あめんぼ通信

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ハーブティ用ハーブ6種類

2008_04292008年04月29日00612008_04292008年04月29日0058 

 ふと見たら、サクランボが成っている。ただし、このサクランボは売っているようなサクランボではなく、色もさほど赤くならず、サイズもごく小さい。
 
 少し色づくと、カラスや他の鳥たちが狙うので、競争になり、ちょっと色づいたくらいで口に入れないと、まず食べさせてもらえない。
 
 網をかぶせるのも面倒だし、網をかぶせてまで食べたいと思わないし、まあ、花が楽しめたからよい。
 
 果樹でまともに収穫できるのは、
(1)ハッサク
(2)キーウイ
(3)ユズ
 の3種類だけ。
 
 柿は最近、害虫にやられて、2年続けて不作だった。
 
 イチジクは今年は網をかぶせようと思う(不得意だが)。



2008_04292008年04月29日0002

 仕込む楽しみ。このメタン菌液肥に「くさい臭い」がなければ大いに勧めたいが、臭うので住宅の近くでは使えない。
 
 ヌカ5に対してナタネカス1くらいの割合で腐らせた?(発酵させた?)ものだから、どうしても臭う。
 
 雑草を入れるのは「天恵緑汁を取り込む?」ため。

 

 
2008_04292008年04月29日00192008_04292008年04月29日00312008_04292008年04月29日0047

 左からレモンバーム、レモンバーベナ、レモングラス。
 レモングラスの株分けは6月梅雨入りの頃にしようと思う。早くすると活着が悪い。


2008_04292008年04月29日00252008_04292008年04月29日00342008_04292008年04月29日0018

 左からタイム、ミント、セイジ。
 タイムは手前がコモンタイム、後方がレモンタイム。そっくりだが匂いが異なるし、花が異なるので、違いはわかる。
 

2008_04292008年04月29日00352008_04292008年04月29日0021 

 全体像。なお、右のミントはブラックミントであるが、注文の多いのは上記のスペアミント。


2008_04292008年04月29日0039

 フキ。5月のワンパックに1度は入れようと思う。


2008_04292008年04月29日0012

 キクイモ。ヤーコンよりはるかに強靭な作物。放任していたらどんどん伸びるので、50センチほどの高さになったら、中心部を止めて、脇芽を伸ばし、脇芽もまた高くならないうちに止める。早め早めに止めると、上に伸びずに茂る。上に伸びると台風で倒れる。
 
 秋のお彼岸頃に咲く黄色の花(菊のような花)をお墓に供えている。
 
 芋はこぶんこぶんしているが、洗って皮をむかずにそのままスライスして炒め物等に使う。
 
 雑草よりたくましい作物なので、一度作って食べてみて、気に入ったら出荷したらよい。皮はむきずらいが、やわらかい皮なので、むかずに調理可能。


 
2008_04292008年04月29日0048

 ソラマメ。期待していなかった作物だが、今年はあまり病気が発生していないので収穫できるかも知れない。茶色のソラマメ。種は友人にもらった在来種。
 
 風で倒れないように、先を止めた。止めた方が、実の太りがよくなる。


2008_04292008年04月29日0007

 地床育苗。同じような画像を何回もアップしているが、これを覚えておくと便利。
(1)畝立てして(排水をよくするため)
(2)ヨツメのような農具で蒔く場所を水平にならし
(3)画像の右の方に見える板の切れ端を使って、より水平にし
(4)種を蒔いた後、種が隠れるくらいに、フルイを使って土を落とす(かぶせる)
(5)その後、籾殻かクン炭をふって、強い雨で蒔き床がたたかれるのを防ぐ。クン炭だと保温になるし肥料効果にもなる。
 
 地床育苗の作物は
チンゲンサイ、ネギ、レタス、タマネギ、シュンギク、ロケット、ディル、チャービル、秋蒔きの春キャベツ

 

 2008_04292008年04月29日0006

 ニンジンの初期成育はごく「か細い」。
春夏作(4月上旬蒔き)→6月20日~7月末の40日収穫
秋冬作(8月中下旬蒔き)→11月~3月末の5ヶ月収穫


2008_04292008年04月29日0072

(今日の夕飯)
レタスと生ハム
タマネギとエンドウの卵とじ
スナックエンドウの炒め物



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

 

スポンサーサイト
このページのトップへ

田んぼはゴミ捨て場ではない

 ワンパック宅配の場合、全農作業の半分は収穫出荷作業に取られ、実質の農作業時間は、1週間に3日ほどしか取れない。これは、この農業形態の欠陥かも知れない。 

 
 昨日の春夏作の作付本数、ちょっと説明不足でした。

 オクラ・・・・・・・・・業務用の出荷が主体
 ツルムラサキ・・・業務用の出荷が主体
 サツマイモ・・・・・半分は業務用のムラサキ芋

 昨日の春夏作の作付本数を見て、どう思われましたか。自分の場合はハーブもあるので、あれぐらいの作付本数が限度です。

 しかしハーブも、スイートバジル、イタリアンパセリ、ロケットの3種類以外は、ごく少量の作付です。


ハーブティ用ハーブ

(1)レモンバーム12株(3メートルほど)
(2)レモングラス16株(3メートルほど)
(3)レモンバーベナ16株(3メートルほど)

(4)コモンタイム・レモンタイム 各30株(各5メートル)
(5)スペアミント・ブラックミント 10メートルと5メートル
(6)セイジ60株(10メートル)

料理用ハーブ

(1)ローズマリー 50株ほど(合計35メートルほど)
(2)スイートバジル(360~400本定植)
(3)イタリアンパセリ(春夏作150本、秋冬作150本定植)

(4)ロケット(約50メートル)→秋冬作のみ
(5)ディル(約5メートル)→秋冬作のみ
(6)チャービル(約10メートル)→秋冬作のみ



生産調整徹底を(農水省、農政局長会議で確認)

 結果が出なければ、新たな農政展開そのものが崩れる。失敗は許されない・・・かたや生産調整(米の減反)を叫び、かたや自給率の向上を叫ぶ・・・そんな勝手なことが農水省には許されるのだろうか。


一村逸品運動

 日本は食を海の向こうに年々依存してきている。食のグローバリズムだ。一村逸品の振興は、食べ物を他国にまかせるという食に対する考え方の逆襲である(日本農業新聞論説より)・・・一村逸品運動をいくら唱えても、価格的に採算が取れないので大きな広がりはないと思う。いくら安全で、いくらおいしくて、いくら地元で作られたものであっても、生活が甘くない人にとっては、価格が高ければ買えない。それでも個人のレベルでは、多少高くても素性のわかるものを買いたいという人もいるだろう。しかし、業務用に利用する場合、価格は最優先事項だと思う。それが資本主義精神である。


汚泥肥料
 

 徳島県は、堆肥にした農業集落排水(下水)汚泥の循環を目指し、肥料としての活用を呼びかけている。汚泥肥料は県内6ヶ所の処理施設で無償提供しており、県立農林水産総合技術支援センター農業研究所がブロッコリーや切り花ヒマワリなどで効果を実証。冊子配布を通じて広く普及させていく考えだ・・・田んぼはゴミ捨て場ではない。美しい土は命。田んぼは神聖な場所である。汚泥肥料を使っても「有機無農薬の認証が通る」なら、それはおかしい。



 
2008_03132008年03月13日0013
 
 今日、ジャガイモの植え付けをした。20センチ間隔ほどに、昨日切ったジャガイモを並べ、その上からクン炭(焼きすくも)をかけた。
 その後、手で、ジャガイモに土をかぶせた。

 
2008_03132008年03月13日0018

 手で土をかぶせた後、画像の三角クワで、もう一度、富士山型に畝の土をかき上げた。二重手間のようでも、自分にはこの方が早い。

2008_03132008年03月13日0022

 畝の上に、トリ小屋の鶏糞をふった。エサが菜食なので、鶏糞の肥料効果はあまりないかも知れない。

2008_03132008年03月13日0023

  鶏糞の上から、メタン菌液肥をふった。1列(32メートル)に1荷(18リットル×2=36リットルほど)ふった。合計4荷。


2008_03132008年03月13日0029

 これでジャガイモの植え付けと施肥は完了。早生品種のキタアカリなので6月12日頃の梅雨入り前に収穫可能。



2008_03132008年03月13日0051

(今日の夕飯)
サトイモの煮物
刺し身・・・市販の惣菜
ブロッコリーの湯通し

 夕飯をアップするようになって始めての「刺し身」の登場。自分は100%買わない惣菜。安かったから買ったとマルミさんが言うので、いくらと問うと1人分150円と言う。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

このページのトップへ

12月の野菜とハーブ

20071201192545.jpg 20071201192613.jpg 20071201192632.jpg

20071201192702.jpg 20071201192735.jpg 20071201192758.jpg

 今日はもう12月。枯れ葉が風に吹かれて舞う落ち葉の季節になった。11月は雨が1回しか降らず、土がからからに乾いている。野菜の成長が止まったように大きくならない。ああ、一雨欲しい。
 
 野菜はまずまずである。12月の野菜は

(1)ハクサイ
(2)キャベツ
(3)ダイコン・・・1箇所2本立ちにしたのが、よかった

(4)カブ・・・・・アブラナ科野菜の中で最も虫害が多い
(5)ニンジン・・・肥料によって、かなり味に違いが出る
(6)サトイモ
(7)ネギ・シュンギク
(8)ホウレンソウ・・霜に何回かあたらないと、おいしくない
(9)レタス・・・暖冬で、12月もしばらく出荷できそう
(10)ブロッコリー
(11)サツマイモ

他に
ロケット、イタリアンパセリ・・・キャベツと生食サラダに
ユズ


ハーブは

ハーブティ用ハーブ

(1)レモンバーム・・・・春夏作
(2)レモングラス・・・・・春夏作
(3)レモンバーベナ・・・春夏作

(4)タイム類(レモンタイム・コモンタイム)
(5)ミント類(スペアミント、ブラックミント、アップルミント)
(6)セイジ

料理用ハーブ

(1)ローズマリー
(2)イタリアンパセリ
(3)スイートバジル・・・・春夏作

(4)ロケット(家庭菜園にお薦め。生食、炒め物、おひたし)
(5)ディル
(6)チャービル・・・・・・・これだけ失敗した

 ディルとチャービルは移植(定植)に弱く、直播にした方がよい。そして、混み合った箇所だけを移植(定植)する。
 なお、ディルとチャービルは春夏作はすぐに「トウ立ち」するので、秋冬作だけ作っている。





20071201192452.jpg 20071201192433.jpg 20071201192510.jpg

 昨日集卵していないので、2日分の卵。よく産んでくれている。稲秋が終わり、新しいコゴメを何人かにもらい、それを与えている。飼料は高いので、コゴメをもらえることは助かる。植物性タンパク(大豆、小麦、トウモロコシ)や動物性タンパク(魚粉等)を全く与えなくても、コゴメだけで結構、産んでくれる。



20071201192829.jpg 20071201192858.jpg

 ナスビの足元に不耕起で蒔いたエンドウ類が発芽した。ソラマメも活着した。
 雨が降らないので、時々、ジョロで水やりをしている。

 


20071201193443.jpg

(今日の夕飯)
サバ
ハクサイの煮物
ブロッコリー・・・マヨネーズで食べた



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

他人事→身に迫る危険

20071116205759.jpg

(今日の夕飯)
目玉焼き
うどん
カリフラワー・・・・・もらいもの。ユズ酢醤油。
ダイコンなます・・・昨日の残り
サラダ・・・・・・・・・・いつものパターンに生ハム2枚


20071116204644.jpg

 ニームという薬木の寒さ避けをした。棒を2本打ち、籾殻を入れる袋をすっぽりかぶせた。



 今日も紅葉の画像です。昨日はお墓から見た画像でしたが、今日は、池の土手からみた画像を中心にしました。


20071116204805.jpg   20071116204841.jpg

20071116204914.jpg
  
20071116204944.jpg



20071116205153.jpg   20071116205231.jpg  


20071116205344.jpg   20071116205415.jpg   20071116205444.jpg


20071116205515.jpg   20071116205556.jpg   20071116205626.jpg




20071116205703.jpg   20071116205733.jpg

 糞を見てニワトリの体調を知り、卵の数を見て、エサの量を考える。
 菜っ葉ばかりをやっているからといって、水っぽい糞ではない。固くもなく、軟らか過ぎもしない、健康な人間のう○こと同じくらいの固さがベスト。
 卵の数は、現在は3割の9個を最多個数と考えている。これ以上産むことはほとんどない。6~8個産んでいれば、エサは十分に足りていると考える。4個以下だとコゴメが少ないと考え、与えるコゴメの量を増やす。
 卵を産み出してから3年目の秋なので、この時期1~2ヶ月、卵を産まない期間があるだろうと思っているが、まだ今の所コンスタントに産んでいる。


 鳥インフルエンザは、定年帰農者の楽しみとしての20~30羽養鶏の道を閉ざしてしまったように思う。そして、イノシシやシカは定年帰農者の楽しみとしての野菜作りを困難なものにするだろう。


 18年前、農業をスタートする時、当地にイノシシが出るとは想像もしなかった。

 9年ほど前、国道2号線のすぐ北までイノシシが進出しているのを知った。それでも、国道2号線はなかなか渡れないだろうと思った。
 国道2号線の南3キロの所で農業をしている自分は「他人事」と考え、あまり気に留めなかった。


 5年ほど前、隣村のサツマイモがイノシシの被害にあっているのを聞いた。身に迫る危険を初めて感じた。

 そして去年の9月、当地に初のイノシシ被害が出た。自分のサツマイモと30メートル離れた場所で作っていた家庭菜園のサツマイモが一晩で全滅したのを知った翌日、かかりつけの農機具店で電柵を買った。


 しかし、当地ではまだイノシシの密度は低い。今日、ニンジンを収穫しながら、イノシシはニンジンも好むので、ニンジンにも電柵が必要になる時期が来るかも知れないと思った。ニンジンの他に、
ジャガイモ
ナンキン
 ああ、もう考えないことにしよう。こんなものもやられるようになったら、出荷は止めて自給野菜だけにしよう・・・。時給800円のアルバイト先があれば、収入的にはそちらの方が現在の収入より多い。


 現役帰農を目指す人は、だまされて(情報不足で)農業の世界に入らないように・・・。現役世代の農業は牧歌的にも癒しにもならない。カネの切れ目が農業の切れ目。



ハーブティからユズ茶へ

 送料負担の軽減の意味で、何らかのサービス品を入れているのはワンパック宅配をしている人の共通項だが、サービス品としてハーブティ用ハーブはとても便利である。5月、6月、7月、8月、9月、10月と、摘んでも摘んでも、摘めば摘むほどわき芽が伸長して、それだけ収穫量が増える。そして、あまり出回っていないので喜ばれると思う。
 そのハーブティ用ハーブも11月に入る頃には成長がかなりゆっくりになる。
レモンバーム・・・出荷しずらくなる
レモンバーベナ・・・出荷しずらくなる
レモングラス・・・そろそろ終わり
タイム類(レモンタイム)・・・常緑草だが伸びが少なくなる。
ミント類・・・伸びが少なくなる
セイジ・・・伸びが少なくなる

 現在、自分がサービス品として入れているハーブは、アップルミントとセイジの2種類だけ。それも今月中で終わり、12月は入れることができなくなる。
 ハーブティがおいしいのは、夏場より冬場だから、ちょっと惜しいが仕方がない。
 その時に、ハーブティ用ハーブに変わってサービス品として重宝なのが「ユズ」である。ユズはユズ茶以外にも、鍋料理とか酢の物に入れるとおいしいし、部屋に飾りとして置いても長持ちがする。虫食いは多くても、ワンパックの顧客なら外観はあまり問題にならない。
 早めにユズの木を1本植えよう。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

ペットボトルの水筒

20071102210729.jpg

  こんな画像を出してもいいのかなあ?。別にマルミさんもだめだとは言っていないようだったから。
 
 人様にお見せできるような夕飯のおかずではないが・・・。

(今日の献立)
 アジの塩焼き・・・焼いたのを購入。
 芋サラダ・・・近くに嫁いでいる姉がくれた。
 紅白ナマス・・・これはマルミさんが作った。材料は旬のカブとニンジン、それにアゲ。
 他に常備品のレタスがあったが、自分は上の3品ですませた。


 
 
 アップルミントとセイジの残りがあったので、今日もヤカンを沸騰させてハーブティを作った。昨日作ったハーブティはポットに入れておいたら、珍しかったのか昼にはもうなくなっていた。
 
 
 今は、さっき作ったハーブティを飲みながらブログを打っている。コーヒーがメインだが、コーヒーばかりも飲めないので、合い間にユズ茶。ハーブティはたまたま。


 ハーブの出荷の残りは田んぼに捨てて帰るが、昨日は野菜と一緒に持って帰っていた。それをマルミさんが湯のみに入れて湯を注いでいたので、湯を注いだだけでは、色も風味もあまり出ないから、一手間かければ(ヤカンを沸騰させて、火を止め、ハーブを適量入れて5分ほど蒸らす)おいしいのにと、実演して見せた。


 ハーブがたくさんあれば、がばっとヤカンに入れ、箸でちょっと混ぜれば、ものの20秒ほどで、濃い色が出て風味も出る。


 
 
 この時期になってもまだ「水筒」がいる。ペットボトルに簡易水道(山水)の水を入れて持っていく。つまり生水を飲んでいる。水道の生水はちょっと飲めないが、山水(やまみず)なら、清水なので、生でも構わないと思って入る。ただ、雨の後はちょっと濁っている。

 
 毎日だから、かなりの生水を飲んでいることになる。ハーブを作り始めた頃には、前日の夜にヤカンでハーブティを作り、翌朝、冷めたのをジョウゴでペットボトルに入れて、それを田んぼに持参していたが、次第に面倒くさくなり、いつの間にか止めてしまった。
 ハーブを作り始めた頃は、ハーブティが珍しく、いろんなハーブを組み合わせて飲んでいたが、それは一時のことだった。


 山水に関しては、家のすぐそばの山の中腹に水源がある。こんな低い山に、こんな水源が見つかったのは、昔、この山の持ち主が炭焼きをしていた時に、見つけたらしい。今は集落の10軒ほどが、この山水の恩恵を受けている。

 
 もちろん上水道もあるが、この山水の簡易水道は、我が家では門先にあり、野菜の収穫後にジョロでする打ち水は、この山水を利用している。それと、ニワトリの飲み水もここから持参している。16リットル入り容器に入れていくので、ジョロでの打ち水も、ニワトリの飲み水も両方賄える。


 新潟でおきたような大地震が発生したら、上水道も、簡易水道も井戸水もどれも使えなくなるのかも知れないが、どれか一つでも使えれば大いに助かる。
 トイレも、イベント用に買った簡易トイレが田んぼにあるので、いざという時にはいつでも使える。
 炊き出し用の鍋(ニワトリにサツマイモ等を煮て与えるために買ったが、あまり利用していない)もあるので、それも使える。燃やす枯れ木や枯れ竹はそばにいくらでもあるし、煮る材料も田んぼにたくさんある。
 困るのは「電気」。


 とにかく簡易水道(山水)は、農家にはとてもありがたいものである。



あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

水田祐助

Author:水田祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在55才、農業歴19年目。農業形態は野菜とハーブのワンパック宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ30羽。25年ほど農業とは無縁だったが、ボクが子供の頃は、家は葉タバコ農家だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。