に顧客ができたのは、その時期、その時期に、自分をバックアップしてくれた「特定の顧客」とめぐりあえて、その方たちが紹介してくれたおかげである。そして2~3年の周期で、特定のそういう顧客とめぐり合うことができた。今は会員でなく、行き来することはなくなっていても、とてもありがたい存在だった。

 
 十数年の歳月の間に、気がついてみたら、地元の顧客は2軒だけになっていた。ここ4年ほどは、この2軒だけが配達で、後は全て宅配になっていた。
 何か、永遠に続くように思っていた。多分、こういうきっかけでもなければ、今までの15年間をふりかえることもなかっただろう。


 不思議と残念な気持ちがおきない。ただ、感謝の気持ちだけである。でも、この宅配中止の申し出のメールで、自分の中の長い静寂が突然崩れだし、「配達はやめて宅配だけにしよう」という気持ちが始めて目覚めた。このことで、ご近所同士のお二人のどちらにも、迷惑をかけてしまったような気がする・・・。

 
 今後Kさんには、1回につき送料800円というご負担と、当日3時~4時の配達ではなく、翌日午前中の宅配ということになった。15年もワンパックを購入し続けてくれた顧客だし、家から20分ちょっとの距離だから、これまで通り配達させてもらえばよいのだが、自分の中の気持ちがいかんともしがたかった。


 自分もこの先いつまで、ワンパックを続けているだろう。いつか終わりがくる。それは自分で打ち出さないといけないかもしれないし、他力かもしれないし、周囲の状況によるかもしれない。

 
 やめられた方にも、引き続いて購入してくださる方にも、どちらの方にも、15年間の感謝の気持ちを作文にしようと思った。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

現在の野菜状況

20070506191445.jpg   20070506191506.jpg

 画像はエンドウであるが、エンドウは、支柱を立てる手間と収穫をする手間の2回だけである。

(1)エンドウに肥料はいらない。入れると、茎葉が茂って倒れやすくなると思う。

(2)11月10日頃に種を蒔くと、翌年の4月25日頃から収穫が始まる。収穫期間は5月末までの約1ヶ月間である。

(3)150センチの畝幅に1条蒔きで、隣を150センチ開けて、その隣にまた150センチの畝幅で1条蒔きにする。これくらい開けないと、収穫がしずらい。

(4)エンドウの後作には、ニガウリか、キュウリの2回目、3回目、4回目蒔きの苗を定植する。後作には液肥を施す。

(5)エンドウの支柱に手間をかけないこと。他人がどんな支柱をしているか何人か見せてもらって、自分にとって最も簡単そうな支柱をまねる。




20070506191546.jpg   20070506191637.jpg

 池の土手と、池の土手から見た田んぼである。自分の耕しているほとんどの田んぼが見渡せる。トリ小屋と物置の屋根のトタン板がさびて、何箇所か雨漏りがしている。築16年が経過しているので、トタン板は今年中に大工さんにやり変えてもらおうと思う。新緑に、さびたトタン板が目立つ。

 敷いたばかりの黒マルチもやけに目立つ。一応、有機農業なのに、反自然的なものを、かなり使っている。

 農薬からの開放は90%、化学肥料からの開放は100%可能でも、黒マルチからの開放は全く進んでいない。

(1)3ヶ月以上前から、畝立て、液肥散布、黒マルチをして、定植の準備ができる。つまり、暇な時にやっておける。

(2)収穫後、洗う必要がない。自分の場合、ニンジンやダイコンが雨で泥だらけになった時は洗うが、他の野菜は全く洗うことはない。黒マルチをしていると、野菜の葉裏に泥ばねがない。
 春夏作でも、秋冬作でも、収穫後、ジョロでさっと打ち水をして日陰に置き、できるだけ早く仕分けをして新聞紙で包んで終わり。

(3)肥料は、メタン菌液肥が9割で、クン炭、生ヌカ、トリ小屋の鶏糞が残りの1割である。黒マルチをすると、液肥が雨で流亡しない。




20070506191721.jpg

 去年の11月中旬にスイートバジルの収穫が終わってから、草刈機でバジルの地上部をはねて、地上部は燃やし、後はそのままにしていた。先日、このマルチの中央に株間60センチでキュウリを定植したが、昨日、そのマルチの両サイドを破って液肥を施し、今日の雨を待つことにした。液肥は濃いので、10倍ほどに水で薄める必要がある。
 支柱を立てるか地這いにするかは未定。


20070506221501.jpg 20070506221522.jpg 

 同じく前年のスイートバジルの畝に無肥料で植えたトマトに、早くも花が咲いた。ごく薄い毛布のような資材でトンネル状に覆い、保温している。トマトに元肥は入れず、3回ほど追肥をしていく。

 

20070506191809.jpg 20070506221614.jpg


 物置の北側の半日陰に、ミョウガを植えている。6月下旬頃から10月上旬頃まで、盛夏はあまり出ないが、ミョウガが楽しめる。

 物置の南側のパイプ支柱の棚にはキーウイを植えているが、物置の東側にもパイプ支柱の棚が少しある。今年、この棚を利用するのはハヤトウリとニガウリである。ニガウリは7月中旬~10月上旬頃まで収穫。ハヤトウリは10月10日~初霜まで。




20070506191849.jpg

 藤とミツバチを毎日何枚も写しているのに、デジカメの使い方がよくわかっていない。たくさん写せば「その内1~2枚はいいのが撮れる」という感覚でデジカメを使っている。



20070506191933.jpg

 ハウスはないが、5月中旬頃まで、簡易なポリのトンネルで、育苗をする。
 ナンキン等には、べた掛け用のごく薄い毛布のような資材をトンネル状にする。保温になるし、ポリのように裾を開閉しなくてよいし、飛んでくる害虫を防除できるし、風でとびにくいし、雨も通すし、ポリより何年も長持ちがする。



20070506192010.jpg

 直播をする畝も、育苗(その後定植)する畝も同じである。一つだけ違うことは、育苗の場合は、種蒔き後、「フルイを使って覆土をする」ということである。直播の場合は、T字形の丸太棒(我が家ではトンボと言う)」で土を戻して鎮圧しながら覆土をする。

 左側の畝は直播した、コマツナとニンジン。右の畝は、育苗の、ネギ、コマツナ(こちらは定植用)、レタスである。コマツナは直播と定植の両建てである。

 現在自分が直播している作物は、3月31日蒔きのコマツナとニンジン。9月14日頃蒔きのダイコンとカブの4種類しかない。他はホウレンソウを含め全て、育苗→定植というステップを踏む。



20070506192039.jpg

 画像はニンジンである。草抜きも間引きもまだしていない。春夏作のニンジンは比重が小さい。収穫期は
(春夏作)→6月中旬~7月末の1ヶ月半
(秋冬作)→11月上旬~翌年2月末の4ヶ月間
収量も春夏作は秋冬作の2分の1~3分の1ほどである。ジャガイモは逆で、秋冬作は春夏作の2分の1~3分の1ほどである。



20070506221433.jpg

 先日のヌートリアに仕掛けた罠は、相手が上手だった。罠は20センチほど動いて、仕掛けは閉じていた。仕掛けの上をうまく踏んでくれなかったようだ。別の水路に仕掛けを移した。


20070506221547.jpg

 5月からは草刈機の出番である。しかし、この刃の研ぎ方を何回教えてもらっても、うまく研げるようにならなかった。もう10年以上、自分で研いでいない。近所の大工さんに研いでもらっている。この方は野菜を作っていないので、たまに、残った野菜を食べてもらう。つまり物々交換。不得意なことに長く立ち止まらない。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

ライフラインの攻防

20070505204001.jpg

 450本ほどのスイートバジルを苗箱から「鉢上げ」して、1日1回の水やりと、その日の天候によって、ポリの裾を少し開けたり、また閉めたりしながら育苗していると、45年ほど前の「葉タバコの育苗」を思い出す。これの6~8倍くらいの数の育苗だったと思う。


 葉タバコという換金作物を、両親と祖父母は「よう作ったなあ」と思う。えらかっただろう。自分もやるようになって初めて、農業のえらさがわかる。


 もう少し、ゆっくりした農業はできなかったのだろうか。あれでは、農業の楽しみなどなく、重労働なだけだ。そんな葉タバコ作りだった。

 
 なぜもっと楽しい農業ができなかったのだろう。それは、その頃からすでに、家庭経済が資本主義経済に巻き込まれてしまい、とにかく、農作物をカネにしなければ、生活ができなかったのだ。 
 
農業はカネにならず、まもなく葉タバコを止め、両親とも日雇いの仕事に出るようになった。


 人間であることの究極の癒しは、大地を耕すことではなかろうか。現代人の悲劇は、あまりにも土から離された生活をせざるをえない・・・ということにある。
 人類は、19世紀末頃までは、「万人直耕」の時代だった。20世紀に入ってから急激に、「分業化」「専門化」が始まり、それと並行するように、人々は、土から離れた職業を仕事として選択するようになった。そして、稼いだカネで、必要な衣食住を買うという社会システムができあがった。イギリスで始まった産業革命が自給自足主義⇒資本主義という社会システムへの移行を促した。そのシステム(分業化、専門化)に取りこまれた人間は、やがて、食料の自給ができなくなっていく。もちろん、自分で作って自給するより、他の仕事で手っ取り早く稼いで、それを食料の購入にあてた方がはるかに経済的なメリットにもなった。現在は、田舎でも自給できるものは100%ないということを、都会の人も覚えておいて下さい。

 
 現在という時代は、生きていくための最低限の費用があまりに高すぎる。

(1) ①電話代 ②電気代 ③新聞代 ④NHK受信料

(2) ①ガス代 ②灯油代 ③上水道代 ④下水道代(数年後)

(3) ①国民健康保険料 ②国民年金保険料 ③生命保険料 ④火災保険料

(4) ①固定資産税 ②車両関係費 ③冠婚葬祭費 ④最低限の家庭電化製品

 
 上記4類型4項目は、「自給したり」「支払いを拒否したり」「物々交換したり」することはできず、金銭での支払いをせまられる。今から、たった50年ほど前、これらを支払う必要があっただろうか。必要があったのは、電気代と冠婚葬祭費だけである。これら4類型4項目の支払いのためだけでも、年間に約100万も稼がなければならない。

 
 自分の中で、いらないと思えるものを、ひとつ、またひとつと捨て去っていくことは、「ダイエット」する感覚と同じである。そして、ぎりぎりのところまでダイエットして、最後に残ったのが、上記4類型4項目だった。これ以上ダイエットできないところまできたら、ここからは戦いである。

(1)働き過ぎになることを控え

(2)あまりに努力し続けて、身体がこわれるのを防ぎ

(3)辛苦刻苦してまで、自分を何者かに仕立て上げる(つまり手に職を持つ)ことから自分を解放してあげる

 
 そして、できれば、組織に属さなくても生きていける道を模索する。芸術家や特別の才能や資格を持った一部の人たちだけが、組織に属さなくても食っていけると考える必要はない。普通に農業をしているのに、

(1)食っていけない・・・

(2)生活していけない・・・

(3)生きていけない・・・

 というのは、「社会のシステム」が誤っている。


 4類型4項目の内、電気代と冠婚葬祭費しかカネを払う必要がなかった、たった50年前に生きた人たちの方が、

(1)肉体的にも楽で

(2)精神的にも豊かで

(3)時間的にもゆとりがあった

 と思える。

戦争があり、はやり病があった、近世以前の封建主義的な時代であっても、自給自足が成り立っていたことは、視点を代えて考察すれば、「現代人より、とても豊か」だったと言える。


 リストラや倒産により、これ以上ダイエットできない4類型4項目が、払えない状態になった時、どうすればよいか。今の社会システムでは、他に選択の余地は一切なく、家族離散、ホームレス、窃盗、自殺 のような状態に追い込まれる。50年前のように、「カネがなくても生活がまわっていく自給自足システム」が、根底から破壊されている。カネがすべての世の中になっている。これが資本主義だと思う。こそ泥、ひったくり、窃盗、恐喝、悪質な訪問販売などが、絶えず横行する。消費税はますますアップするであろうが、「買った方が自給するよりはるかに安くつく」ので、買わざるをえないシステムの中に我々は生存している。

 
 今、自給自足を取り戻せるような社会システムを新たに構築していかなければ、人間は一生、資本(カネ)の奴隷となってしまう。自給自足主義は、資本主義とは共存できないシステムである。

 
 一見、自由な民主主義と思える資本主義でも、子供が進路を決める場合、ほとんど選択肢がない。途中リタイアは許されず、学校を卒業した年に受験して、偶然あるいはたまたま受かった職場に、いやがおうなく、定年まで勤めるという構図である。よそ見をせず、努力、忍耐、与えられた職場(仕事)を天職もしくは運命と考え、その枠内で「道を追求する」ことしか、生きていく手段がない。あまり疑問を持たなかった人間が、ピラミッドの上へ上へとあがっていく。そんな社会で生きていかざるをえない2人の娘には厳しい時代である。かといって、家庭にとどまって奥様業をしていられる時代ではない。

 
 資本主義の次の段階として、古くて新しい自給自足型システムの社会が構築されていかなければ、次の世代の子供たちに、未来は見えない。そんなに稼がなくても生きていける社会の構築である。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

連休明けから出荷スタート

 5月連休明けから出荷をスタートするが、5月はまだ野菜がそろわない。


1類→タマネギ、ジャガイモ(6月から出荷)

2類→エンドウ
    スナックエンドウ
    グリンピース(5月中旬から出荷)
    ソラマメ(どうも自分はソラマメがうまく作れない)

3類→春レタス
    春キャベツ

4類→コマツナ、ホウレンソウ春大根チンゲンサイ

ハーブティ用ハーブ→タイム類、ミント類、セイジ、レモンバーム

 
 上記のようなものしか、5月は出荷ができない。だから、タマネギは葉付きで、×2倍出荷。

 
 エンドウとスナックエンドウは収穫できた分をその日の出荷軒数で割り振る。

 
 春レタスは2個入り、春キャベツは1個入り。

 
 ホウレンソウ、春大根、チンゲンサイの3種類は、もう随分前から作るのを止めている。収穫適期幅が短すぎるから。もう一つの理由は、レタス、キャベツ、コマツナの3種類があれば、それ以上葉物は入れない方がよいと思って。

 
 ハーブティ用ハーブはサービス品として入れている。


 イタリア料理店は、スイートバジルができはじめる5月末頃でないと出荷が始まらない。それまでは、月曜日と金曜日の週2回の出荷にしている。6月以降は月、水、金の週3回出荷。


 毎年、5月のスタートはこんなワンパックである。野菜だけだと6種類しかなくて、ハーブを入れてやっと9種類ほどになる。葉付きのタマネギ(箱詰めがちょっと難儀だが、この時期のタマネギの葉はとてもおいしい)と、レタス2個で、箱のスペースは埋まる。


 毎年、5月だけ出荷しているニラ、チャイブ(極細ネギ)、ルバーブの3種類が、今年は出来が良くない。


 個人客へ送るワンパックの場合は、6月中旬頃まで、野菜の種類がそろわない。


 野菜の種類がやっと揃ってくるのは6月中旬以降である。その頃にはジャガイモの一括収穫が終わっているので、×2倍の出荷。この頃には、ピーマンとナスビが成り始めているし、キュウリも出荷できる。ニンジンとインゲンも出荷が始まる。


 野菜の個人客に長く続けてもらうのは難しいのではなかろうか。10年という歳月が経過すると、8才だった子供も18才となり、進学や就職で家を離れる可能性もある。ワンパック宅配の場合、家族構成の変化は、継続購入のハードルとなりやすい。


 業務用の出荷は家族構成は関係ない。しかし閉店が多いので、その時にワンパックの購入は止まる。

 業務用の場合、ていねいなワンパックを送り続けていれば、従業員さんが独立したり、他店に移られた時にまた紹介してくれる可能性が高い。


  個人客の場合、顧客と電話で会話する機会はまず生じないが、業務用の場合、注文という形で、電話で話をする機会が多い。これが意外と励みになる。電話の声だけで料理店の名前がわかるし、すでに今頃の時期から、「バジルができだしたら連絡をして」という電話を5軒以上からもらっている。


 ワンパックの販路の安定性ということを考えると、一般的には個人客の方と思いがちだが、業務用の顧客の方がはるかに安定していると思う。業務用の場合、閉店も多いが、閉店分くらいは他からの紹介でまた補充できる。ここが個人客へのワンパックと決定的に違う所だと思う。個人客のワンパックの場合、なかなか欠員の補充はできない。


 自分の17年の経験からして、個人客だけのワンパックでは、早晩「行き詰まり」が来ると思う。ハーブでも野菜でも、何とか業務用の販路を探す努力をした方がよいと思う。営業に関して、早い遅いは全く関係ない。安くて鮮度がよければ、いつでも代わってくれる。それこそ資本主義精神である。


 安全性や農法にこだわっても、それを経済に結びつけることは難しい。


今日のニワトリ


20070504231747.jpg  20070504231725.jpg 


20070504231818.jpg   20070504231837.jpg 


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

タマネギとカモミール

20070503202356.jpg   20070503202419.jpg

 タマネギ畑が、花畑になるのが今の時期です。タマネギの畝と畝の間の通路に、3メートルおきほどに、ジャーマンカモミールを植えておきます。タマネギのコンパニオンプランツ(タマネギの病気を防ぐ)として知られているハーブですが、今年、タマネギに病気が少ないのは、「4月の少雨」が原因と思います。今年の4月は雨らしい雨が降らなかった。
 
 カモミールの効果のほどは疑問だが、タマネギ畑がきれいだし、通路に植えて踏みつけても、生育途上なら何ら問題がない。全く無肥料でよく育つ。この花を10片ほど摘んで湯のみに入れ、沸騰した湯を注ぐと、有名な「カモミールのハーブティ」のできあがり。

 タマネギの収穫期(5月末)までそのままにしておくと、大量のこぼれ種が落ちて、秋深くには、カモミールが雑草のごとく芽生えてくる。それをまた、11月中下旬のタマネギ定植地の通路に3メートルおきに定植する。




20070503202507.jpg

 タマネギの隣に植えているガーデンレタス。同じ日に蒔いても、結球レタスより7日~10日早く収穫できる極早生品種。1袋蒔けば、5種類の色や形の違ったレタスが楽しめる。



20070503202536.jpg

 レタスの場所から写した藤の花。軽四を止めている場所なので、毎日間近に、藤の花が楽しめる。



20070503202632.jpg

 同じくレタスの場所から写した池の土手。左が「寺山」で右が「城山」。夏は「寺山」の上から太陽が昇ってきて、冬は「城山」の上から太陽が昇ってくる。太陽の昇ってくる位置が、夏と冬とでは、こんなにも違うというのは、農業を始めてからの新鮮な驚きだった。そんなことには全く無頓着な人生を30代半ばまで送っていたから。
 
 城山というのはまるで作ったような山で、小さな半円の、他から独立した古墳のような山である。池の土手を支えるような形で土手の中央にあり、一方の土手下にも、ここと同じような田んぼが広がっているが、すでに作り手がなく、多くは休耕田になっている。

 なお、このあたりの田んぼは「大門田」と呼ばれており、大きな門があったらしく、古い歴史を感じます。



20070503202746.jpg   20070503202809.jpg

 画像はハーブのルバーブである。茎をジャムにするが、ほとんど「フキ」であるから、フキの育つような場所が、ルバーブに適すると思う。永年草であり、株分けでかなり分割できるので、その土質が気に入れば増やせるように思う。




20070503202652.jpg

 ジャガイモの現在。2本立ちか3本立ちにして、「芽かぎ」はしていない。種芋のL球なら四つ切、M球なら、三つ切か二つ切にしている。6月に入ると出荷ができる。梅雨入り前の6月12日頃に、全てを一括収穫する。早生品種は梅雨入り前に収穫できる。




20070503202849.jpg

 ピーマン22本とナスビ44本の現況。
キュウリは12~14本×4回蒔き≒52本の定植だから、ピーマンやナスビと比較して、4倍も手間がかかってしまう。
 露地放任栽培では、キュウリは1ヶ月間ほどしか成らない。採算的には、かなりばかばかしい作物である。


  
20070503223827.jpg

 今年は暖冬だったのに、レモングラスの冬越しは全て失敗した。一昨年のが1株だけ冬越しできたので、それを1~2本ずつ分割したら40株ほどに分割できたので、それを植えた。
 レモングラスは稲にそっくりなハーブである。


 
20070503223853.jpg  20070503223913.jpg  20070503223930.jpg

 4月30日に写したタケノコの画像です。アップするのを忘れていた。4月に雨が少なかったので、今年はタケノコが少ないなあと思っていたが、1週間ぶりに山にあがったら、たくさん出ていた。去年はイノシシによる被害でタケノコは壊滅だったのに、今年は被害がない。まだこのあたりは、イノシシの密度が低く、はぐれイノシシが暴れているのだと思う。


おまけ

20070503222713.jpg  

 水を飲むニワトリ。


20070503222733.jpg

 美しい野生の藤




あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

勝利の雁首

20070502183454.jpg   20070502183517.jpg

 4月9日にサツマイモを「冷床」に伏せて、5月1日に芽が出たので、発芽までに22日間かかっている。例年ほとんど変わらない。誤差は1~2日である。
 苗が切り取れるのは、5月25日頃だろうから、芽が出てからの成長スピードは速い。


 まだ、水を与える必要はない。かなり大きくなってから水を与えればよい。
 芽が出たら、日中高温になる時には換気が必要だが、発芽が出揃うまでは、密閉状態でよいと思う。


 ムラサキ芋(14個)、高系14号(14個)、オレンジ芋(8個)、ベニアズマ(10個)の合計で、種芋は46個であるが、これだけで、800本ほどの苗が5月25日~6月25日頃の間に切り取れる。7個で1キロほどだから、種芋合計は7キロほど。

 
 問題は、種芋として残す芋が腐らずに冬越しできるかどうかだと思う。自分の場合は、近所の家の「芋穴(蔵)」に、種芋だけ置かせてもらっている。


 県北のちょっと寒い所では、10日ほど早めて3月末に、昨日書いたような簡易な地下温床を作れば、5月中旬頃に、第1回目の苗が切り取れるはずである。




20070502183557.jpg   20070502183622.jpg

 今朝のニワトリ。エサに夢中の時は、入り口を開けていても、外に出ない。



20070502183647.jpg

 昨晩、温床にヌートリアがまた進入したようだ。ネズミ捕り用のひっつきもちに、くっきり足跡がついているのに、平気で歩いている。温床の中の湿度と水滴で、ひっつきもちの効果が薄れていた。作戦で勝ったのに、勝負で負けた感じ。どうしようかと考えていたら、タイミングよく懇意な団塊の世代の大工さんが来られた。



20070502183719.jpg   20070502183740.jpg

 さっそく、上の画像のようなチャンを仕掛けてもらった。単純な仕掛けなのだが、どうやってセットするのか、自分にはわからなかった(考えようともしなかった)が、この大工さんは、ちょっといらって(さわって)いるうちにすぐに、わかったと言ってセットしてくれた。
 
 道のそばの細い水路から、田んぼの方へ水を引き入れるこの土管を通って、温床に入ってくるという「獣道」はつかんでいたので、後はうまく仕掛けに引っかかってくれるかどうかである。仕掛けの上に草を置いて、仕掛けに気付かれないようにした。今度こそ作戦でも勝負でも勝ちたい。明日か明後日に、勝利の雁首をアップできるかどうか・・・お楽しみに。




20070502183809.jpg

 バジルの定植は日曜日か来週火曜日を予定。



20070502183844.jpg   20070502183902.jpg

 藤の花にやってくる大きなミツバチ。今日は午前中、その藤の下で、ポットの土入れ作業だったが、騒々しいくらい、ぶんぶんいっていた。この時期は藤の花ぐらいしか、山に花が見当たらないから、藤に集まってくるのだろう。でも、藤の花に集まってくるのは、毎年、この種のミツバチだけである。ミツバチにも花の好き好きがあるのだろうか。エンドウでみかけるのは他の種類のミツバチである。
 あまり人間を恐れないので、かなり接近して、30枚以上写したのに、ほとんどの画像がぶれていた。


オクラ、ツルムラサキ、ニガウリ、トウガンの種蒔き


20070502185452.jpg

 今日、上記の種を蒔いた。白いどんぶりに入っているのがツルムラサキ、緑の容器に入っているのがオクラ、赤い容器に入っているのがニガウリ。これらは一晩水につけて吸水させる必要がある。トウガンは吸水させる必要はなし。
 温床のスペースが広くないので、エンサイは後日、冷床で蒔くことにした(エンサイも一晩吸水が必要)。



20070502185527.jpg

 山の腐葉土をポットの8~9分目まで入れる。ニガウリとトウガンは一回り大きいポットにした。
オクラ→4ケース半
ツルムラサキ→3ケース半
ニガウリとトウガン→2種類で1ケース
 合計で、稲の苗箱9ケース



20070502185558.jpg

 腐葉土をポットの8~9分目まで入れて終わったら、腐葉土をかたづけて、今度は、市販の土とクン炭(焼きすくも)を半々くらいの割合で混ぜる(自分は市販の土4、クン炭6くらいの割合で混合している)。市販の土でなく、田んぼ土を利用している人もいるし、山の腐葉土が集めやすければ、腐葉土をフルイにかけて、それを使ってもよい。
 ポットの上部1センチほどは、細かい土の方が、種が蒔きやすい。その下は粗い腐葉土でかまわない。



20070502185634.jpg

 ポットにすれすれまで、上記の細かい土を入れたら、手でちょっと鎮圧する。


 


20070502185708.jpg

 鎮圧したところに蒔いて、またポットすれすれまで土を入れて種をかくす(覆土は種がかくれる程度でよい)。自分の場合は、保温目的とジョロの水でたたかれないように、その上からまたクン炭だけを少しふっている。



20070502185738.jpg   20070502185801.jpg

 たっぷり水をした後、温床に並べる。ポリで覆って完了。

 種が大きいので、スイートバジルのように苗箱に「ばら蒔き」して、またポットに鉢上げという手順はいらず、ポットで大きくしてそのまま定植をする。種蒔き後、16~17日で定植時期がくる。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

果樹いろいろ

20070501205846.jpg 

 1日1回、竹の棒で混ぜるのが楽しみなメタン菌液肥。どうしてこんなことが楽しみになったのか、自分でもよくわからない。



20070501205907.jpg

 キーウイ。4月1日にはまだ芽が出たばかりだったのに、この1ヶ月でこんなに葉が大きくなった。キーウイには棚がいる。苦手作業なので、棚は有料で頼んだ。だから、棚のいる果樹は増やせない。



20070501205931.jpg

 すくすくと育っているナンキン。ポリではなく、ごく薄い毛布のような資材をトンネル状にして覆っている。この資材は、雨は通すし、保温の役目もするし、飛んでくるウリバエも防いでくれる。



20070501205947.jpg   20070501210006.jpg

 エンドウがたくさん成り出した。右はエンドウの花の蜜を吸いにきたミツバチ。



20070501210026.jpg

 月桂樹に花が咲くことを、はっきり認識していなかった。花も月桂樹と同じ甘い香りがした。イタリア料理店から時々注文ももらえるが、葉に虫害が多い。きれいな葉を選んで撮った。



20070501210048.jpg  20070501211926.jpg  20070501211947.jpg

 左がキンカン、真ん中がユスラ。右の画像はそれらを植えている場所。この田んぼには、キンカン、ユスラ、月桂樹、ユズ、カリンの5本の木がある。キンカンの実は1月の取り残り。
 


20070501212007.jpg

 イチジクの新芽。イチジクは3本あるが、カラスに狙われるので、どちらの口に先に入るか、毎年、カラスと競争になる。


 20070501212032.jpg

 鈴なりの小梅の木の下によく来ている。


 
20070501212110.jpg

 小梅の隣に植えているハッサク。ハッサクの花のつぼみが膨らんできた。



20070501212129.jpg

 池の土手下の畑に植えている、上記、梅の木2本とハッサク1本。



20070501212149.jpg

 フェイジョアの木。パイナップルのような味がする。熟すと落下するので、それを拾い、その後1週間~10日ほど追熟させて食べる。キーウイと同じく、カラスが狙わないのがよい。



20070501212216.jpg

 今年初めて実をつけたビワ。まだ小指の先ほどにもなっていない。多分、カラスの餌食。食べたいなら袋掛けして、ネット(網)で防御する必要がある。


20070501212243.jpg

 サクランボ。まだ1回しか口に入ったことがない。これもカラスが狙う。

 その他に、クリ1本、ザクロ1本、ブラックベリー3本、先日買ったラズベリーが1本、老木のカキが1本。



20070501212314.jpg  20070501212334.jpg

 タンポポが終わるとフジの季節。野生のフジが7~10日ほど楽しめる。ツツジ→桜→タンポポ→フジで、一連の春の花シーズンが終わる。


20070501213420.jpg

 エンドウの隣にあるポリで覆っているのは、サツマイモの冷床。昨日はまだ芽が出ていなかったが、早生品種のムラサキ芋の芽が今日出た。ベニアズマも早生品種だが、まだ芽が出ていない。
 5月1日には芽が出るだろうと予測していたが、計ったように芽が出た。デジカメで撮ったが、1枚写すと「空き容量がありません」と表示され、その1枚がぼやけていた。明日アップします。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。